キャベツで便秘解消

キャベツは便秘に効く!驚くキャベツの便秘解消効果とデメリット!?

キャベツは便秘に効く!驚くキャベツの便秘解消効果とデメリット!?

 

 

 

キャベツは食物繊維が豊富であることは有名ですね。もちろんキャベツを食べることで便秘解消の効果があります。

 

 

特に野菜が不足している方はもちろん、女性に多い腸の動きが鈍くなる弛緩性便秘に対してよく効くとされます。しかしキャベツの食べ方を間違えてしまうと、効果がなかったりなどデメリットもあるので要注意です。

 

 

ここではキャベツが便秘解消に効果のある理由とどれくらい食べればいいかなど食べ方についてお伝えします。

 

 

キャベツの便秘への効果

 

 

①大量に含まれる食物繊維

 

 

キャベツには食物繊維が豊富に含まれていますが、具体的にはキャベツ100gあたりに1.4gの不溶性食物繊維と0.4gの水溶性食物繊維、合わせて1.8gの食物繊維が含まれています。

 

 

1日に19mgの食物繊維を摂取するのが望ましいとされますが、日本人は男性で約4.0g、女性で約2.3gの食物繊維が不足している状態です。そのため不足している分をキャベツで補うことができるのです。

 

 

不溶性食物繊維は便を固く、大きい便を形成する作用があり、水溶性食物繊維は便を柔らかくす、つるんと滑りやすくする効果があります。便秘解消にはどちらも不可欠となっています。

 

 

不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=1:2の割合がベストとされるので、キャベツは水溶性食物繊維の割合が少ないとされます。そのためこんにゃくやわかめなど水溶性食物繊維を含んだ食べ物も食べる必要があります。

 

 

またキャベツの食物繊維が体に取り込まれると、体内でコレステロールや老廃物を吸収してくれることで糖尿病や高血圧対策にもなります。

 

 

②キャベツのビタミンU

 

 

キャベツにはビタミンUという他の野菜ではあまり含まれないビタミンが含まれています。ビタミンUはあまり知られていないビタミンですが、胃を整える効果があるとされます。

 

 

ビタミンUを摂取すると体内で胃の粘膜を保護活性化させる作用が働きます。それにより胃もたれや胃痛、食欲不振など便秘に伴う症状も改善することができます。

 

 

昔キャベジンという商品が発売されましたが、これはキャベツに含まれるビタミンUを利用した胃腸薬なのです。つまりキャベツが便秘や胃腸の健康的に改善することができます。

 

 

③キャベツにはビタミンCも

 

 

あまりイメージがないと思いますがキャベツにはビタミンCが含まれています。100gあたり41gも含まれていまして、1日に必要なビタミンCの半分も摂取できるのです。

 

 

ビタミンCは代謝の向上効果があるため、腸内の老廃物を排出する機能を高めることができるとされています。それにより自然な腸の運動を促すことにもつながります。

 

 

またビタミンCによる抗酸化作用によってシミやシワを抑える効果も期待できます。

 

 

以上のようにキャベツは便秘に対して非常に効果的とされます。美容効果も高いので女性にはおすすめの便秘解消の食べ物と言えます。

 

 

キャベツを食べて便秘解消するときの注意点

 

 

特に食物繊維によってしっかりとした便を形成することで、腸壁を刺激することにつながるので、腸の動きが鈍くなっている弛緩性便秘に対して効いていきます。

 

 

逆に便が直腸内で固くなってしまっている直腸性便秘にはキャベツを食べてもあまり意味がないので注意して下さい。

 

 

またキャベツは便秘に効果があるからといって大量にキャベツだけ食べてしまうのは危険です。キャベツだけをたくさん食べると逆に便秘になる可能性があるのです。

 

 

そのままキャベツを食べてしまうことで、体内の水分と油分を吸収してしまい便を硬くさせる働きがあるのです。ですからキャベツを食べるときは水分と油分をしっかりと摂りましょう。

 

 

便秘解消のキャベツの食べ方

 

 

 

 

キャベツを食べて便秘を解消する際の食べ方ですが

 

①炒めたり、煮たりするとビタミンが破壊されてしまうので基本的にはサラダなど生でキャベツを食べることが理想です。

 

 

②便秘のために食べる量は1日100g最低食べるようにしましょう。100g摂取することにより、ビタミンU、ビタミンCの1日の摂取目安をほとんどクリアすることができます。

 

またキャベツと他の野菜と合わせて1日350g食べるのが厚生労働省から発表されていますので、キャベツとは別に、他の野菜でも1日250g食べるようにしましょう。

 

 

③便秘解消の場合には先ほども述べたとおり、一緒に飲み物を飲んで水分を摂取し、ドレッシングなどで油分を補給するようにしましょう。キャベツを食べるときの油分はくオリーブオイルやゴマ油を使うのが便秘解消の効果は高いようです。

 

 

④食物繊維が便秘に対して効いてくるのはおよそ48~72時間後とされますので最低3日間は食べ続けるようにしましょう

 

 

以上がキャベツで便秘を解消する際の食べ方とされます。

 

 

そしてキャベツ自体は生で理想ですが、胃の弱い方や冷え性の方にはお勧めしません。胃の弱い方は無理せずに温めたりスープにしてキャベツを食べていきましょう。

 

 

キャベツは量もたくさん摂りやすいですし、胃腸の保護や血糖値の上昇を抑える働きもあるのため、本当におすすめです!

 

 

ということでキャベツの便秘への効果と食べ方でした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ