新ビオフェルミンSの効果と副作用

新ビオフェルミンS錠の便秘への効果と副作用!

新ビオフェルミンS錠の便秘への効果と副作用!

 

新ビオフェルミンSはビフェルミン製薬が製造しているおそらく最も有名な整腸剤、便秘薬なのではないでしょうか。

 

 

ちなみ1966年にビフェルミンから新しくなり新ビオフェルミンという名前になりました。
ビオフェルミン自体は1917年に誕生しているので約100年の歴史があります。

 

 

ドラッグストアや薬局などで市販されていますが、病院でも便秘の方に処方されるほど評価が高いです。※病院では市販のビオフェルミンよりも強力なビオフェルミンRやビオフェルミン配合散などが処方されることがあります。

 

 

そして新ビオフェルミンS錠の中身なのですが、

 

 

 

 

 

このように白い錠剤になっておりまして、Sのマークが刻印されています。匂いもなく、そのまま食べてもブドウ糖のようにほんのりと甘いので服用するのにも苦はありません。

 

 

ここでは新ビオフェルミンS錠の便秘への効果と副作用そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

新ビオフェルミンの便秘への効果

 

 

どうして効果があるのか?

 

 

新ビオフェルミンS錠の配合成分を見てみると

 

 

成分:ビフィズス菌末、フェカリース菌末、アシドフィルス菌末

 

添加物:トウモロコシデンプン、デキストリン、乳糖水和物、沈降炭酸カルシウム、アメ粉、白糖、タルク、ステアリン酸、マグネシウム

 

 

新ビオフェルミンS錠はビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌という3つの乳酸菌が有効成分として配合されています。

 

 

ビフィズス菌:新ビオフェルミンS錠のビフィズス菌はそのビフィズス菌の中でも大腸内の定着率がとても高いG9-1と呼ばれるもので大腸に定着することでし、善玉菌を増やす効果があります。

 

 

フェーカリス菌:ビフィズス菌が大腸にすみつくのに対して、フェーカリス菌は小腸にすみつきます。フェーカリス菌の129BIO3Bは腸内細菌の増殖性に優れており、食べ物を消化しやすい小腸へと導きます。

 

 

アシドフィルス菌KS-13というアシドフィルス菌は小腸で悪玉菌の増殖を抑える働きをします。

 

 

こられ3つの乳酸菌が総合的に作用して腸内環境を整えて、便秘を解消してくれます。他の添加物は香料であったり、甘さの元であります。

 

 

またこれらの乳酸菌が腸内に届くことによって、便秘だけでなく、下痢や軟便、また腹部膨張、肌荒れ、吐き気など様々な効果をもたらしてくれます。

 

 

どれくらいで効果があるのか?

 

 

また新ビオフェルミンS錠を服用してどれくらいで効果があるのかというと

 

・腸内環境が増えだすのでは服用から約2時間後です。お腹がポコポコなります。またそれに伴って腸が活発になることがあり、早いと2時間後に便意を感じることがあります。

 

・また完全に腸内細菌のバランスが整うのは服用からおよそ3日後となります。整腸化に伴って腸の自然な運動も取り戻すことができます。

 

 

個人差はかなり大きいのですが、整腸剤でも腸に合えば意外と早く効いていきます。

 

 

ただ乳酸菌が体に合う合わないということもあり、合わない人にとっては1週間以上服用しても効果は感じられません。

 

 

1週間服用しても効果が感じられない場合には服用を中断するようにしましょう。

 

 

ビオフェルミンでの解消を試した結果

 

 

私も慢性的な便秘を抱えており、ビオフェルミンS錠での解消を試みたことがあります。※医師から勧められました。

 

 

しかし3日間服用しても効果がないので、医師からストップがかかりました。残念ながら私の場合にはあまり乳酸菌が合わなかったとのことです。

 

 

ちなみにビオフェルミンは効きませんでしたが、今ではしっかりと便秘が解消することができているので参考までに↓

 

 

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの

 

北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」

 

 

いままでヨーグルト、下剤、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど

 

 

効果がないし下痢と腹痛ばかり・・

 

 

どうしたらいいか分かりませんでした

 

 


意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

 

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・

 

 

>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

 

 

 

新ビオフェルミンS錠の副作用について

 

 

新ビオフェルミンS錠は乳酸菌による整腸効果によって便秘を解消するので副作用はほぼありません。

 

 

ただ服用量が多いとビフィズス菌が腸内で乳酸および酢酸がたくさん発生します。それに伴い腸の粘膜を刺激して腸の運動が活性化されることによる軽い腹痛が起きる場合もあります。

 

 

ただ報告例がきわめて少ないため、用法用量を守れば副作用は起きる心配はありません。
そのため新ビオフェルミンS錠は赤ちゃんから高齢者まで服用することができます。

 

 

ただ妊婦さんが安易に使用するのは控えるように公式から明言されています。
妊娠中の方が服用する場合には産婦人科の主治医に必ず相談するようにしてください。

 

 

新ビオフェルミンS錠の飲み方について

 

 

新ビオフェルミンS錠の飲む前にビオフェルミンS錠は錠剤タイプでは45錠(450円)・130錠(930円)・350錠(2150円)・540錠(3150円)の4タイプがありますが、最初に使用する場合には45錠のものをおすすめします。

 

 

45錠であれば2週間はもちますし、便秘に対して効果があるかないのか分かるかと思います。

 

 

そして飲み方の場合には

 

①1日1回就寝前に3錠飲むようにします。

 

 

②服用するときは水と一緒に飲んでもいいし、そのまま噛んで食べても構いません。

 

 

③新ビオフェルミンS錠を飲む前には何か食べ物を口にいれると胃酸が
乳酸菌を死滅させることを予防できます。

 

 

④朝起きて排便がなかったら、もう一度就寝前に服用しますが、
今度は1錠多くして4錠飲んでみてください。

 

 

⑤1週間継続しても効果がない場合には使用を中止しましょう。
市販で購入してもできれば医師に相談するようにしましょう。

 

 

ということで新ビオフェルミンS錠のみ方でした。

 

 

最近では新ビオフェルミンS錠から粉末タイプのオリゴ糖を処方するようになった病院も増えましたが、ビオフェルミンまだまだ現役です。

 

 

是非新ビオフェルミンS錠で便秘を解消していきましょう!
ということで新ビオフェルミンSの便秘への効果と副作用でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ