便秘薬とビオフェルミンR散

ビオフェルミンR散の便秘への効果と副作用、飲み方について!

ビオフェルミンR散の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

ビオフェルミンR散はビオフェルミン製薬が製造している整腸剤です。中身は顆粒状でそのまま食べてることもできます。味はヨーグルト風味でほのかに甘いです。

 

 

ビオフェルミンR散は薬局やドラッグストアでは売られておらず、病院でのみ処方されます。薬価は1gあたり6.20円となります。

 

 

ビオフェルミンR散は内科などで抗生物質と一緒によく処方されます。抗生物質には副作用として腸内細菌を死滅させてしまうのですが、ビオフェルミンR散でそれを予防します。

 

 

また便秘解消のために胃腸科で処方されることもあります。特に便秘で入院中の患者さんやお腹の張りがある方に対してよく処方されます。

 

 

ビオフェルミンR散には錠剤タイプのビオフェルミンR錠がありますが効果はどちらも同じです。R散の方が服用しやすいので子供向けによく処方されます。

 

 

ここではビオフェルミンR散の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ビオフェルミンR散の便秘への効果

 

 

ビオフェルミンR散には有効成分として耐性乳酸菌(ビフィズス菌)という乳酸菌が配合されています。

 

 

耐性乳酸菌は通常の乳酸菌よりも抗生物質や胃酸に対して耐性を持っております。これにより生きたまましっかりとビフィズス菌が届けられます。※Rは「耐性」という意味で抗生剤に対して耐性があるという意味なんです。ビオフェルミンR散の他にもラックビーR、エンテロノンR散などがあります。

 

 

大腸にビフィズス菌が届けられることによって、そのまま善玉菌として働きます。善玉菌が増えると腸内環境が整い柔らかくバナナのような便を形成できます。

 

 

また便が腐敗することもなくなり、腐敗による腐敗ガスの分泌も抑制され、それに伴うお腹の張りや腹痛を抑えることもできます。

 

 

またビフィズス菌が善玉菌になる際に、乳酸と酢酸という物質を作り出されます。これらの物質は腸壁をポコポコと音を立てて刺激していきます。すると整腸作用だけでなく大腸運動を活発にさせる作用があり便意を促していきます。

 

 

以上のようにビオフェルミンR散は便秘に対して効いていきます。特に腸の動きが鈍くなっている弛緩性便秘、お腹が張っていたり、便が臭いなどの便秘に対して効いていきます。

 

 

ビオフェルミンR散の便秘への効き目

 

 

ビオフェルミンR散は便秘に対してどれくらいで効くのかというと

 

・服用からおよそ4時間後には乳酸菌が善玉菌に変わります。それに伴い腸の運動も活発になる場合があります。

 

・また腸内環境が完全に整うのは、およそ2~3日後とされます。それから理想的な便が形成されます。

 

以上のようにビオフェルミンR散は便秘に効いていきます。下剤のように即効性があって確実に便意が起きるわけではありませんが、根本から便秘を解消できます。

 

 

ビオフェルミンでの解消を試した結果

 

 

ビオフェルミンR散は服用したことがないのですが、通常のビオフェルミンS錠での解消を試みたことがあります。※医師から勧められました。

 

 

しかし3日間服用しても効果がないので、医師からストップがかかりました。残念ながら私の場合にはあまり乳酸菌が合わなかったとのことです。

 

 

ちなみにビオフェルミンは効きませんでしたが、今ではしっかりと便秘が解消することができているので参考までに↓

 

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの

 

北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」

 

 

いままでヨーグルト、下剤、整腸剤
などの解消法にチャレンジしたけど

 

 

効果がないし下痢と腹痛ばかり・・

 

 

どうしたらいいか分かりませんでした

 

 


意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

 

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・

 

 

>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

 

 

 

ビオフェルミンR散の副作用について

 

 

ビオフェルミンR散にはビフィズス菌しか配合されていないので、副作用はほとんど起きません。ただし服用量が多い場合には下痢や軟便などの症状が起こる場合があります。

 

 

また乳酸菌が合わない場合にはアレルギーとして皮膚のかゆみ、発疹、発赤などの症状が起きる場合があります。この場合には服用を控えましょう。

 

 

しかし妊婦さんや子供でも服用できるのでほとんど心配はいらないでしょう。

 

 

ビオフェルミンR散の便秘への飲み方について

 

 

ビオフェルミンR散で便秘を解消する場合にはどのように服用するのかというと

 

 

①1日3回(1回1包)、それぞれの食後に服用するようにします。

 

 

食前に服用してしまうと胃散の影響を受けやすくなるので、必ず食後に服用するようにしましょう。

 

 

②服用するときは水と一緒に飲んでも構いませんし、そのまま食べることもできます。

 

 

③最低でも3日間は服用して、便秘に効果があれば服用を中断しても構いません。ただし予防のために毎日飲み続けても全く問題ありません。

 

 

そして1週間飲み続けても効果がない場合には便秘への効果は期待できないでしょう。

 

以上がビオフェルミンR散の便秘への飲み方とされます。

 

 

服用したい場合には胃腸科や便秘外来を受診するようにしましょう。

 

 

ビオフェルミンR散と新ビオフェルミンS錠の違い

 

 

最後にビオフェルミンR散と市販のビオフェルミンS錠ではどのように違うのかについてご説明します。

 

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

有効成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

値段:540錠3150円

 

用法用量:1日に3回食後に1回あたり9錠飲む

 

 

ビオフェルミンR散と市販のビオフェルミンS錠とどのように違うのかというと

 

 

・新ビオフェルミンS錠の成分はビフィズス菌末、フェカリース菌末、アシドフィルス菌末の3つの成分が腸内環境を整えます。

 

 

・ビオフェルミンR散の成分は耐性乳酸菌(ビフィズス菌)の1種類となっています。

 

 

どちらかが便秘に対して効果的なのか疑問に持たれますが、

 

 

基本的に乳酸菌は腸に合うものでなければ効果がなく、その種類が多いほど、効く可能性があります。その意味ではビオフェルミンS錠の方が3種類含まれているのでバランスよく腸内環境を整えることができます。

 

 

しかしビオフェルミンR散は耐性乳酸菌のため、しっかりと腸に届くのはビオフェルミンR散の方とされます。逆に新ビオフェルミンS錠は抗生剤と服用しても死滅してしまうし、胃酸の影響も受けやすいです。ですのでどちらかが効果的なのかはその人の胃酸の分泌量や腸によって変わってくるので一概には言えません。

 

 

ただビオフェルミンを試したことがないのであれば、まずは手軽に購入できる新ビオフェルミンS錠を服用してみることをおすすめします。

 

 

ということでビオフェルミンR散の便秘への効果、副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ