テレミンソフト坐薬の作用時間と効果と副作用!

テレミンソフト坐薬の作用時間は!?効果と副作用も紹介!

テレミンソフト坐薬の作用時間は!?効果と副作用も紹介!

 

テレミンソフト坐薬は味の素製薬によって製造されている坐薬タイプの便秘薬です。

 

 

市販では購入できず、医師の診断の元、処方されるので、薬局に行っても購入には処方箋が必要になっていきます。テレミンソフト坐薬は1個あたり21.1円という価格設定になっております。

 

病院で最もよく処方される坐薬型の便秘薬とされており、特に赤ちゃんや子供の便秘に対して処方されることが多いです。また成人の方では飲み薬が服用できない時や効果がなかった時にテレミンソフト坐薬が渡されます。

 

 

ここではテレミンソフト座薬の便秘への効果と副作用、使い方についてお伝えします。

 

 

テレミンソフト坐薬の便秘への効果

 

 

テレミンソフト坐薬にはビサコジルという成分が配合されており、便秘に効いていきます。テレミンソフト1個に対して、10mgのビサゴジルが含まれています。

 

 

テレミンソフト坐薬が肛門に注入されると、そのまま直腸に運ばれることによってビサゴジルが溶け出していきます。すると直腸の粘膜を刺激する作用があり、腸の便を押し出すぜんどう運動が促されることで、便意を引き起こします。

 

 

テレミンソフト座薬は特に女性に多い腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘に効果的だとされます。また赤ちゃんや子供もまだ大腸の運動が停滞することがあり、その際にはテレミンソフト坐薬が効果的です。

 

 

ただ下痢と便秘を繰り返す痙攣性便秘や直腸内で便が固くなってしまった直腸性便秘には効果がありません。むしろテレミンソフトを使用することで余計にひどくなる可能性があるので注意です。

 

 

テレミンソフトはどれくらいで効いてくる?

 

 

便秘解消のためにテレミンソフト座薬を使用した場合にはどれくらいで効いてくるのでしょうか?

 

 

・成人の方の場合には作用時間は注入から5分~60分後ほどです。

 

 

・赤ちゃんや子どもの場合にはだいたい30分後に作用していきますね。

 

 

個人差がありますが以上ように効き目が感じられます。効き目の早さでは全ての便秘薬の中でトップクラスとされます。同じくらい効き目が早いのは市販のイチジク浣腸があります。

 

 

商品名:イチジク浣腸

 

会社:イチヂク製薬株式会社

 

成分:グリセリン

 

値段:2個で約300円

 

またテレミンソフト坐薬と同じくビサコジルを配合した便秘薬にコーラックがあります。

 

 

成分:ビサコジル

 

効果:服用から数十分 即効性がある

 

値段:350錠入2500円

 

副作用:腹痛 吐き気

 

 

コーラックの場合には服用から効果があるまでおよそ6~8時間ほどです。口から大腸に到達する分、効き目が遅くなってしまいます。しかしテレミンソフト坐薬は肛門から注入するので効き目が早くなっています。効果や副作用については両方とも同じとされます。

 

 

テレミンソフト坐薬の副作用

 

 

ただテレミンソフト坐薬は刺激によって排便を引き起こすので、
副作用もありますし、癖になるので注意が必要です。

 

 

テレミンソフト坐薬の副作用は、肛門から入れてすぐに作用しますが、初めての方は軽い腹痛を起こす可能性が高いです。一時的ですが、腹痛⇒排便というように刺激があることが分かります。

 

 

赤ちゃんや子供に使用するのは心配かと思いますが、そこは医師が判断していきます。ただ赤ちゃん用のテレミンソフト坐薬は2mgのビサコジルしか配合されていないので、ほとんど副作用の心配はいりません。

 

 

またテレミンソフトのビサコジルという成分は腸を刺激することで便を排出させようとするのですが、使用しすぎると腸がビサコジルの刺激に慣れてしまい、効かなくなってしまうことがあります。そればかりか、腸の自然な排便も鈍くさせてしまいます。

 

 

テレミンソフトの過度な使用は自然排便の妨げになるため注意しなければいけません。何回も使用するのではなく、どうしても出ない時にテレミンソフト座薬を使用するということになります。

 

 

テレミンソフトの便秘への使い方

 

 

テレミンソフトで便秘を解消する場合の使い方についてですが

 

 

①テレミンソフトは1日1回~2回、肛門に注入して排便を促していきます。
赤ちゃんの場合にはその場で医師が注入してくれます。

 

 

②水で少し濡らすことで滑りやすくなり入りやすくなります。

 

 

③排便があった場合には使用を控えましょう。

 

 

④3回ほど使用しても効果がない場合には使用を中止しましょう。

 

 

以上が便秘へのテレミンソフト坐薬の使い方です。

 

 

細かい使い方については各自によって変わりますので、医師の話をしっかり確認しましょう。医師からも使用期限などの説明があると思いますので必ずそれに従い守るようにしましょう!

 

 

テレミンソフト坐薬は便秘を根本的に解消するためではなく、どうしても出したい時に使用する便秘薬です。ですからテレミンソフト坐薬を使用し続けると腸の運動が鈍くなってしまうので、長期的には使用しないようにしましょう。

 

 

また服用前は医師に相談し、しっかりと話を聞くようにしてください。
ということでテレミンソフト坐薬と便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ