シンラック液と便秘

シンラック液の便秘への効果と副作用、飲み方について!

シンラック液の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

シンラックは岩崎製薬株式会社が製造している大腸を刺激して便秘を解消するタイプの便秘薬です。シンラック液の味はほんのりと甘いため、子供でも飲みやすくなっています。

 

 

主に腸の自然な排便運動が低下してしまった弛緩性便秘に対して処方される薬で、薬局やドラッグストアでは販売されておりません。

 

 

またシンラックは内用液タイプと錠剤タイプのものも存在します。

 

 

効果自体は全く変わりませんが、内用液タイプがほとんど処方されます。薬価は内用液は1mlあたり9.80円、錠剤は1錠あたり6.50円です。※便秘薬の中ではとても安い部類に入ります。

 

 

ここではシンラック液の便秘への効果と副作用、そして便秘への飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

またシンラック液と同じ効き目のある市販薬もございますので、最後にそちらを紹介したいと思います。

 

 

シンラック液の便秘への効果

 

 

シンラック液にはピコスルファートナトリウム水和物という成分が配合されていることで、便秘に対して効いていきます。

 

 

具体的にはシンラック液を服用してピコスルファートナトリウム水和物が溶け出し大腸まで運ばれることによって、2つの働きを促されます。

 

 

①ピコスルファートナトリウム水和物が大腸に到着すると腸内細菌によって分解され、ジフェノール体となり、これが大腸の粘膜を刺激します。そして便を押し出すぜんどう運動を促していきます。

 

 

②大腸に運ばれた内容物の水分が吸収されるのを防ぐ働きを持っています。
これにより便が柔らかいまま大腸を通り、自然な腸の運動を取り戻すこともできるとされます。

 

 

※ちなみに大腸の滞在時間が長いほど、水分が吸収されて便が固くなり、
大腸の滞在時間が短いほど、下痢になってしまいます。

 

 

以上のようにシンラックを服用することで便秘が解消されていきます。特に腸の運動が鈍くなる弛緩性

 

 

シンラックの効き目について

 

 

シンラック液、シンラック錠を服用することでどれくらいで便意を感じてくるのかというと、およそ7~12時間ほどとされます。

 

 

就寝前に服用していくことで、朝起きたときに排便できるように設定され、
これによって朝の排便リズムを取り戻すことができます。

 

 

即効性が高いのですが、コーラックなどのように激しく腸を刺激しませんので、自然に近い排便作用を促すことができます。

 

 

シンラックとラキソベロンについて

 

 

またシンラック内用液はラキソベロン液のジェネリック薬品(後発品)とされています。※その他ラキソベロン液の後発品にはヨーピス内用液、ラキソデート内用液などがあります。

 

 

 

会社:帝人ファーマ

 

値段:10gで約600円

 

成分:ピコスルファートナトリウム

 

飲み方:1日1回就寝前に10~15滴をコップ1杯の水と一緒に服用

 

 

基本的に配合成分が同じなためシンラックもラキソベロンも効果や副作用、飲み方は全く同じとされます。

 

ただし病院では先発品であるラキソベロン液の方がやはりよく処方されます。

 

 

シンラック液の副作用について

 

 

シンラック液は子供や妊婦さんでも服用できる安全性の高い便秘薬ですので、副作用が起こることはほとんどありません。ただし稀にですが以下のような副作用が起こる可能性があります。

 

 

・腹痛、腹部膨張、胃もたれ、吐き気、下痢

 

 

用法用量を守ればほとんど起きることはないとされます。ただし服用後に違和感を感じた場合には服用は控え、医師に確認しましょう。

 

 

シンラック液の飲み方について

 

 

シンラック液で便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

 

①1日1回(1回10~15滴)就寝前に服用していきます。
はじめて服用する場合には10滴からはじましょう。

 

 

②飲むときはコップ1杯の水に混ぜて飲んでいきます。またコップの水が大腸内の水分になるのでしっかりと飲み干すようにしましょう。

 

 

③翌日に排便があれば、シンラックでの便秘解消は一時中断して自然な排便ができるか確認してみましょう。

 

 

④もし翌日に効果がなければ、また就寝前に服用しますが、今度は1滴多くして11滴で試してみましょう。

 

 

⑤そしてそれでも効果がなければまた1滴ずつ足しましょう。上限は15滴までです。

 

 

⑥1週間服用しても効果がなければシンラック液の服用は控えましょう。

 

以上がシンラック液の飲み方についてでした

 

 

シンラックは即効性が高いながらも安全性も高いおすすめの便秘薬です。
服用したい場合には便秘外来や胃腸科をまずは受診しましょう。

 

 

シンラック液と同じ効果のある市販薬 

 

 

また市販の便秘薬でもシンラック液と同じ効果のあるものがひとつだけあります。それはピコラックス錠という便秘薬です。

 

 

会社:佐藤製薬

 

値段:50錠777円

 

成分:ピコスルファートナトリウム

 

飲み方:1日1回(2錠~3錠)就寝前に水と一緒に飲んでいきます。

 

シンラック液と同じくピコスルファーストナトリウムによって便秘を解消します。もし病院を受診せずにシンラック液と同じ効果のある便秘薬を使用したいのであれば、こちらのピコラックス錠を服用しましょう。

 

 

ということでシンラック液と便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ