便秘薬とコーラックハーブ

コーラックハーブの便秘への効果と副作用、飲み方!

コーラックハーブの便秘への効果と副作用、飲み方!

 

 

 

コーラックハーブは大正製薬が製造している便秘薬で生薬によって排便を促し便秘を解消します。特にコーラックシリーズの中でもお腹にやさしく、自然に近い腸の運動が促されるのが特徴とされます。

 

 

薬局やドラッグストアでも売られており、値段は21錠(21日分)で約600円と値段も手ごろになっています。

 

 

ここではコーラックハーブの便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

コーラックハーブの便秘への効果

 

 

コーラックハーブにはセンノシドと甘草エキス末が有効成分として、配合されており、これらが便秘に対して効いていきます。

 

 

センノシド

 

 

センノシドはセンナの実から抽出された刺激成分です。このセンノシドは腸に運ばれるとレインアンスロンという成分に変わります。

 

 

するとレインアンスロンが大腸を刺激することで、便を押し出すぜんどう運動が活発になることによって、排便を促していきます。

 

 

またセンノシドは腸内に水分を集める働きもあるため、便に水分を含ませることによって、便を柔らかくして自然に近い便意を催します。

 

 

ビサコジルとは違い、生薬によって自然な腸の運動も取り戻すことができて、さらに副作用も少ないとされています。

 

 

コーラックハーブの他にセンノシドを配合した便秘薬にはプルゼニド錠、市販の便秘薬ではスルーラックSが挙げられます。

 

プルゼニド錠

 

会社:ノバルティス ファーマ株式会社

 

成分:センノシド

 

値段:1錠あたり5.6円

 

服用方法:就寝前に1回1錠を水と一緒に飲んでいきます。

 

 

会社:ゼリア新薬

 

有効成分:センノシド

 

値段:40錠入り661円

 

服用法:1日1回(1~3錠)を就寝前に服用していきます。

 

 

もし市販にコーラックハーブがなければ同じ成分のあるスルーラックSを服用することをおすすめします。

 

 

甘草エキス末

 

 

甘草エキス末は生薬の甘草から抽出された成分であり、センノシドによる腸への刺激を抑える働きがあります。

 

 

これによりコーラックハーブを服用しても腹痛や下痢などが起こるのを防ぐことができるとされています。

 

 

以上のようにコーラックハーブは通常のコーラックよりも副作用が少なく自然に近い排便作用を促すことができる便秘薬となっています。

 

 

特に腸の運動が鈍くなっている弛緩性便秘や直腸内で硬い便が溜まっている直腸性便秘に効いていきます。

 

 

しかし便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘に対しては逆効果とされますのでご注意ください。

 

 

コーラックハーブの効き目について

 

 

コーラックハーブの効き目としては服用からおよそ8~12時間程度ほどで便意を感じることができます。

 

 

就寝前にコーラックハーブを服用しますが、朝起きたと同時に便意を催すように設定されており、朝の排便のリズムを作り出すことができます。

 

 

通常のコーラックは服用から2~4時間なので即効性は落ちますが、副作用も少なく自然な排便を促すことができます。

 

 

またほとんどが3日以内には排便することが可能となっています。ただし1週間服用しても効果がない場合には効果は期待できないでしょう。

 

 

コーラックハーブの副作用について

 

 

コーラックハーブは生薬によって痛みが抑えられていますが、全く副作用が起こる心配はないとはいいきれません。

 

 

コーラックハーブで起こる可能性のある副作用としては胃もたれ、胃痛、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐などが多いです。軽い腹痛程度であれば、気にする必要はありませんが、嘔吐や激しい腹痛に襲われるのであれば、服用は控えましょう。

 

 

また生薬が体に合わなければアレルギー反応として肌のかゆみ、発疹、発赤などが生じる場合があります。この場合にはすぐに服用を控えましょう。

 

 

ただし、コーラックハーブによる副作用の報告例はほとんどないため、服用量を守れば心配はいらないでしょう。ただ妊婦さんや授乳中の方が服用する場合には必ず薬剤師さんか医師に確認しましょう。

 

 

コーラックハーブの飲み方について

 

 

コーラックハーブによって便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

 

①1日1回(1回1~2錠)就寝前に服用していきます。いきなり2錠服用すると腹痛になる可能性があるので注意してください。

 

 

②服用するときはコップ1杯の水かお湯と一緒に飲みましょう。水をしっかりと飲まないと胃もたれなどを起こしやすくなるので、水は飲みきるようにしましょう。

 

 

③もし翌朝に排便がなければ服用量を2錠に増やしましょう。

 

 

④最低1週間服用しても効果がなければコーラックハーブでの解消はあきらめましょう。

 

以上がコーラックハーブの飲み方についてです。

 

 

普通のコーラックは即効性重視でとりあえず溜まった便を出すのに効果的ですが、使用する度にと腸の自然な運動が失われる危険性はあります。

 

 

しかしコーラックハーブであれば、逆に自然な腸の運動、リズムを作り出すことができます。通常のコーラックよりもおすすめですので是非試しみてはいかがでしょうか。

 

 

ということでコーラックハーブと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ