りんごで便秘を解消する

【りんごは便秘に効果抜群】りんごの効果的な食べ方!

【りんごは便秘に効果抜群】りんごの効果的な食べ方!?

 

 

 

りんごを食べると医者いらずという言葉がありますが、りんごは
健康やアンチエイジングだけでなく便秘にもかなりの効果があるとされます。

 

 

ここではりんごが持つ便秘に対する効果と便秘解消のための食べ方を
引き出すオススメの食べ方を紹介いたします。

 

 

りんごは便秘解消に効果な理由

 

 

ペクチン

 

 

りんごを食べることで便秘が解消するのはりんごに含まれるペクチンという成分のおかげなのです。

 

 

このペクチンというのは水溶性食物繊維のひとつなんですが便秘を解消するうえでペクチンはさまざまな効果的な役割を持っているのです。

 

 

例えばペクチンが体に吸収されると、硬くなった便に対して水分を含ませやわらかくする働きがあります。

 

 

さらにペクチンというのは腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすので整腸作用も持っているのです。腸が整うとぜんぞう運動という便を押し出す運動を促しますので、便秘が解消されるのです。

 

 

りんごを食べることで、便秘が解消されるのはこのような働きがあるからなんですね。

 

 

他にもりんごに含まれるペクチンは大腸がんや動脈硬化といった
生活習慣病を予防する効果もあります。

 

 

 

りんごのオススメの食べ方

 

 

りんごに含まれるペクチンというのはりんごの皮に最も含まれています。
ですからりんごの食べ方は皮ごと食べることです

 

 

そして朝食にまるまる1個食べるのが目安となりますね。

 

 

朝に食べることで、腸内がより活発になりますし、りんごの糖分が脳にいきわたり、
各種の内臓機能が上昇しますので新陳代謝も活性化されます

 

 

もし朝食に食べなくても、好きな時にりんごを1個食べれば問題ありません。
丸々1個皮ごと食べるようにしましょう。

 

 

もしりんごの皮があまり好きでないという方はりんごをミキサーにかけて
ジュースにすることをお勧めします。

 

 

市販のりんごジュースでも便秘解消に効果があると思いますが
皮ごとジュースにすることで非常に効果が持てるでしょう。

 

 

またりんごのペクチンは水溶性食物繊維なので、りんごを食べるときには
不溶性食物繊維(主に野菜)と一緒に食べることで効果も引き立たせることができます

 

 

 

 

 

 

りんごは食べやすいので便秘解消の食べ物としてはオススメです。
特に朝食にりんごだけ食べても、朝食としては十分です。

 

 

もし便秘に悩んでいる方はこのりんごで解消してみてはいかがでしょうか?

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ