ファスコン整腸錠プラスと便秘

ファスコン整腸錠プラスの便秘への効果と副作用、飲み方!

ファスコン整腸錠プラスの便秘への効果と副作用、飲み方!

 

 

 

ファスコン整腸錠プラスは京都薬品工業が製造している整腸剤で4つの乳酸菌が配合されており、これらが便秘に対して効いていきます。

 

 

このファスコン整腸錠プラスは成分上は実はあのビオフェルミンよりも効果的とされます。

 

 

ここではファスコン整腸錠プラスの便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ファスコン整腸錠プラスの便秘への効果

 

 

ファスコン整腸錠プラスにはビオナットミン、フェカリス菌、アシドフィルス菌、ビフィズス菌の4種類の乳酸菌が配合されて整腸作用になります。

 

 

①ビオナットミン

 

 

ビオナットミンというのは納豆菌の一種で他の整腸剤には一切含まれないファスコン整腸錠プラス独自の成分とされています。

 

 

この納豆菌は善玉菌のエサとなるため間接的に善玉菌を増やして腸内環境を整えることができます。

 

 

②フェカリス菌

 

 

フェカリス菌はラクトミンの一種で、小腸に運ばれることで腸内細菌の集合体である腸内菌叢を整える働きがあります。

 

 

腸内菌叢が乱れていると固すぎた便ができて便秘になったり、逆に便が柔らかくなりすぎてしまい軟便になることもあります。

 

 

もし便秘になったり、軟便になっている場合には特に小腸の腸内菌叢が乱れている可能性があるので注意してください。

 

 

③アシドフィルス菌

 

 

アシドフィルス菌もフェカリス菌と同様にフェカリス菌の一種で、小腸の悪玉菌を減らす働きを持っています。

 

 

善玉菌を増やすのではなく、悪玉菌を減らすことでも腸内細菌のバランスを安定させ整腸作用を促すことができます。特に悪玉菌は溜まった便を腐敗させて腐敗ガスを発生させてしまい.、お腹の張りなどを引き起こしてしまいます。

 

 

④ビフィズス菌

 

 

ビフィズス菌は大腸に届けられるとそのまま善玉菌として働くため、最も整腸効果のある乳酸菌として知られます。

 

 

ビフィズス菌とビオナットミンの2つの成分が大腸内の善玉菌を増やすのですが、善玉菌が増えると酢酸と乳酸という物質が発生します。するとこれらが大腸の腸壁を刺激することで便意を促すことができます。※乳酸菌を摂取するとお腹がポコポコするのは乳酸と酢酸によるものです。

 

 

以上の4つの乳酸菌がファスコン整腸錠プラスに配合され便秘を解消します。

 

 

またファスコン整腸錠プラスは添加物に無水リン酸水素カルシウム、沈降炭酸カルシウムのふたつが配合されています。

 

 

そしてこれらは乳酸菌を胃酸から守る働きを持っています。胃酸は乳酸菌を壊してしまうので、しっかりと4つの乳酸菌がしっかりと腸に届けられます。

 

 

ファスコン整腸錠プラスはビオフェルミンよりも優秀?

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2~4日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

最も有名な整腸剤のビオフェルミンはファスコン整腸錠プラスと同じくフェカリス菌、アシドフィルス菌、ビフィズス菌が含まれています。

 

 

しかしファスコン整腸錠プラスの方がビオナットミン、無水リン酸水素カルシウム、沈降炭酸カルシウムが含まれるので乳酸菌の種類ではビオフェルミンを上回っていると言えます。

 

 

ただその分値段はファスコン整腸錠プラスの方が高いです。

 

 

・ファスコン整腸錠プラスが1598円/160錠

 

・新ビオフェルミンS錠が930円/130錠

 

 

ファスコン整腸錠プラスの効き目

 

 

ファスコン整腸剤プラスを服用することでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

 

・善玉菌は服用からおよそ4時間後には増え始めます。そして早いと酢酸と乳酸がその時点で便意を促す場合があります。

 

 

・また整腸作用としてはおよそ3日間服用することで完全に整っていきます。

 

 

・そして早いと3日目、遅くとも4日目、5日目には理想的な便が形成されることによって便秘を解消されると期待できます。

 

 

ファスコン整腸錠プラスの副作用について

 

 

ファスコン整腸錠プラスは整腸剤のため、副作用が起こるということはほとんどありません。

 

 

ただし、服用量が多いと軽い腹痛、下痢になる可能性があります。ただしそこまで心配はいりません。

 

 

また乳酸菌が体に合わないと皮膚の発疹、発赤があらわれることがあります。この症状があらわれたらすぐに服用は中止するようにしましょう。

 

 

ファスコン整腸錠プラスの飲み方について

 

 

ファスコン整腸錠プラスで便秘を解消する場合の飲み方ですが、

 

①1日3回(1回3錠)食後に服用するようにしましょう。

 

 

②食前に服用すると胃酸の影響を受けやすくなるので注意してください。食事が終わってから30分以内には飲みましょう。

 

 

③服用するときはそのままかじっても、ヨーグルト風味でおいしく食べれます。そのまま食べない場合には水と一緒に飲みましょう。

 

 

③1週間は継続して服用しても効果がない場合にはファスコン整腸錠プラスでの便秘解消は控えるようにしましょう。

 

以上がファスコン整腸錠プラスの飲み方についてでした

 

 

ファスコン整腸錠プラスの成分は市販の中でもトップクラスに優秀で極めて高い効果が得られる期待が持てるので是非試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ということでファスコン整腸錠プラスと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ