大根で便秘解消

大根の便秘への効果と食べ方について!

大根の便秘への効果と食べ方について!

 

 

便秘解消は食物繊維などの便に対して効果が持てる
食べ物を積極的に摂ることが第一歩とされます。

 

 

中でも大根は食物繊維や酵素が豊富に含まれているので
便秘解消にはおすすめの食べ物だと言えます。

 

 

ここでは大根が便秘にもたらす効果と食べる際の注意点を紹介します。

 

 

大根を食べると便秘に効く理由

 

 

大根には酵素と食物繊維が豊富に含まれており便秘に効いていきます。

 

 

①食物繊維

 

 

大根には食物繊維が含まれますが、水溶性食物繊維と
不溶性食物繊維の2つが配合されているのが特徴的です。

 

 

水溶食物繊維というのは水分を含むことによって、
大きくなり、さらに便を柔らかく、なめらかにさせることで腸管の中を滑りやすくさせます。

 

 

さらに不溶性食物繊維でしっかりと大きく固い便を形成させます。

 

 

どちらかを摂りすぎると、便秘になってしまうのですが
大根を食べることで両方をバランスよく摂取することができます。

 

 

酵素

 

 

酵素は代謝を向上させること体内にある毒素を排出させる役割があります。

 

 

そして大根にはアミラーゼ(デンプン分解酵素)、プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)、
リパーゼ(脂肪分解酵素)というように酵素が3つも配合されています。

 

 

これらの酵素を摂取することで体質改善と老廃物を排出作用を
促すことができるため、お通じも通りやすくなるのです。

 

 

さらに大根はおろすと分かりますが、水分が豊富に含まれており、
あれこそまさに超天然素酵素ドリンクと言えます。

 

※大根の約95%は水分で構成されています。

 

 

どちらも便秘解消には重要な栄養素ですので大根を
積極的に食べることで十分に摂取して便秘を解消していきましょう。

 

 

その点、ごぼうなどは大根と違い水分がほとんどないため、便秘の人が食べると、
水分不足で余計に便秘を悪化させてしまうデメリットがあるため、おすすめできないのです。

 

 

大根を食べるときは生大根

 

 

大根の中でも生大根はこの酵素と食物繊維が豊富ですので
便秘解消には生大根を食べることをお勧めします。

 

 

生大根といっても、大根おろし、大根サラダ、漬物などにしても
効果をそのままでいろいろと味や触感を変えて楽しく食べることができます。

 

 

その中でも一番は大根おろしでしょう。

 

 

 

 

おろすことによって、酵素が分泌されますし消化吸収率を増大します。

 

 

特にお肉を食べるときに大根おろしやきゅうりのすりおろしをかけることで
酵素が働き、脂肪燃焼率と消化吸収率がぐんと上がるため、おすすめです。

 

 

 

私の場合には漬物にして大根やきゅうりといった野菜をたくさん
食べることができましたので、自分に合った食べ方で食べてみるといいですよ♪

 

 

大根を食べる量の注意点

 

 

しかしいくら大根が便秘解消に効果があるといっても食べ過ぎには注意しなくてはいけません。

 

 

目安は1cmです。(輪切り)

 

 

大根の食べ過ぎは軟便の原因にもつながってしまいます。
ですから食べ過ぎは十分注意しましょう。

 

 

大根は便秘解消にとても効果があり、いろいろと食べ方もアレンジできるので非常にオススメです。もし便秘に悩んでいる方は一度大根で便秘解消に挑戦してみてはいかがでしょうか?

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ