便秘tとレベニン散

レベニン散の便秘への効果と飲み方について!

レベニン散の便秘への効果と飲み方について!

 

レベニン

 

 

レベニン散はわかもと製薬株式会社が製造しているで粉末タイプの整腸剤で、ヨーグルト風味でほのかに甘くいのが特徴です。薬局やドラッグストアなどで市販はされておらず、病院で処方される整腸剤のひとつです。レベニン散の薬価は1gあたり6.2円で処方されます。

 

 

基本的に抗生物質と一緒に処方され、抗生物質の副作用による善玉菌が死滅してしまうため、それを補う効果があります。ですが、便秘やそれに伴う腹部膨張などを解消するために処方もされます。

 

 

ちなみにレベニンは粉末状のレベニンS散、錠剤型のレベニン錠、カプセル型のレベニンカプセルの3種類があります。※病院では便秘に対しては子供も服用しやすいためレベニン散が最もよく処方されますね。

 

ここではレベニン散の便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

レベニン散の便秘への効果

 

 

レベニン散は有効成分として耐性乳酸菌((ビフィズス菌)という特殊な乳酸菌が含まれており、これが便秘に対して効いていきます。

 

 

普通の乳酸菌は腸に送られる前に胃酸によって死滅してしまうことがあるのですが、耐性乳酸菌は胃酸に強い乳酸菌なので、死滅することなくしっかりと腸に届きます。そして耐性乳酸菌はそのまま善玉菌として働くため、腸内環境を整えることができ、便秘に効いていきます。

 

 

特にビフィズス菌が大腸内で善玉菌になる際には乳酸と酢酸が分泌されていきます。乳酸と酢酸が分泌されると大腸の腸壁を刺激して大腸のぜんどう運動を活発にさせることができます。乳酸菌を摂取するとお腹がキュルキュルするのもこの乳酸と酢酸によるものです。

 

 

またお腹の張り、軟便や下痢気味の場合でもレベニン散を服用することで効いていきます。

 

 

レベニン散による便秘への効き目

 

 

レベニン散を服用することでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

 

・服用からおよそ4時間で善玉菌を増やし、整腸作用を促していきます。

 

 

・また乳酸と酢酸の発生によって約4~5時間後に腸の運動が活発になっていきます。

 

 

・そして3日間服用することによって腸内環境が整い理想的な便を作り上げられます。

 

 

ビオフェルミンなどの市販薬であれば、整腸作用に4~5日はかかるとされているため、レベニンの方が即効性は高いです。また便秘を根本的に解消し、便秘にならない体質を作り出すこともできます。

 

 

レベニン散の副作用について

 

 

レベニン散には乳酸菌しか含まれていないため副作用が起こることはまずありません。ただし服用量が多いと副作用が生じます。レベニン散をたくさん服用すると善玉菌が繁殖しすぎて逆にバランスが悪くなることによって、便が柔らかくなりすぎて軟便や下痢を引き起こしてしまいます。

 

 

また牛乳アレルギーの方がレベニン散を服用すると皮膚の発疹、発赤、かゆみが生じてしまいますので、注意してください。特に牛乳でお腹が緩くなる方は控えた方が良いとされています。

 

 

レベニン散を服用するときは必ず用法用量を守るようにしましょう。

 

 

便秘を解消するレベニン散の飲み方について

 

 

レベニン散を服用して便秘を解消する場合ですが

 

①1日3回(1回1錠)毎食の後に服用していきます。食前に服用すると胃酸によって乳酸菌が死滅して効き目が薄くなりますので、レベニン散に関わらず乳酸菌を摂取するときは食後に服用しましょう。

 

 

②服用するときは水といっしょに飲んでいきます。またそのまま食べることもできます。

 

 

③飲み忘れた時はすぐに服用せずに、次の食後まで待ちましょう。その時に2回分服用せずに1回分にとどめましょう。

 

 

④最低でも1週間は服用し続けるようにします。それでも効果がない場合には服用を控えましょう。

 

 

⑤また便秘を解消できても予防のため飲み続けても構いません。

 

 

以上がレベニン散の便秘への飲み方についてでした。詳しくは医師から説明を受けられるのでしっかりと確認しましょう。

 

 

また病院ではレベニン散と同じ効果のあるエンテロノンR散が処方される場合があります。効果としてはどちらも同じとされています。

 

 

ビフィズス菌であれば市販薬でも

 

レベニン散は病院を受診しなければ、服用することができませんが、ラベニン散に含まれるビフィズス菌自体は市販の新ビオフェルミン細粒にも含まれます。

 

 

会社:ビオフェルミン製薬

 

値段:45g734円

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

用法用量:1日3回(1回1g)毎食の後に服用していきます。

 

 

ビフィズス菌が腸内環境を整えますし、レベニン散にはないフェカリス菌とアシドフィルス菌が腸内の悪玉菌の繁殖を抑えていきます。

 

 

ただレベニン散の方がビフィズス菌の配合量が多く、市販の整腸剤よりも強力でして、また胃酸に強く腸に乳酸菌が送り届けられるため、便秘を解消できる可能性が高いです。

 

 

ただ便秘解消にレベニン散を服用したいのであれば、まずは市販の新ビオフェルミン細粒を服用することをおすすめします。

 

 

ということでレベニンと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ