ラックビー錠と便秘

ラックビー錠の便秘に対する効果と副作用を紹介!

ラックビー錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

ラックビー錠は興和株式会社によって、製造されている整腸剤です。白い錠剤で味はほんのりとした甘みがあります。

 

 

ラックビー錠はドラッグストアや薬局など市販では売られておりません。必ず医師に診察してもらい処方してもらう必要があります。ラックビー錠の値段は1gあたり6.2円となっています。

 

 

腸内環境を整えるため、便秘や軟便、腹部の膨張感などに効果があります。特に便秘で入院した方は食後にこのラックビー錠を飲むように渡されることが多いです。

 

ここではラックビー錠の便秘への効果と副作用、飲み方、そしてよく疑問視されるビオフェルミンとの違いについてお伝えします。

 

 

ラックビー錠の便秘への効果について

 

 

ラックビー錠の有効成分はビフィズス菌です。

 

 

ビフィズス菌は腸内に届くことによって腸内で酪酸が発生し、悪玉菌を減らし、逆に善玉菌を増やすことで、腸内環境を整えます。すると柔らかく、バナナ状の便が形成され排便しやすくなります。

 

 

またビフィズス菌によって腸内の善玉菌を増えると、乳酸と酢酸が分泌されます。整腸作用のあるものを摂取するとお腹がポコポコと鳴るのは乳酸が分泌されるためです。

 

 

そしてこれらは腸壁を刺激する作用があり、便意を促す効果もあります。整腸剤は実は腸の運動を活性化させることができます。そのため腸の動きが鈍くなった弛緩性便秘に対して効いていきます。

 

 

以上のようにラックビー錠は便秘に効きます。また整腸作用を促すことで便秘だけでなく、下痢や軟便などにも効果があるとされます。

 

 

ラックビー錠の効き目について

 

 

ラックビー錠を服用してどれくらいで便秘に効いてくるのかというと

 

 

・早い場合には服用から8時間後にはで善玉菌が増えて、腸が活発になっていきます。

 

・また腸内環境は72時間後には完全に整うので、それからはしっかりとした便が形成されて排便しやすくなります。

 

 

また遅くとも5日以内には整腸効果により、便意を感じることができます。

 

 

ラックビー錠の副作用について

 

 

ラックビー錠の副作用というのはほとんどありません。整腸剤のためお腹にやさしく、高齢者や子供、妊婦さんもも飲むことができます。

 

 

ただ服用量が多いと下痢、腹部膨張感などの副作用の症状が報告されています。

 

 

基本的に用法用量を守ればほとんど副作用が起こることはありません。

 

 

また本当に稀ですが、アレルギー反応によって皮膚の発疹や発赤が起こることがあるので注意してください。

 

 

服用後にこのような副作用に襲われた場合には使用を中断して、処方してくれた医師に確認しましょう。

 

 

ラックビー錠の服用方法について

 

 

ラックビー錠で便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

 

①1日3回食後に1錠ずつ飲んでいきます。
食前に飲むと胃酸によってビフィズス菌が死滅してしまいます。

 

 

②飲む際にはそのままでも構いませんし、水や飲み物に混ぜて飲んでも問題ありません。

 

 

③排便できたら様子を見て、ラックビー錠を飲むのを一旦停止していいですし、予防のためにそのまま飲み続けても構いません。

 

 

④1週間継続して効果がない場合には中止しましょう。

 

 

以上がラックビー錠の飲み方についてです。処方時に医師から説明を受けるのでよく聞きましょう。

 

 

ちなみにラックビーには錠剤タイプの他にラックビー微粒Nという粉末タイプもあるので自分の好みに合わせて選ぶこともできます。

 

 

形状が違うだけでどちらも効果は同じとされます。

 

 

ラックビー錠とビオフェルミンの違い

 

 

ラックビーとビオフェルミンの違いは何なのか?という風に皆さんの多くが疑問をお持ちのようです。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

有効成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

値段:540錠3150円

 

用法用量:1日に3回食後に1回あたり9錠飲む

 

 

大きく分けて違いはふたつあるとされます。

 

 

①ビフィズス菌の配合量

 

 

ラックビーもビオフェルミンどちらもビフィズス菌が含まれており、腸内環境を改善して便秘に効いていきます。

 

 

ビオフェルミンの1日量当たり18mgに対し、病院で処方されるラックビーは1日量30mg~60mgとなっています

 

 

②フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

 

またビオフェルミン錠にはフェカリス菌、アシドフィルス菌も配合されています。ラックビー錠には含まれておりません。

 

 

このフェカリス菌、アシドフィルス菌は悪玉菌を減らすという作用があります。

 

 

まとめるとビフィズス菌の配合量はラックビー錠の方が多いけど、乳酸菌の種類はビオフェルミンS錠の方が多いとされます。

 

 

どちらが良いのかというと、統計上はラックビー錠の方が効くとされます。実際便秘で入院された方でビオフェルミンでは全く効かなかったのに、ラックビーを服用したらすぐに便秘に効いたということが多いです。

 

 

ただしまだ整腸剤を試していない方は市販の新ビオフェルミンS錠からはじめてみた方がよいでしょう。

 

 

ということでラックビー錠の便秘に対する効果と副作用でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ