ミヤリサンの便秘解消の効果と副作用

ミヤリサン錠の便秘への効果と副作用について!

ミヤリサン錠の便秘への効果と副作用について!

 

ミヤリサン

 

 

ミヤリサン錠は、ミヤリサン製薬株式会社が製造しており腸内環境を改善することで便秘、軟便、下痢、お腹の張りを解消することができる整腸剤です。ミヤリサンは薬局やドラッグストアなどで市販されており、630錠入り1260円で購入することができます。

 

 

価格が安いこともあり、便秘,、軟便、腹部膨張に対して効果が高いことから、ミヤリサンのヘビーユーザーも多いですね。ここではミヤリサンの便秘への効果と副作用そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ミヤリサンの便秘への効果

 

 

ミヤリサン錠にはミヤリサン製薬が独自で開発した乳酸菌の酪酸菌『宮入菌』が配合されています。他の整腸剤や便秘薬には配合されていません。この宮入菌には2つの効果があるとされます。

 

 

①整腸効果

 

 

ミヤリサンが腸内に運ばれることによって腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やしていきます。善玉菌が増えることによって腸内環境が整うことで、柔らかい理想的な便を作り上げます。また腸内環境が整うことで軟便、下痢、腹部膨張などにも効果があるとされます。

 

 

また善玉菌が増えるときに乳酸と酢酸が分泌されます。これらの成分は大腸の腸壁に刺激を与えることで、便意を引き起こすことができます。

 

 

ビタミンを減らさない

 

 

またミヤリサンは体内のビタミンを減らすことはないというメリットもあります。

 

 

というのは乳酸菌の一部はビタミンをエサとしてしまうのですが、ミヤリサンの宮入酸はビタミンをエサとしないため、体内のビタミンを減らすことはありません。

 

 

そのためビタミンと乳酸菌の2つを必要とするアトピー治療には整腸剤はミヤリサンが皮膚科で処方されているのです。

 

 

このようにミヤリサンは便秘や肌のケアに対しても効果が期待できる数少ない整腸剤なのです。

 

 

ミヤリサンの便秘への効き目について

 

 

効果としては服用してからおよそ9時間前後で腸に作用していきますので、早い人ですと服用したその日に排便にいたることができます。整腸タイプの便秘薬ですのでお腹にはとてもやさしいですが即効性も兼ね備えています。

 

 

また3~5日間服用することで腸内環境が完全に整うとされており、それ以降は自然な排便が期待できます。そのため1週間飲み続けても効果が感じられない場合には宮入菌が合っていないと可能性が高いので服用を中断しましょう。

 

 

ただ乳酸菌というのはその人にとって合う合わないかが激しいです。宮入酸が腸に合わないと効果は期待できません。対策としては乳酸菌を変える必要がありますので、他の強力わかもと、新ビオフェルミンS錠、オリゴ糖粉末などに買い替えることをおすすめします。

 

 

ミヤリサンでの便秘解消を試みた結果

 

 

かなり前のことですが、ミヤリサンで便秘解消を試みたことがあります。

 

 

ミヤリサンを5日間服用してみてたのですが、便も固いままで、ちょっとしか便が出ませんでした(涙)ただし肌のツヤがいいなと若干感じました。

 

 

肌荒れにも効果があるようなので試してみる価値はあると思います。ミヤリサンでは解消できなった私の便秘ですが、今ではしっかりと解消できているので参考にしてみてください↓

 

 

医師が教えてくれた!ヨーグルトやビオフェルミンより便秘に効いたもの

 

北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」

 

 

いままでヨーグルト、下剤、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど

 

 

効果がないし下痢と腹痛ばかり・・

 

 

どうしたらいいか分かりませんでした

 

 


意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

 

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・

 

 

>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

 

 

 

ミヤリサンとミヤbm錠の違い

 

 

ミヤリサンを製造しているミヤリサン製薬はミヤbm錠という整腸剤もつくっております。

 

 

製薬会社:ミヤリサン製薬

 

有効成分:酪酸菌『宮入菌』

 

値段:1錠5.6円

 

用法用量:1日3回(1回あたり1~2錠)食後に服用していきます。

 

 

この2つにはどんな違いがあるのかという疑問を多くの方が持たれます。ふたつの大きな違いは3つあります。

 

 

①ミヤリサン錠は市販されていてミヤbm錠は市販されておらず病院で処方されるということです。

 

 

②ミヤリサン錠は1錠に10mgの宮入菌に対してミヤbm錠は1錠に20mgの宮入酸が含んでいる

 

 

③ミヤリサン錠は1日18錠を服用してミヤbm錠は1日3錠を服用する

 

 

という違いが挙げられます。

 

 

基本的にミヤBM錠は特にアトピー治療にも用いられることが多いですね。どちらも同じ成分の宮入酸で腸内環境を改善するので便秘に対しては全く同じ効果だと言えます。

 

 

ミヤリサン錠の副作用について

 

 

ミヤリサンにはどういった副作用があるのかというと、副作用はほとんどはないので安心して下さい。

 

 

あえて挙げるとすれば、宮入酸が体に合わず下痢を引き起こしてしまうということです。

 

 

ただ、それはどのような乳酸菌でも言うことができるので、ミヤリサンに関してはそういった懸念は必要ないでしょう。

 

 

ミヤリサン錠の飲み方について

 

 

ミヤリサン錠で便秘を解消する場合の飲み方としては

 

 

①1日3回、1回6錠を食後に飲むようにします。食前に飲むと胃酸の影響によって宮入菌が死滅して効果が薄れてしまうので注意です。

 

 

②効果としては9時間前後で効いてきます。もし便秘が解消できたら一旦ミヤリサン錠の服用はやめて自然に排便できるか様子をみましょう。

 

 

③1週間飲み続けても効果がない場合には宮入酸が体に合っていないのでミヤリサン錠での便秘解消は中止しましょう。

 

 

以上がミヤリサン錠の飲み方についてでした。

 

 

インターネット上の口コミを見ても、相性が合わなかったという人を除けば、
便秘に効果があったという嬉しい声が沢山ありますのでおすすめです

 

 

特に体内のビタミンを減らさないため、肌荒れやニキビに対しても間接的に効果がありますので是非試してみてはいかがでしょうか。ということでミヤリサン錠の便秘への効果と副作用についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ