ウィズワンエルと便秘

ウィズワンエルの便秘への効果と副作用、飲み方!

ウィズワンエルの便秘への効果と副作用、飲み方!

 

 

 

ウィズワンエルはゼリア新薬が製造している便秘薬です。元々新ウィズワンという便秘薬を改良して誕生した便秘薬とされています。中身は粉末タイプでチョコ―レート味になっています。

 

 

このウィズワンエルは乳酸菌と食物繊維のふたつを配合しておりダイエットにも効果があるとされます。ウィズワンエルの値段は36包でおよそ2600円ほどですので、便秘薬の中では高額とされます。

 

ここではウィズワンエルの便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ウィズワンエルの便秘への効果

 

 

ウィズワンエルが便秘に効果的なのはプランタゴ・オバタ種皮末、センノシド、有胞子性乳酸菌の3つの有効成分が配合されているからです。

 

 

①プランタゴ・オバタ種皮末

 

 

プランタゴ・オバタ種皮末は食物繊維の一種ですが、その中でも効果が特別高いです

 

 

プランタゴ・オバタが腸内に届けられることによって、便をやわらかく大きくする特徴があり、自然な腸の運動を促す作用があります。

 

 

こんにゃくやところてんなどの水溶性食物繊維なども同じく便を柔らかく大きくすることができます。しかしプランタゴ・オバタ種皮末は溜まった腸内のガスを吸収する働きもあり、ガス溜まりを解消するという他の食物繊維にはない効果とされます。

 

 

②センノシド

 

 

センノシドは植物のセンナから抽出された成分のことです。

 

 

センノシドは大腸に運ばれることによってレインアンスロンという物質に変わっていきます。するとこの物質が大腸内の腸壁を刺激することで、腸の便を押し出すぜんぞう運動を活発にさせることができます。ただし刺激と言っても生薬なので緩やかに効いていきます。

 

 

またセンノシドは大腸が便の水分を吸収するのを防ぎます。働きも持っており便が柔らかい状態をキープして、排便しやすくなります。

 

 

③有胞子性乳酸菌

 

 

ウィズワンエルは他のウィズワンと違って乳酸菌の一種である有胞子性乳酸菌が配合されているところです。

 

 

有胞子性乳酸菌は腸管内で繁殖することで、悪玉菌が増えるのを防ぐことで腸内環境を整えることができます。そして便をバナナのような柔らかく大きな便を作り上げることができます。

 

 

以上の3つの成分が働くことによって便秘に対して効果があります。乳酸菌と刺激成分、食物繊維がひとつになっているのはこのウィズワンエルのみとなっています。そのため値段も高くなっています。

 

 

またウィズワンエルから乳酸菌要素を抜いたものが新ウィズワンとなります。

 

 

会社:大正製薬

 

成分:プランタゴオバタとセンノシド

 

効果:便秘には服用から4時間ほどで効く
その他、肌あれ、吹出物、頭痛、のぼせ、食欲不振

 

値段:48日分で2480円

 

副作用:軽い腹痛 軽い下痢

 

 

ウィズワンエルは特に女性に多い腸の運動が鈍くなっている弛緩性便秘、直腸内で便が固くなっている直腸性便秘に有効とされます。またお腹の張りなどに悩まされている場合にも有効とされます。

 

 

ただしウィズワンエルでも便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘には逆効果になる場合があります。

 

 

ウィズワンエルの効き目について

 

 

ウィズワンエルを服用することでどれくらいで便秘に対して効いてくるのかというと

 

約8~10時間後にはセンノシドが大腸を刺激して便意が感じていきます。

 

約48時間後にはプランタゴ・オバタが腸内で膨らみ便を出していきます。

 

約72時間後には有胞子性乳酸菌が腸内環境を整え理想的な便を作り出します。

 

ウィズワンエルは刺激成分、食物繊維、整腸成分の3つがそれぞれ効くため、効果に時間差があります。

 

 

ウィズワンエルの副作用について

 

 

ウィズワンエルは激しい成分は含まれていないので、副作用は起こりにくいです。ただし稀にですが副作用が起きてしまう場合があります。特に挙げられる副作用としては腹痛、吐き気、嘔吐があります。

 

 

軽い腹痛であればほとんど問題はないのですが吐き気や嘔吐の場合には服用を控えましょう。基本的に用法用量を守れば起こることはないでしょう。

 

 

またセンノシドが体に合わないと発疹・発赤、かゆみ、皮膚系の副作用が起きます。これらの副作用が起きたら服用は控えましょう。

 

 

ウィズワンエルの飲み方について

 

 

ウィズワンエルで便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

 

①1日に1回食後に1包飲むようにします。乳酸菌を含んでいるので食前に飲むと胃酸で死滅してしまう可能性があります。

 

 

②飲むときはコップ1杯の水かお湯と一緒に噛まずに飲みます。

 

 

③排便に成功することができれば、服用は中断しましょう。

 

 

④最低でも3日間は服用するようにしてください。それでも効果が全くなければ服用は控えましょう。

 

以上、ウィズワンエルの便秘解消の飲み方となります。

 

 

ウィズワンエルは通常の刺激性下剤よりも乳酸菌が配合されている分、効果が高いので是非試してみてはいかがでしょう。ただあまり薬局やドラッグストアでは見かけないのでネットで購入しましょう。

 

 

ということでウィズワンエルと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ