ビオフェルミン配合散と便秘

ビオフェルミン配合散の便秘への効果と副作用、飲み方!

ビオフェルミン配合散の便秘への効果と副作用、飲み方!

 

 

 

ビオフェルミン配合散はビオフェルミン製薬が製造している粉末状の整腸剤です。そのまま服用することができて、ヨーグルト風味でほのかに甘いです。

 

 

薬局やドラッグストアなどでは市販はされておらず、病院でのみ手に入れることができます。薬価は1gあたり6.2円となっています。

 

 

病院では主に抗生物質と一緒に飲んでいきます。抗生物質は腸内細菌を死滅させてしまうので、それを補うために服用します。

 

 

また便秘を解消するためにも処方されます。※特に便秘で入院中の方や市販の整腸剤が効かなかった方に処方されます。

 

 

ここではビオフェルミン配合散の便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えします。

 

 

ビオフェルミン配合散の便秘への効果

 

 

ビオフェルミン配合散の有効成分はラクトミン(乳酸菌)と糖化菌の2つが配合されており、これらが便秘に効いていきます。

 

 

ラクトミン

 

 

ラクトミンは乳酸菌の一種で腸内に運ばれると乳酸を作り出します。そしてこの乳酸が腸内の善玉菌のエサとなります。これにより善玉菌が増え、さらに悪玉菌を減らすことで腸内環境を整えることができます。

 

 

悪玉菌は腸内に溜まった便を腐敗させてしまい腐敗ガスを発生させる原因となるため、ラクトミンはそれを予防することができます。

 

 

また乳酸が分泌されることで大腸の腸壁を刺激して、腸の運動を活発にさせる働きを持っています。※整腸剤を服用した後に腸がポコポコと鳴るのはこの乳酸によるものです。

 

 

糖化菌

 

 

そして糖化菌は炭水化物を消化させて糖に変換させる作用があります。これによって乳酸が育ちやすくなり、腸内環境を整える補助的な役目があります。

 

 

また糖化菌と一緒に服用することで通常よりもラクトミンを10倍多く増やすことができます。

 

 

これらの乳酸菌の相乗効果が働くことで腸内環境が整い便秘に効いていきます。それ以外にも腹部膨張、下痢、軟便に効いていきます。

 

 

ビオフェルミン配合散の便秘への効き目

 

 

ビオフェルミン配合散を服用することによってどれくらいで便秘に効いてくるのかというと

 

 

・服用からおよそ4時間後には乳酸が増え始めます。そして早いとその時点で腸が刺激され便意が起きます。

 

・腸内環境が完全に整うのは服用からおよそ3~4日後とされます。それから理想的な便が形成されるようになります。

 

以上のようにビオフェルミン配合散は便秘に効いていきます。下剤のように即効性はありませんが、整腸化による根本的に便秘を解消することができます。

 

 

ビオフェルミンでの解消を試した結果

 

 

ビオフェルミン配合散は服用したことがないのですが、通常のビオフェルミンS錠での解消を試みたことがあります。※医師から勧められました。

 

 

しかし3日間服用しても効果がないので、医師からストップがかかりました。残念ながら私の場合にはあまり乳酸菌が合わなかったとのことです。

 

 

ちなみにビオフェルミンは効きませんでしたが、今ではしっかりと便秘が解消することができているので参考までに↓

 

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの

 

北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」

 

 

いままでヨーグルト、下剤、整腸剤
などの解消法にチャレンジしたけど

 

 

効果がないし下痢と腹痛ばかり・・

 

 

どうしたらいいか分かりませんでした

 

 


意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

 

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・

 

 

>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

 

 

ビオフェルミン配合散と新ビオフェルミンS錠との違い

 

 

多くの方がビオフェルミン配合散と新ビオフェルミンS錠はどのように違いについて疑問を持たれています。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

有効成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

値段:540錠3150円

 

用法用量:1日に3回食後に1回あたり9錠飲む

 

 

簡単に違いを述べると

 

 

ビオフェルミン錠⇒有効成分はビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

 

ビオフェルミン配合散⇒有効成分はラクトミンと糖化菌

 

 

という配合されている乳酸菌が全く違うとされます。

 

 

どちらかが良いかというのは個人や症状によって違うので分かりません。ビフィズス菌が腸に合わなかったり、ラクトミンが腸に合わないなど人それぞれです。

 

 

しかしビオフェルミン配合散の方が胃散に強い耐性菌持ちなので、統計でいえばビオフェルミン配合散の方が効き目があると言えます。

 

 

ただまずは市販の新ビオフェルミンS錠を購入して、効かないようであれば、病院を受診してビオフェルミン配合散を処方してもらうのが良いでしょう。

 

 

ビオフェルミン配合散の副作用について

 

 

ビオフェルミン配合散は整腸剤なのでほとんど副作用がありません。ただし用量よりも飲みすぎてしまうと下痢、軟便、軽い腹痛になってしまう可能性があります。

 

 

また稀にですが乳酸菌が体に合わないと、皮膚のかゆみ、発疹、発赤などの症状が出ます。この場合にはすぐに服用を控えましょう。

 

 

ただ妊婦さんや子供でも服用することができるので、用法用量を守れば起こることはないので安心してください。

 

 

ビオフェルミン配合散の便秘への飲み方について

 

 

ビオフェルミン配合散を便秘解消のために飲む場合には

 

 

①1日3回(1回1包)を食後に服用するようにします。

 

 

食前に服用すると胃散の影響を受けてしまい、ビオフェルミン配合散の効き目が弱くなってしまいますので必ず食後に服用しましょう。

 

 

②飲むときは水といっしょに混ぜて飲んでも、そのまま飲んでも構いません。

 

 

③最低1週間は服用してみて、効果がない場合には使用を控えるようにしましょう。

 

 

④便秘を解消できたあとも予防のために服用し続けることができます。

 

 

以上がビオフェルミン配合散の便秘への飲み方です。

 

 

下剤のように癖になることや副作用もないのでおすすめです。服用したい場合には胃腸科や便秘外来を受診するようにしましょう。

 

 

ということでビオフェルミン配合散と便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ