ヤクルトBL整腸薬と便秘

ヤクルトBL整腸薬の便秘への効果と副作用、飲み方!

ヤクルトBL整腸薬の便秘への効果と副作用、飲み方!

 

 

 

ヤクルトBL整腸薬は乳酸菌飲料でおなじみのヤクルトが製造している便秘や軟便、腹部膨張に効果がある整腸剤の一種です。

 

 

またヤクルトBL整腸薬には錠剤タイプとスティックタイプの2種類があるのですが、

 

 

・錠剤タイプはそのまま食べることができてイチゴ味になっています。値段は108錠で1650円となっています。

 

 

・スティックタイプは生後3か月の乳幼児から服用することができて、ヨーグルト風味で、飲み物や食べ物に混ぜることができて飲みやすいです。36包で1900円となっています。

 

 

また成分上は錠剤タイプの方が優秀とされるため、より効果がある方を試したい方は錠剤のヤクルトBL整腸薬S錠をおすすめします。

 

 

ここではヤクルトBL整腸薬S錠の便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ヤクルトBL整腸薬の便秘への効果

 

 

ヤクルトBL整腸薬にはビフィズス菌、カゼイ菌、カルニチン塩化物の3種類の成分が配合されており、これらが便秘に効いていきます。

 

 

ビフィズス菌

 

 

ビフィズス菌は大腸まで運ばれることで増殖してそのまま善玉菌として働くため、腸内環境を整えていきます。腸内環境が整うと便が柔らかくなり排便されやすくなります。

 

 

最も整腸効果が期待できるとされ、ビオフェルミンやその他の整腸剤によく配合されている乳酸菌と言えます。

 

 

またビフィズス菌が善玉菌に変わると、乳酸と酢酸が発生します。これらはポコポコと音をたてながら大腸を刺激して自然な排便を促していきます。

 

 

カゼイ菌

 

 

カゼイ菌は小腸まで運ばれると増殖して、腸内菌叢(腸内フローラ)を増やす働きを促して、腸の消化吸収力を向上させます。

 

 

このカゼイ菌は乳酸菌飲料のヤクルトにも含まれる独自の乳酸菌なため、他の整腸剤や飲み物では摂取できない乳酸菌です。

 

 

カルニチン塩化物

 

 

カルニチン塩化物は消化管の機能を向上させる働きがあるため、便通を整える効果もあります。また消化不良などの胃のトラブルに対して効いていきます。

 

 

※カルニチン塩化物はスティックタイプのヤクルトBL整腸薬には配合されていません。

 

 

以上の3つの成分によってヤクルトBL整腸薬は便秘を解消する効果が得られるとされます。

 

 

ヤクルトBL整腸薬の効き目

 

 

ヤクルトBL整腸薬を服用することでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

 

・服用からおよそ4時間後には善玉菌が増え始めます。するとその時点で便意を感じる場合があります。

 

 

・また腸内環境が完全に整うのはおよそ3日~4日で整腸作用が促されます。

 

 

・そして4日目以降から便が柔らかくなり、腸管の機能も上がり、自然な便意を感じることで便秘を解消することができます。

 

 

・カルニチン塩化物による消化不良の改善は2~3日で改善されていきます。

 

 

以上のようにヤクルトBL整腸薬は便秘に対し効いていきます。時間は下剤のように即効性はありませんが根本的に便秘を解消できます。

 

 

ヤクルトBL整腸薬の副作用

 

 

ヤクルトBL整腸薬は乳酸菌によるものなので、副作用が起こることはほとんどありません。

 

 

ただし牛乳などにアレルギーがある方が服用すると皮膚の発疹、発赤、下痢などの副作用が起こる可能性があります。

 

 

もしこれらの副作用が起こった場合や服用後に違和感を感じた場合には服用を控えるようにしましょう。

 

 

ただ子供でも服用できる整腸薬ですのでそこまで心配はないでしょう。

 

 

ヤクルトBL整腸薬の飲み方について

 

 

ヤクルトBL整腸薬で便秘を解消したい場合には

 

 

①1日3回(1回3錠)食後に服用していきます。

 

 

食前に服用すると胃酸の影響を受けやすくなり、乳酸菌が死滅してしまうため効き目が落ちてしまうので注意してください。

 

 

②服用するときはそのままかじって食べても大丈夫ですし、水と一緒に飲んでも大丈夫ですので好きに服用してください。

 

 

③もし排便があっても、下剤のように癖になるわけではないため、飲み続けることができます。

 

 

④最低でも1週間は服用していき、それでも効果がなければヤクルトBL整腸薬での便秘解消は控えるようにしましょう。

 

以上がヤクルトBL整腸薬の飲み方についてです。

 

 

ヤクルトBL整腸薬の特徴はカゼイ菌でして、もしこのカゼイ菌が腸に合えば、他の整腸剤よりも高い効果が期待できます。

 

 

ただしカゼイ菌はヤクルトBL整腸薬でなくともヤクルトで摂取することができますので、個人的にはまずヤクルトを飲むことをおすすめします。

 

 

 

もしヤクルトで解消できないのであれば、ビフィズス菌、カルニチン塩化物が配合されたスティックタイプのヤクルトBL整腸薬をおすすめします。

 

 

さらにヤクルトBL整腸薬でもダメであれば、新ビオフェルミンS錠を試してみることをおすすめします。ビフィズス菌以外にフェーカリス菌、アシドフィルス菌が配合されているのでこれらが効く可能性が高いです。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

有効成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

値段:540錠3150円

 

用法用量:1日に3回食後に1回あたり9錠
そのまま食べても、水と一緒に飲んでも可

 

 

とりあえず乳酸菌飲料のヤクルトで1週間便秘解消にチャレンジしてみましょう。
ということでヤクルトBL整腸薬と便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ