ミヤbm錠の便秘への効果と副作用

ミヤbm錠は下痢にも便秘にも効果的!副作用はあるのか!?

ミヤbm錠は下痢にも便秘にも効果的!副作用はあるのか!?

ミヤbm錠

 

 

ミヤbm錠はミヤリサン製薬が製造している酪酸菌『宮入菌』という乳酸菌によってお腹の調子を整えてくれる錠剤の整腸剤です。

 

 

医薬品のためネットやドラッグストアなど市販されておらず、服用するには医師の診断のもと処方される必要があります。ミヤbm錠の薬価は1錠あたり5.6円となっています。

 

 

ミヤbm錠は主に下痢や軟便を解消するために処方されることが多いですが、便秘を治す効果もあるため、便秘に対しても処方されることもあります。

 

 

またミヤbm錠が粒状になったものもあります。※どちらも形状が違うだけで効果は同じです。

 

 

ここではミヤbm錠が便秘に効果的な理由と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ミヤbm錠の効果について

 

 

ミヤbm錠は酪酸菌『宮入菌』という乳酸菌の一種が含まれています。この宮入菌はミヤリサン製薬独自の乳酸菌で他社の整腸剤には一切含まれていません。

 

 

そしてこの宮入菌には2つの作用があります。

 

 

①整腸作用

 

 

この宮入菌が体内に取り入られることで腸内の善玉菌という整腸効果のある菌としてそのまま働いてくれます。

 

 

善玉菌は便を理想的な形(バナナ型)、色(黄色)へと作り上げる役割があるため、便秘を本質的に解消するためには必要ですね。

 

 

また宮入菌が大腸に運ばれるとおなかをポコポコと刺激し始めて、便を押し出すぜんどう運動を活発にすることができます。

 

 

②ビタミンBの生成作用

 

 

そして宮入菌はビタミンB群の生成も促します。
ビタミンB群は腸内で善玉菌の栄養になり、その繁殖をサポートします。

 

 

また余ったビタミンBは通常の働きをするため、抗酸化作用によって、肌荒れやニキビの改善効果も期待できるのです。アトピー治療などに用いる整腸剤はこのミヤbm錠であることが多いです。※アトピーに必要不可欠なビオチンの生成も促します。

 

 

他の乳酸菌にはこのような作用はないので、非常に宮入菌は特殊な乳酸菌なのです。

 

 

以上のふたつの効果がミヤbm錠にはあります。

 

 

肌荒れと便秘の両方に効くため特に女性からは人気のある整腸剤です。その他にも下痢、軟便、腹部膨張など腸に関するトラブルはほとんど解消してくれます。

 

 

ミヤbm錠の便秘への効き目

 

 

効きはじめの時間としては服用してから約9時間前後で腸内の善玉菌が増え始め、早いとその時点で大腸も動き出して便意を感じていきます。また完全に腸内環境が整うのは服用から3~4日目ぐらいです。

 

 

ただ乳酸菌には人によって合う合わないがはっきりとしているため酪酸菌が体に合わなければ効果は期待できないです。

 

 

臨床実験ではミヤbm錠を便秘の患者さんに服用させたところ67%の方が便秘を解消することに成功しました。5~6日服用しても効果が感じられない場合には効果がないと言えます。

 

 

酪酸菌での便秘解消を試みた結果

 

 

ミヤbm錠は服用したことがないのですが、同じ酪酸菌を配合した市販のミヤリサンで便秘解消を試みたことがあります。

 

 

ミヤリサンは5日間服用してみてたのですが、便も固いままで、ちょっとしか便が出ませんでした(涙)ただし肌のツヤがいいなと若干感じました。

 

 

肌荒れにも効果があるようなので試してみる価値はあると思います。

 

 

ミヤリサンでは解消できなった私の便秘ですが、今ではしっかりと解消できているので参考にしてみてください↓

 

医師が教えてくれた!ヨーグルトやビオフェルミンより便秘に効いたもの

 

北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」

 

 

いままでヨーグルト、下剤、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど

 

 

効果がないし下痢と腹痛ばかり・・

 

 

どうしたらいいか分かりませんでした

 

 


意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

 

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・

 

 

>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

 

 

ミヤbm錠とミヤリサンの違い

 

 

さきほども述べましたがミヤbm錠を製造しているミヤリサン製薬はミヤリサンという市販の整腸薬も作っています。

 

ミヤリサン

 

製薬会社:ミヤリサン製薬

 

有効成分:酪酸菌『宮入菌』

 

値段:630錠1200円

 

用法用量:1日3回(1回あたり6錠)食後に服用していきます。

 

よく挙げられる疑問として、このふたつはどう違うのか?ということですが

 

 

基本的にどちらも酪酸菌『宮入菌』を配合しているので効果の面ではミヤbm錠もミヤリサンも同じです。

 

 

ただミヤbm錠が1錠20mg、ミヤリサンが1錠あたり10mgの宮入菌が配合されているので、配合量の違いはあります。1錠あたりの効き目としてはミヤbm錠の方が強力ということになります。

 

 

ですから病院でミヤbm錠を処方してもらわなくても、実は市販のミヤリサンを購入して服用すれば同じ効果が得られてしまいます。

 

 

ミヤbm錠の副作用について

 

 

ではミヤbm錠にも副作用があるのかというとほとんどありません
ですが稀に副作用が生じる可能性もあります。

 

 

挙げられる副作用として飲みすぎてしまい、善玉菌が働きすぎて下痢、軟便になる可能性があります。※善玉菌が増えすぎても実は良くないのです

 

 

しかし医師の処方のもと、正しくミヤbm錠を使用すれば副作用に襲われるという心配はないので安心してください。

 

 

ミヤbm錠の服用方法について

 

 

ミヤbm錠によって便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

 

①1日に3回(1回3錠~6錠)を毎食の食後に服用するだけです。

 

 

②食後に飲むのはミヤbm錠を飲むときに、胃の中に食べ物がある方が胃散の影響を受けないため効果が出やすいです。※空腹時に服用すると乳酸菌が胃液で死滅してしまうのです

 

 

③服用するときは水と一緒に飲んでもいいですし、そのまま飴のように食べても大丈夫です。ヨーグルト風味で甘くておいしいです。

 

 

③最低でも1週間は服用してみて何も変化がなければ服用は控えるようにしましょう。

 

以上が便秘に効くミヤbm錠の飲み方です。

 

 

ただ個人によって用法用量がわかるため、医師の指示をしっかり聞きましょう。その点ではミヤリサンよりもミヤbm錠の方がおすすめと言えます。

 

 

ミヤbm錠は便秘だけでなく、肌荒れにも効く特殊な整腸剤で、女性におすすめとされるのでぜひ試してみてください!

 

 

ということでミヤbm錠の便秘への効果と副作用についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ