腸内環境を整える

腸内環境を整えるための方法!

腸内環境を整えるための方法!

 

 

腸内環境が悪化している場合には便秘や
肌荒れといった、健康全体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

美しい人は腸がキレイと言われるほどですので、
腸内環境を整えることは非常に大切ですね。

 

 

まず知ってもらいたいことは

 

 

腸内環境を整える善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす

 

 

ということですので覚えてほしいと思います。

 

 

では腸内環境を整えるためには具体的には何をすればいいのか
ここでは、食べ物やツボ押しなど様々な腸内環境を整える方法を紹介します。

 

 

食べ物で腸内環境を整える方法

 

 

ヨーグルトを食後に食べる

 

 

 

 

腸内環境を整える王道としてはやはりヨーグルトが挙げられます。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は体内で
善玉菌となるので、ダイレクトに腸内環境を整えてくれます。

 

 

しかし食べ方を間違えると無意味に終わってしまうので注意が必要です。

 

 

腸内環境を整えるためには食後にヨーグルトを食べなくてはいけません。
食前に食べてしまうと胃酸によって、乳酸菌が死滅してしまいます。

 

 

腸に届くまでに菌が死んでしまうと、意味がありませんので
食べ物を食べた後ですと、胃酸の影響を抑えて腸に届いてくれます。

 

 

食事は大豆系を食べると良し

 

 

食事の場合には大豆製品を食べることで、大豆に含まれるイソフラボンや
善玉菌が腸内環境を整えるのでおかずに加えてみてください。

 

 

 

 

大豆製品の中でも、特に納豆などの発酵食品は非常に効果的ですので
食事に取り入れることで腸内環境を整えることができます。

 

 

朝食に納豆を食べて、食後にヨーグルトを食べるとダブルで効果がありますね!

 

 

あまり食べてはいけないもの

 

 

腸内環境を整えるためには悪玉菌を増やさないこともコツです。

 

 

食べ物では特にタンパク質を含んだお肉は悪玉菌を増やす食べ物です
あまり肉食傾向な食事ばかりしてしまうと腸内環境が悪化してしまいます。

 

 

肉にはニトロソアミンと二次胆汁酸なども含まれており、
腸内で有害物質を作り出してしまいます。

 

 

すると便秘はもちろん、大腸がんや高血圧、動脈硬化のリスクが
高くなってしまうので、なるべくお肉の食べ過ぎには注意してください。

 

 

バランスでは肉:野菜=3:7ぐらいの割合が最も健康的とされます。

 

 

また野菜はミネラルやビタミン、食物繊維と便秘に効果的と
され、腸内環境を整えてくれるので、野菜中心の生活をするのも効果的ですね。

 

 

軽い運動も腸内環境を整える

 

 

腸内環境を整えるためには実は運動も必要になってきます。

 

 

運動をすることによって腸が動くので、腸に溜まった
便や老廃物などが流れやすくなるのです。

 

 

運動をする場合には軽いウォーキングを30分ほど行ったり、
腹筋を1日20回だけを行うだけでも大丈夫です。

 

 

ただし毎日行わなければいけません。

 

 

腸内環境が整ったか判断するには?

 

 

腸内環境を整える方法を実践して、本当に
整ったか判断するためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

まずは毎日しっかりと便が出ることが挙げられます。

 

 

固くても、柔らかすぎもせずに、バナナ状の便が出ることで
腸内環境はより整ったと言えますね。

 

 

そして本当に腸内環境が整うと便が黄色くなります。

 

 

筆者はオリゴ糖で実感したのですが本当に見たことのないくらい便が黄色くなりました。

 

 

ということで腸内環境を整える方法でした。
是非とも実践して、毎日便の形や色などをチェックしてみてください!

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ