ビオフェルミンVCと便秘

ビオフェルミンVCの便秘への効果と飲み方について!

ビオフェルミンVCの便秘への効果と飲み方について

 

 

 

ビオフェルミンVCはビオフェルミン製薬が製造蔵しているビオフェルミンの中でもお腹のはり、膨張感に対して効果的とされる整腸剤です。薬局やドラッグストアなどで120錠1080円で売られています。

 

 

 

 

ビオフェルミンVCの中身は黄色い色をした錠剤タイプとなっています。そのまま食べることはできず、水と一緒に服用します。

 

 

ちなみにVCはVitaminC(ビタミンC)の略とされています。そしてこのビオフェルミンVCは便秘に対しても効果的です。

 

 

ここではビオフェルミンVCの便秘へどれくらいで効くのか、効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

ビオフェルミンVCの便秘への効果

 

 

ビオフェルミンVCの有効成分はビフィズス菌、ラクトミン、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6の5つの成分が含まれ、それぞれが便秘に対して効いていきます。

 

 

①ビフィズス菌

 

 

ビフィズス菌は大腸に運ばれると善玉菌としてそのまま働き、腸内環境を整えることで整腸効果によって便を柔らかくバナナのような便を作り上げます。

 

 

またビフィズス菌が大腸の善玉菌になる際に、乳酸と酢酸が分泌されはじめます。そしてこの乳酸と酢酸は大腸の腸壁を刺激することで自然な排便を促すこともできます。整腸剤や乳酸菌を摂取するとお腹がポコポコするのもこの乳酸と酢酸によるものです。

 

 

②ラクトミン

 

 

ラクトミンは乳酸菌の一種で、小腸の腸内フローラ(腸内菌叢)のバランスを整えることができます。腸内フローラにより消化吸収をしっかりと行うことができて、便を作り出す下準備ができるようになります。

 

 

また便秘によって長い間、腸に滞在して腐敗した便からはインドールやスカトールというガスが分泌され、おなかの張りの原因となります。

 

 

しかしビオフェルミンVCのビフィズス菌とラクトミンがガスを吸収して便に繁殖した悪玉菌を取り除くことで、ガスが発生するのを防ぐことができるのです。

 

 

③ビタミンC、ビタミンB2、B6

 

 

ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6は主に肌によって必要不可欠なビタミンのイメージがありますが、実は乳酸菌を増やす働きもあるため、ビフィズス菌とラクトミンを一緒に摂取することで、これらを腸内でより繁殖させやすくします。

 

 

またビタミンCは血流を活発にする働きもあり、体のデトックス作用を促すことで、腸の運動が若干ですが活発にさせることができます。

 

 

以上のようにビオフェルミンVCは便秘やお腹のはり、ガス溜まりに効果的とされます。

 

 

ただ個人的にビオフェルミンS錠もおなかの張りや便秘に効くので、そこまで効能の大きな違いはないかなという印象です。

 

 

ただビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6は肌荒れやニキビにも効き目があるので、肌のケアも兼ねたい方にはおすすめです。

 

 

ビオフェルミンVCの効き目について

 

ビオフェルミンVCを服用することでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

・乳酸と酢酸を分泌することによって、早いと8時間後には便秘に効いていきます。

 

・単純に整腸効果には3日ほど飲み続ける必要があります。そこから理想的な便が形成されていきます。

 

・また腸内のガスも3日以内には吸収され、便も柔らかくなり、ガスを排出することもなくなります。

 

というようにコーラックのように30分後にすぐ効くわけではないですが整腸剤ですので、しっかりと根本的に便秘を解消してくれます。

 

 

ビオフェルミンでの解消を試した結果

 

 

ビオフェルミンVCではないのですが、通常のビオフェルミンS錠での解消を試みたことがあります。※医師から勧められました。

 

 

しかし3日間服用しても効果がないので、医師からストップがかかりました。残念ながら私の場合にはあまり乳酸菌が合わなかったとのことです。

 

 

ちなみにビオフェルミンは効きませんでしたが、今ではしっかりと便秘が解消することができているので参考までに↓

 

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの

 

北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」

 

 

いままでヨーグルト、下剤、整腸剤
などの解消法にチャレンジしたけど

 

 

効果がないし下痢と腹痛ばかり・・

 

 

どうしたらいいか分かりませんでした

 

 


意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

 

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・

 

 

>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

 

 

 

ビオフェルミンVCの副作用について

 

 

ビオフェルミンVCは刺激成分は含まれず、乳酸菌とビタミンしか含まれないので、副作用はほとんどありません。

 

 

妊娠中にも服用できますし、毎日飲んでも全く問題ありません。ただ服用量が多すぎてしまうと、下痢や軟便になる可能性があるので注意しましょう。

 

 

ビオフェルミンVCを服用する場合には用法用量だけは注意してください。

 

 

便秘を解消するビオフェルミンVCの飲み方

 

 

便秘を解消するためにビオフェルミンVCの飲む場合ですが

 

 

①1日3回(1回2錠)食後に服用していきます。食前に服用すると乳酸菌が死滅してしまうので食後に服用しましょう。

 

 

②飲むときは水かお湯と一緒に服用します。ビオフェルミンSはそのまま食べれますが、ビオフェルミンVCはそのまま食べることはできないので注意してください。

 

 

③最低でも1週間は服用していき、それでも何も改善されない場合には服用を控えましょう。

 

 

以上がビオフェルミンVCの飲み方です。

 

 

ビタミンも摂取することができる整腸剤は知るところではビオフェルミンVCのみとされるので、ビタミン不足の方にはおすすめです。またお腹の張りが気になる方も是非試してみてください。

 

 

ただし普通の便秘を解消したい場合には新ビオフェルミンS錠を服用するようにしましょう。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

有効成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

値段:540錠3150円

 

用法用量:1日に3回食後に1回あたり9錠飲む

 

ということでビオフェルミンVCと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ