麻子仁丸と便秘

麻子仁丸の便秘への効果、副作用、飲み方について!

麻子仁丸の便秘への効果、副作用、飲み方について!

 

 

 

麻子仁丸(マシニンガン)は生薬によって便秘を解消することができる漢方薬です。特に便がコロコロしているタイプの便秘に効きます。中身は丸い正露丸みたいのようになっています。

 

 

薬局やドラッグストアでも販売されており、病院などでも漢方を専門とするところでは処方されます。

 

 

ここでは麻子仁丸の便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

麻子仁丸の便秘への効果

 

 

麻子仁丸は麻子仁(マシニン)、杏仁(キョウニン)、大黄(ダイオウ)、厚朴(コウボク)、枳実(キジツ)、芍薬(シャクヤク)の6種類の生薬が含まれます。

 

 

それぞれが便秘に対して効いていきますので解説したいと思います。

 

 

①麻子仁

 

 

麻子仁は麻子仁丸特有の生薬とされており生薬の一種でオイル成分とされます。

 

 

この麻子仁には脂肪酸が配合されており、腸内で溶け出すことによって腸壁と便を潤いを与え、滑りやすくします。固く停滞した便が排出されるようになり、また便が腸管を通ることで自然な排便が促されていきます。

 

 

オリーブオイルなどの油も同じ効果が得られますが、それよりも効果的とされます。

 

 

②杏仁

 

 

麻子仁丸の杏仁は腸に水分を集める働きを持っています。

 

 

これにより固くなった便を水分を含ませることで柔らかくさせることによって、便秘を解消することができます。特に直腸に固い便が溜まってしまった直腸性便秘に対して効いていきます。

 

 

また腸管に水分が浸透することによって、大腸内の壁にこびりついた便(宿便)を落とす働きを持っています。以上のように杏仁は酸化マグネシウムの下剤と似た働きをします。

 

 

また麻子仁丸の麻子仁を配合した薬としてはオイルデルという便秘薬があります。

 

 

会社:小林製薬

 

成分:DSS、麻子仁

 

値段:24錠で1080円

 

用法用量:1日2回(1回3~4錠)朝と夕方の空腹時に飲む。

 

 

大黄

 

 

大黄はお腹を刺激して腸の便を押し出すぜんどう運動を活発にさせる働きがあります。これにより腸の運動が鈍った弛緩性便秘にも効いていきます。

 

 

特に他の便秘薬ではタケダ漢方便秘薬に含まれる生薬となっています。

 

 

会社:タケダ薬品工業株式会社

 

値段:180錠2500円

 

成分:大黄、甘草

 

飲み方:就寝前に1日1回(1回1~3錠)水またはお湯と一緒に飲みます。

 

 

芍薬

 

 

大黄の働きによって腸を刺激すると腹痛などの副作用を生じることがあります。

 

 

しかし芍薬は腹痛を和らげてくれる働きがあります。これにより麻子仁丸は安全な便秘薬となっています。※芍薬ではなく甘草が配合されている場合もあります。

 

 

厚朴と枳実

 

 

厚朴と枳実は腸内のガスを吸収する働きを持っており、これによりお腹の膨張感に対して効果があります。※特に便秘が3日以上続くとインドールやスカトールという腐敗ガスが排出されます。

 

 

以上のように生薬の働きによって、麻子仁丸は便秘に効いていきます。様々な効果があることから非常に人気が高いとされます。

 

 

ただし便秘と下痢が繰り返し起きる痙攣性便秘には逆効果とされるので服用は控えましょう。

 

 

麻子仁丸はどれくらいで便秘に効く?

 

 

麻子仁丸を服用することによってどれくらいで便秘を解消できるのかというと

 

・基本的に服用から8時間ほどで大黄が効いてきて排便に至ることができます。

 

・ガス溜まりについて24~48時間後には吸収されていきます。

 

・また遅くとも3日間服用し続けることによって便秘を解消することができます。

 

 

以上のように麻子仁丸は便秘に効いていきます。また就寝前に服用することで朝起きたときに排便できるように設定されています。これにより朝の排便リズムを作り出すことができます。

 

 

麻子仁丸の副作用について

 

 

麻子仁丸は安全な便秘薬ですが副作用が生じてしまうことがあります。特に起こりやすい副作用としては胃の不快感(一番多いです)、下痢、腹痛、吐き気、食欲不振が挙げられます。

 

 

副作用が生じた場合には服用し続けてみて、それでも起こる場合には服用を控えましょう。ただし用法用量を守れば心配はいらないでしょう。

 

 

また生薬が体に合わないと皮膚のかゆみ、発疹、発赤などが挙げられます。この場合にはすぐに服用を控えましょう。

 

 

そして妊娠中の方や授乳中の方は薬剤師か医師に服用してもいいか必ず相談してください。

 

 

麻子仁丸の便秘への飲み方について

 

 

便秘を解消するための麻子仁丸の飲み方についてですが

 

 

①1日2回(1回1錠)空腹時に服用していきます。おすすめは朝の空腹時と就寝前の空腹時です。

 

 

②服用するときはコップ1杯(200ml)の水と一緒に飲むようにします。大腸内の水分になるので水は飲みきるようにしましょう。

 

 

③3日間服用しても何も効果が得られない場合には麻子仁丸の服用を控えるようにしましょう。

 

 

以上が麻子仁丸の便秘への飲み方についてでした。

 

 

麻子仁丸は様々な生薬が含まれており、また麻子仁という生薬は他の便秘薬にはあまり含まれていないので試してみる価値はあります。

 

 

ということで麻子仁丸と便秘についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ