便秘とサトラックス

サトラックスの便秘への効果と副作用、飲み方について!

サトラックスの便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

サトラックスは佐藤製薬株式会社の植物性便秘薬で、便秘や、便秘に伴う吹き出物、腸内膨張に対して効いていきます。

 

 

 

 

中身はこのように顆粒状になっており、水と混ざることで腸内で膨れ上がるのが最大の特徴です。薬局やドラッグストアでも売られており、値段は80包(40日分)で3200円となっています。

 

 

ここではサトラックスの便秘への効果と副作用、そして飲み方の注意点についてお伝えしたいと思います。

 

 

サトラックスの便秘への効果

 

 

サトラックスの有効成分にはプランタゴ・オバタ種子とセンナ実の2つのみが配合されており、これらが便秘に効いていきます。

 

 

①プランタゴ・オバタ種子

 

 

プランタゴ・オバタ種子はオオバコ科の植物で、漢方薬としてもよく使われていますが、食物繊維が豊富に含まれています。

 

 

特別な食物繊維で水分と一緒に摂取することで、約30倍に膨れ上がり便を大きくさせ、また詰まった便を押し出す作用が働きます。

 

 

こんにゃくやわかめなどに含まれる水溶性食物繊維も同じ働きがありますがプランタゴ・オバタ種子の方がより大きく膨らむため、便秘には効果的です。

 

 

②センナ

 

 

センナという植物からとれる生薬のことで、便秘薬にはよく配合されています。

 

 

このセンナが大腸に運ばれることで、レインアンスロンという物質に変化して、大腸の粘膜を分泌させることで大腸の運動を活発にします。センナはコーラックなどの有効成分であるビサコジルと違い生薬であるため、より自然に近い排便を促すことができます。

 

 

また粘膜と一緒に腸壁にこびりついた宿便を剥がれ落とすことができます。

 

 

またセンナは大腸が溜まった便の水分を吸収するのを防ぐ働きも持っています。これにより便は固くならず、柔らかい状態を維持させることができます。

 

 

以上のようにサトラックスはセンナとプランタゴ・オバタ種子によって便秘を解消します。特に腸の動きが鈍くなった弛緩性便秘、また便が小さい、コロコロしているなど食物繊維の不足による便秘に対して効いていきます。

 

 

ただし便秘と下痢が繰り返すような痙攣性便秘には逆効果なので注意してください。

 

 

サトラックスの効き目について

 

 

サトラックスを服用してどれくらいで排便作用を促すことができるのかというと、

 

 

・まずセンナが腸壁を刺激して、便を押し出すぜんどう運動がおよそ8~12時間後に促されていきます。

 

 

・またプランタゴ・オバタ種子は通常の食べ物のように消化されおよそ48~72時間後に便となり、自然な排便作用を促してくれます。

 

 

以上のようにサトラックスは便秘に対して効いていきます。

 

 

便秘を解消された後も、サトラックスのプランタゴ・オバタ種子は本来の自然な腸の運動を取り戻すことができます。

 

 

サトラックスの副作用について

 

 

サトラックスは生薬と食物繊維によって排便を促すため、副作用が起こるということはほとんどありません。ただし服用量が多いと腹痛、吐き気、嘔吐、下痢などの胃腸系の副作用が起こる場合があります。

 

 

多少な腹痛であればそこまで心配はないですが、激しい副作用が出た場合には服用は控えましょう。

 

 

また生薬が体に合わないとアレルギー反応として皮膚のかゆみ、発疹、発赤などの症状を起こす場合があります。もし皮膚に異常を感じた場合には服用はすぐに中止して下さい。

 

 

また妊婦さんや授乳中の方は一度医師か薬剤師に相談するようにしましょう。

 

 

サトラックスの飲み方について

 

 

サトラックスで便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

 

①1日2回(1回1~2包)空腹時に服用していきます。1度服用した場合には次に服用する時は4時間後にしましょう。

 

 

また就寝前に服用することで朝起きたときに排便できて朝の排便リズムを作り出すことができるのでおすすめです。

 

 

②服用するときはコップ1杯(200ml)の水か白湯と混ぜて飲みましょう。※飲むときはかまずに飲むようにしましょう。

 

 

また水分はプランタゴ・オバタ種子を膨らませるのでしっかりと200ml飲み切るようにしましょう。

 

 

③最初の2日間は1回あたり1包を服用するようにして、3日目から1回あたり2包にして服用量を増やしていきましょう。

 

 

③1週間服用しても効果がない場合にはサトラックスでの便秘解消は控えるようにしましょう。

 

以上がサトラックスによる便秘解消の飲み方です。

 

 

自然な排便作用と食物繊維が不足している方にはサトラックスは非常におすすめですので、試してみてください。

 

 

サトラックスと同じ効き目の市販薬

 

 

サトラックスは成分上、市販の新ウィズワンとほとんど同じです。

 

 

会社:大正製薬

 

成分:プランタゴオバタとセンナ

 

効果:便秘には服用から4時間ほどで効く

 

その他、肌あれ、吹出物、頭痛、のぼせ、食欲不振

 

値段:48日分で2480円

 

副作用:軽い腹痛 軽い下痢

 

 

もしお店にサトラックスがなければ新ウィズワンであれば同じ効果が期待できるので、試してみましょう。※市販ではサトラックスよりも新ウィズワンの方が置いてあります。

 

 

ということでサトラックスと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ