便秘とビオスリー配合錠

ビオスリー配合錠の便秘への効果と副作用について!

ビオスリー配合錠の便秘への効果と副作用について!

 

 

ビオスリー配合錠は鳥居薬品株式会社が製造しており、便秘や下剤、腹部膨張などに効果的とされている整腸薬です。また錠剤タイプともう1種類粉末タイプのビオスリー配合散というものもあります。

 

 

形状が違うだけで効果や副作用などはどちらも一緒とされます。※ビオスリー配合錠の方がよく処方されます。

 

 

ビオスリー配合錠は安全度が高い整腸剤で赤ちゃんや子供の便秘に処方されたり、また抗生物質の副作用(便秘・下痢)を抑えるために風邪薬なんかと一緒に処方される場合もあります。便秘の入院治療の際にも食後に飲むことがあります。

 

 

市販されていないのでドラッグストアなどでは購入することができません。ビオスリー配合錠使用するためには病院で処方してもらう必要があります。薬価は1錠あたり5.6円です。

 

 

ここではビオスリー配合錠の便秘への効果と副作用、そして服用方法についてお伝えしたいと思います。

 

 

ビオスリー配合錠の便秘への効果

 

 

ビオスリー配合錠には1錠あたりにラクトミン(乳酸菌)10mg、酪酸菌50mg、糖化菌50mgの3つの有効成分が含まています。

 

 

これら3つがうまく相互作用することによって腸内環境が整い便秘に対して効果的に作用してくれるのです。

 

①まず糖化菌はラクトミン(乳酸菌)の増殖を助け、通常の10倍の乳酸菌が繁殖します。

 

 

②そしてラクトミン(乳酸菌)は酪酸菌の増殖を助け、通常の10倍の酪酸菌が繁殖します。

 

 

③大腸に届くころにラクトミン(乳酸菌)と酪酸菌はそれぞれ10倍に増殖されておりこれらがそのまま腸内の善玉菌となって整腸作用を促してくれるわけなんです。

 

 

このように1種類の乳酸菌のみが含まれる整腸剤よりも単純に20倍の腸内細菌が繁殖することになりますので、非常に効果が高いと言えます。またビオスリー配合錠は耐性乳酸菌で胃酸によって死滅しにくいため、しっかりと大腸まで送り届けられます。

 

 

善玉菌が増える際には乳酸と酢酸が分泌されるのですが、お腹がポコポコとし出します。すると大腸の腸壁を刺激されて、腸の運動が活発になり便意を感じるようになります。

 

 

このように実は整腸剤を服用して腸内環境が整うことでも自然な排便を促すことができます。

 

 

ビオスリー配合錠の効き目

 

 

ビオスリー配合錠を服用することでどれくらいで効くのかというと

 

 

・服用からおよそ7時間で大腸まで達して善玉菌を増やしていきます。早いとその時点で便意が起きて便秘が解消されます。

 

・また完全に善玉菌が増えて腸内環境が整うのはおよそ3日後とされます。

 

 

市販の整腸剤よりもビオスリー錠の方が2~3日分効き目が早いとされています。市販の整腸薬を試しても効果がなく、便秘で入院した患者さんがビオスリー配合錠を飲んだところ1日で便秘を解消することに成功したほどです。それほど効果が高い整腸剤と言えます。

 

 

しかし乳酸菌と酪酸菌が自分の腸内細菌と合致しない場合にはほとんど効果が得られないとされるので注意してください。1週間ほど服用しても全く変化がない場合にはそれ以上使用しても効果は望めないでしょう。

 

 

ビオスリー配合錠の副作用について

 

 

ビオスリー配合錠は副作用はほとんどありません。

 

 

ただ空腹時に服用することによって、胃の調子が悪くなることがあります。

 

 

また服用量が多いことで善玉菌が増えすぎてしまい、軟便や下痢を引き起こす可能性があります。服用量はしっかりと守るようにしましょう。

 

 

しかし腹痛や下痢、吐き気などの副作用は全く報告されていません。安全性が高く赤ちゃんや妊婦さんの便秘に対しても用いることができます。

 

 

ビオスリー配合錠の便秘への飲み方について

 

 

ビオスリー配合錠で便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

①1日3回(1回あたり1~2錠)食後に飲むようにします。
空腹時に飲むと胃が荒れる可能性があるので食後に飲みましょう。

 

 

②錠剤タイプですが、そのまま飴を食べるように副作用することができます。
ブドウ糖の飴のようにほのかに甘く服用しやすいです。

 

 

③もし排便があっても3日間は服用して腸内環境を整えます。
そしてそれでもしっかりと便が出るのであれば服用は中止してください

 

 

④効果がない場合でも1週間は服用してみて下さい。それでも何も変化がない場合にはビオスリー配合錠での解消は諦めましょう

 

以上のようにビオスリー配合錠を飲むようにしてください。

 

 

病院で処方される整腸剤の中ではトップクラスですので非常におすすめです。具体的な服用量は症状によって異なりますので医師に確認しましょう。

 

 

また一番効果が高いとされる市販の整腸剤は新ビオフェルミンS錠とされるので、病院に行かずとも市販で済ませたい場合には新ビオフェルミンS錠がおすすめです。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

有効成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

値段:540錠3150円

 

用法用量:1日に3回食後に1回あたり9錠飲む

 

 

しかし効果はビオスリー錠の方が効果的とされます。
ということでビオスリー配合錠の便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ