ラックビーR

ラックビーRの便秘への効果と副作用、飲み方について!

ラックビーRの便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

ラックビーRは興和株式会社が製造している粉末タイプの整腸剤です。薬局やドラッグストアなど市販はされておらず、病院でのみ処方されます。ラックビーRの薬価は1gあたり6.20円です。

 

 

ラックビーRの中身というのは白い粉末状になっています。そのまま食べることがてきで味はほんのりと甘く、ヨーグルトのような味わいが特徴的です。

 

 

主にラックビーRは抗生物質と一緒に処方されます。※抗生物質を服用すると副作用として乳酸菌を死滅させてしまうのですが、それを予防するために処方されてます。

 

 

また便秘を解消するためにラックビーRが処方される場合があります。特に便秘の入院治療で患者さんに処方されることが多いです。※その他にも下痢、軟便、お腹の張りなどにも効果的です。

 

 

ここではラックビーRの便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ラックビーRの便秘への効果

 

 

ラックビーRには耐性乳酸菌(ビフィズス菌)という有効成分が配合されており、これが整腸作用があり、便秘を解消する効果があります。

 

 

ヨーグルトや市販の整腸剤の乳酸菌は胃酸によって死滅してしまうのですが、ラックビーRの乳酸菌は胃酸に強く、しっかりと腸まで届けられます。そしてビフィズス菌が大腸まで送り届けられることで、そのまま善玉菌となることで腸内環境を整えることができます。

 

 

腸内環境が整うことでバナナのように柔らかく、大きな便を形成することができます。

 

 

またビフィズス菌が善玉菌になると乳酸と酢酸が分泌されはじめます。これらの物質が分泌されると大腸の腸壁を刺激して自然な排便作用を促すことができます。※乳酸菌を服用するとポコポコお腹が鳴るのもこの乳酸と酢酸によるものです。

 

 

以上のようにラックビーRは便秘に対して効果があるとされます。特に腸の動きが鈍くなった弛緩性便秘や直腸に便が溜まった直腸性便秘に対して効果的です。

 

 

ラックビーRの効き目について

 

 

ラックビーRは便秘にどれくらいで効くのかというと、

 

 

・服用からおよそ4~6時間後で善玉菌が増えて整腸化されます。

 

・そして7時間~8時間後には乳酸と酢酸が増え始めて、便意を感じる場合があります。

 

・そして服用から48時間~72時間後には善玉菌は腸に溜まった黒く、固い便を柔らかくしていき、腸の自然な運動で便秘を解消されます。

 

 

刺激性下剤は1~2時間で効きますが、ラックビーRも即効性が期待できます。さらに本来の腸の運動を取り戻し、根本的に便秘を解消することができます。

 

 

ラックビーRの副作用について

 

 

ラックビーにはビフィズス菌しか配合されていないので、副作用が起こるということはほとんどありません。妊娠中の方でも問題服用できます。

 

 

ただし服用量が多いと下痢や軟便などの副作用に襲われてしまう可能性があるので注意してください。

 

 

また牛乳と一緒に服用するとアレルギーを起こしてしまう方が服用すると発疹や発赤、呼吸困難に陥る可能性があるので注意してください。

 

 

もし使用中に異変を感じた場合には服用は控えるようにして、処方してくれた医師に相談するようにしてください。

 

 

ラックビーRの服用方法について

 

 

ラックビーRで便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

 

①1日3回(1回1包)食後に3回服用していきます。ラックビーRは耐性乳酸菌なので大丈夫ですが食前に服用すると胃酸の影響が受けやすいので整腸剤は必ず食後に飲みましょう。

 

 

②服用するときはそのまま食べても構いませんし、お湯に溶かして飲んでも構いません。ただし牛乳と一緒には飲まないようにしましょう。

 

 

③医師に指示された期間は服用するようにしましょう。個人差はありますがおよそ1週間ほどは服用します。効果がなければ服用は控えましょう。

 

 

以上がラックビーRの便秘への飲み方についてです。

 

 

ラックビーRは耐性乳酸菌ですので通常の整腸剤よりも効き目が高いので、ぜひ試してみてください。

 

 

病院で処方してもらう必要がありますが、ただ便秘を解消するためだけであれば、ラックビー微粒Nの方が処方されることが多いでしょう。

 

 

 

会社:興和株式会社

 

薬価:1gあたり6.2円

 

成分:ビフィズス菌

 

用法用量:1日3回(1回あたり1~2g)を食後に飲んでいきます。

 

成分がビフィズス菌であることは変わりないのですが、ラックビー微粒Nには耐性がありません。しかしそれでも腸に届いて便秘には効果が得られるでしょう。

 

 

ちなみに配合されているビフィズス菌自体は市販の新ビオフェルミンS錠と同じですので、そちらをまず試してみるのもよいでしょう。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

有効成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

値段:540錠3150円

 

用法用量:1日に3回食後に1回あたり9錠飲む

 

 

ただし効き目としては耐性があるラックビーRの方が上であると言えますが、新ビオフェルミンS錠を試していないのであれば、ラックビーRよりも前に試してみることをおすすめします。

 

 

ということでラックビーRと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ