ラクツロースと便秘

ラクツロースの便秘への効果と副作用、飲み方について!

ラクツロースの便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

ラクツロースは興和創薬が製造している飲み薬で、血液中のアンモニアを減らす効果があり高アンモニア血症の治療に用いられます。中身は薄黄色い液体状になっています。

 

 

ラクツロースは具体的な製品例ではモ二ラックシロップがあります。市販やドラッグストアには売られておらず、病院で処方してもらうことで使用できます。※ラクツロースの薬価は1mlあたり5.8円です。

 

 

このラクツロースは乳酸菌を増やすことでアンモニア産生菌という悪玉菌を減らすことでアンモニアを減少させる効果があります。

 

 

そしてラクツロースは便秘を解消する効果も持っています。ここではラクツロースの便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

ラクツロースの便秘への効果

 

 

そもそもラクツロースは人工的に作られた糖類のことです。そしてこのラクツロースは便秘に対して2つの働きを持っています。

 

 

①整腸作用

 

 

ひとつは冒頭でも述べたようにラクツロースを服用することで腸内の乳酸菌を増やす働きがあり、悪玉菌を減らす効果があります。

 

 

悪玉菌が減ることで、善玉菌とのバランスが保たれ、腸内環境を整ることができます。整腸作用によって便が柔らかく、しっかりとした便が形成されます。また悪玉菌が減ることで悪臭の腐敗ガスも分泌されることがなくなります。

 

 

また乳酸菌が増えることで乳酸と酢酸も作り出されます。これらの成分は大腸の腸壁に刺激を与え、自然な排便作用が促されていきます。※お腹がポコポコと動き出すのはこの乳酸と酢酸によるものです。

 

 

②水分を増やす

 

 

そしてラクツロースは浸透圧に影響を与え、大腸内の水分を増やす働きがあるため、固くなった便を柔らかくして便通を通りやすくする働きがあります。

 

 

また大腸内に水分が浸透することによって宿便を落とすこともできます。ラクツロースと同じように水分を集める便秘薬としては酸化マグネシウムが挙げられます。市販では3aマグネシアがあります。

 

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分;酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

用法用量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

 

以上のようにラクツロースを服用することで整腸作用と水分を増やす働きによって便秘を解消します。

 

 

特にラクツロースは腸の動きが鈍くなった弛緩性便秘、そして直腸内で固い便が溜まってしまった直腸性便秘に対して効果があるとされます。

 

 

ただし便秘と下痢を繰り返してしまう痙攣性便秘には逆効果の場合があるので注意するようにしてください。

 

 

またラクツロースは血液中のアンモニアを減らすことによって肝臓機能を向上させる働きを持っています。肝臓機能が向上すると体内の毒素が排出されるようになり、自然な排便作用を取り戻すことが可能となります。

 

ラクツロースの効き目

 

 

ラクツロースを服用することでどれくらいで便秘に対して効いてくるのかというと

 

 

およそ7~12時間後とされます。水分が浸透することで便が柔らかくなり便を押し出すぜんどう運動が活発になります。

 

 

・また腸内環境はおよそ2~3日ほどで整っていき、それ以降は理想的な便が形成されていきます。

 

 

それ以降は根本的に便秘が解消され、ラクツロースを服用せずとも自然に排便作用が促されていきます。

 

 

ラクツロースの副作用

 

 

ラクツロースの副作用についてですが、元々は糖分であるので安全性が高く副作用が起こることはほとんどありません。

 

 

ただし服用量が多いと、軽い腹痛、軟便、下痢などの副作用が起こることがあるので飲みすぎには注意してください。

 

 

その他の副作用には稀ですが悪心、むかつき、食欲不振などがあります。※これらの副作用が起こる確率は1%以下とされます。

 

 

子供の便秘薬としても処方されるので、副作用の心配はほとんどいらないでしょう。

 

 

ラクツロースの飲み方

 

 

ラクツロースで便秘を解消する場合の方法ですが、

 

 

①ラクツロースは1日2回朝と夕に服用していきます。1回あたり30ml~60ml飲んでいきます。

 

 

②ラクツロースを飲むときはコップ1杯の水かお湯と混ぜて飲んでいきましょう。そして水はしっかりと飲み干すことで便秘への効果が上がります。

 

※ラクツロースじたいはほんのりと甘いため飲みにくいということはありません。

 

 

③排便ができれば、ラクツロースは一旦控えるようにしましょう。

 

 

④効果がなければ、服用し続けますが、服用量を増やすかどうかは個人差があり、処方されるときに医師から説明を受けます。

 

 

⑤1週間服用しても効果がなければラクツロースでの便秘解消はあきらめるようにしましょう。

 

以上がラクツロースの飲み方についてです。

 

 

ラクツロースというのは肝臓の働きが低下気味の方で便秘を引き起こしている方によく処方されます。特に通常の便秘であれば、わざわざラクツロースが処方されることは非常に少ないと言えます。

 

 

便秘だけに対して、あまり処方されませんがどうしても服用したい場合については医師に確認してみるようにしましょう。

 

 

ということでラクツロースと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ