エンテロノン R散と便秘

エンテロノンR散の便秘への効果と副作用、飲み方!

エンテロノンR散の便秘への効果と副作用、飲み方!

 

 

 

エンテロノンR散はEAファーマ株式会社が製造している粉末状の整腸剤です。そのまま食べることができてヨーグルト風味で子供でも食べることができます。

 

 

薬局やドラッグストアなど市販はされておらず、病院で処方されます。エンテロノンR散の薬価は1gあたり6.2円となっています。

 

 

ちなみにRというのは抗生物質と一緒に処方されるという意味です。病院では主に、抗生物質の副作用の善玉菌の減少による軟便、下痢、便秘を予防するために抗生物質と一緒に処方されることが多いです。

 

 

ただし便秘にのみ処方されることもあります。ここではエンテロノン R散の便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

エンテロノンR散の便秘への効果

 

 

エンテロノンR散には有効成分として耐性乳酸菌(ビフィズス菌)を含んでいます。

 

 

耐性乳酸菌は通常の乳酸菌と違い、抗生物質の影響を受けにくく、また胃酸によって死滅することなくしっかりと腸に届きます。

 

 

耐性乳酸菌が腸に届くことで、そのまま善玉菌となって、腸内環境を改善させていきます。腸内環境が整うと柔らかいバナナのような便を形成することができます。

 

 

またビフィズス菌が善玉菌になる際には乳酸と酢酸という物質が分泌されます。この2つの成分は大腸の腸壁をやさしく刺激することによって便意を促すことができます。※乳酸菌飲料などを飲むとお腹がポコポコするのも酢酸と乳酸によるものです。

 

 

以上のようにエンテロノンR散は便秘に対して効いていきます。特に腸の動きが鈍くなった弛緩性便秘、また便が臭い、黒いなどの腸内環境が乱れた便秘に対して効いていきます。

 

 

エンテロノンR散の効き目について

 

 

エンテロノンR散がどれくらいで便秘に効くのかというと

 

 

・服用から4時間でビフィズス菌が増え始めて、また酢酸と乳酸による腸の刺激で4~5時間ほどで便意が起こる場合があります。

 

 

・整腸作用は1日服用するだけで、腸内細菌のバランスが整います。通常の整腸剤は3日間ほどかかります。

 

 

・またそれ以降は理想的な便を作り出すことができます。継続的に服用することでしっかりと毎日排便できて便秘を予防することも可能です。

 

 

市販の整腸剤よりも乳酸菌の配合量も多く、さらに耐性乳酸菌でしっかりと腸に届くため、即効性があります。

 

 

エンテロノンR散の副作用について

 

 

エンテロノンR酸は乳酸菌しか含まれていないため、基本的に安全性が高く妊婦さんでも服用可能です。しかしエンテロノンR散の副作用は全く起きないわけではありません。注意すべき点は2つあります。

 

 

1つは服用量を超えて飲んでしまうと、善玉菌優位になりすぎて便が柔らかく、軟便あるいは下痢などを引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

またエンテロノンR散は牛乳の成分が含まれるため牛乳アレルギーの方は服用すると蕁麻疹や息苦しさを生じてしまいます。牛乳を飲むとお腹が緩くなる方は控えるようにしましょう。

 

 

基本的に乳酸菌ですので副作用の心配はほとんどありませんが用法用量はしっかりと守るようにしましょう。

 

 

エンテロノンR散の便秘への飲み方について

 

 

エンテロノンR散で便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

 

①1日3回(1回1包)毎食の後に服用するようにしましょう。

 

 

②食前に服用してしまうと、胃酸の影響を受けやすくなり、エンテロノンR散の効果が弱くなってしまいます。

 

 

③服用するときはそのまま食べても構いませんし、飲み物に溶かして一緒に服用しても大丈夫です。※粉末状になっていますが、味はヨーグルト風味でおいしく食べられます。

 

 

④エンテロノンR散は最低でも1週間は服用していきましょう。それでも便秘が解消されない場合には服用は控えましょう。

 

 

⑤便秘に効果がある場合には予防も兼ねて飲み続けることが可能です。

 

以上がエンテロノンR散の便秘への飲み方についてです。

 

 

ただエンテロノンR散は抗生物質と一緒でなければ処方されることが一般的で、便秘解消のために処方する病院は限られています。そのためなかなか使用することができないの場合があります。

 

 

その時にはエンテロノンR散に近いビオフェルミン細粒が市販で購入できますのでおすすめです。

 

 

 

会社:ビオフェルミン製薬

 

値段:45g734円

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

用法用量:1日3回(1回1g)毎食の後に服用していきます。

 

 

抗生物質への耐性がないだけでビオフェルミン細粒もしっかりと腸まで届いて便秘を解消することができます。またフェカリス菌やアフシドフィルス菌が大腸だけでなく小腸も整腸化させていきます。

 

 

ただしビフィズス菌の配合量がエンテロノンR散の方がビオフェルミン細粒よりも多いので善玉菌を増やす点においてははエンテロノンR散の方が高いと言えます。

 

 

まずはビオフェルミン細粒を服用して、それでもダメなら病院に相談して、より強力な乳酸菌を処方してもらうことをおすすめします。

 

 

ということでエンテロノンR散と便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ