ガスコンと便秘

ガスコン錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

ガスコンの便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

ガスコン錠はキッセイ薬品工業株式会社が製造している胃腸のガスを排出させることができる消泡剤の一種ですね。薬局やドラッグストアなどでは売られておらず、胃腸科などで処方され、ガスコン錠の薬価は1錠あたり5.8円となっています。

 

 

主に胃腸のレントゲン検査や内視鏡検査の前に胃腸をキレイにするために処方されることが多いです。またシロップタイプと錠剤タイプがありますが便秘には錠剤タイプがよく処方されます。

 

そしてこのガスコンはお腹の張りや便秘に対しても効果的とされます。

 

 

ここではガスコンの便秘への効果と副作用、そして便秘を解消するための飲み方についてお伝えします。

 

 

ガスコンの便秘への効果について

 

 

ガスコン錠にはジメチコンという成分が配合されています。

 

 

ジメチコンは腸内に溜まったガスの表面張力を低下させる作用があります。表面張力が低下するとガスの気泡は弾けるようになります。

 

 

弾けたガスが血中に溶け込んだり、おならやげっぷとして排出されやすくなります。以上のように腸内のガスの泡を排出させることができます。

 

 

特に3日以上便秘であると、便が腐敗してインドールやスカトールなどの有害ガスが発生してしまいます。これらのガスはお腹の張りの原因になったり、悪玉菌を増やしてしまう作用があるため、まずはガスを排出するこが重要となります。

 

 

またガスの気泡が弾けると、それに連動してガスを排出させようとぜんどう運動が動き出し、便秘を解消させることができます。

 

 

以上のようにガスコンを服用することで便秘に対して効いていきます。特に便秘でガス溜まりや腹部膨張に悩まされている方には効果的とされます。

 

 

ただし通常の腸の運動が鈍くなる弛緩性便秘や直腸内に便が溜まってしまった直腸性便秘には市販の便秘薬を服用する方が良いでしょう。

 

 

ガスコン錠の効き目の時間

 

 

ガスコン錠を服用することでどれくらいで効くのかというと

 

 

・服用から15分~45分以内には腸内のガスの気泡がはじけていきます。

 

 

・服用から2~3時間後にはおならとしてガスが排出されていき、おなかの張りも解消されていきます。

 

 

・それに連動して、早いと3~4時間後に便意が感じられます。また遅くとも服用から1~2日以内には便意を感じます。

 

 

以上のようにガスコン錠は腸を直接刺激はしませんが、便秘に対しての即効性が高いとされます。

 

 

ガスコン錠の副作用について

 

 

ガスコン錠のジメチコンは体内に摂取されると、そのまま排出されるため、安全性が高く副作用が起こることはありません。

 

 

ただし稀にですが、軟便、胃の不快感、下痢、食欲不振、吐き気などが起こる可能性があるので注意してください。

 

 

もし服用後にこれらの症状があらわれた場合には数日は様子をみて、それでも起きる場合には症状を控えましょう。

 

 

ただし用法用量を守れば副作用が起こることはまずありませんので心配はいらないでしょう。

 

 

ガスコン錠の便秘を解消するための飲み方

 

 

ガスコン錠で便秘を解消するための飲み方についてですが

 

 

①1日3回(1回1錠)食間または食後に服用していきます。

 

 

②服用するときはコップ1杯の水(200ml)といっしょに飲んでいきましょう。水はしっかりと飲み切るようにしましょう。

 

 

③1週間以上服用し続けて、効果がなければガスコン錠での解消は控えるようにしましょう。

 

以上がガスコンで便秘を解消する飲み方となりますm。ただし服用方法はは症状によって変わるので医師に確認しましょう。

 

 

ガスコン錠は市販されていないので、服用したい場合には胃腸科や内科を受診して処方してもらうようにしましょう。

 

 

また市販ではガスコン錠とほとんど同じ効果が期待できるものとして小林製薬のガスピタンaというものがあります。

 

 

製薬会社:小林製薬

 

有効成分:ジメチルポリシロキサン ビフィズス菌

 

値段:18錠入りが1050円

 

用法用量:1回1錠を食前や食間に1日3回飲む

 

ガスピタンaは消泡成分のジメチルポリシロキサンが腸内のガスを吸収します。ガスコンは気泡を弾いておならを出しやすくしますが、ガスピタンはガスを消失させるのでおならも出しません。

 

 

またガスピタンには乳酸菌(ビフィズス菌)も配合されているため腸内環境を整える期待が持てます。そのため便秘を解消という点では正直ガスコンよりもガスピタンaの方がおすすめですね。

 

 

ガスコンは胃腸科で処方してもらえるので、使用したい場合には胃腸科を受診するようにしましょう。ということでガスコン錠と便秘についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ