便秘薬とモサプリド

モサプリドの便秘への効果と副作用、飲み方について!

モサプリドの便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

モサプリドは正式にはモサプリドクエン酸塩とされており、1998年に大日本住友製薬株式会社が独自に開発した成分であり、ガスモチン錠という薬に配合されています。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず、内科や胃腸科などで処方されます。値段は1錠あたり19円とされています。

 

 

このモサプリドは胃の中に食べ物が溜まってしまうのを排出したり、逆流性食道炎、胃炎などの治療の際に処方されます。これにより胃のトラブルも併せて解決できます。

 

 

またモサプリドは便秘に対して効果的とされています。特に消化不良や吐き気などを併発している便秘に対して効いていきます。

 

 

ここではモサプリドの便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えします。

 

 

モサプリドの便秘への効果について

 

 

モサプリドを摂取するとなぜ便秘に効くのかというと、モサプリドはまず十二指腸にあるセロトニン5-HT4受容体を刺激してアセチルコリンという物質の生成を促していきます。

 

 

そしてこのアセチルコリンは胃や小腸、そして大腸の運動を運動することができ、消化管全体が活発になります。すると胃の中にある食べ物や小腸の消化物、そして大腸に溜まった便を一度に出すことができます。

 

 

便秘によって胃に食べ物が逆流してしまうと胸やけや胃痛、吐き気が起きますがモサプリドを服用することで、便秘もそれらの症状も全て解決してくれます。

 

 

以上のようにモサプリドは便秘に対して効いていきます。特に嘔吐や胸やけのする便秘、腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘に対して効果的とされます。

 

 

ただし直腸内に硬い便が詰まっている直腸性便秘や便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘に対しては逆効果となるため処方はされません。

 

 

モサプリドの便秘への効き目

 

 

モサプリドは便秘に対してどれくらいで効いてくるのかというと服用からおよそ早いと2~3日後に便意を感じます。

 

 

また胃もたれや吐き気などは服用から1~2日後には楽になっていき、1週間飲み続ければほとんどの症状は治まっていきます。

 

 

モサプリドの副作用について

 

 

モサプリドを服用することで副作用が生じてしまう場合があります。特に起こりやすいのは腹痛と下痢が挙げられます。

 

 

その他の副作用としてはだるさ、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみなどの症状が起きる可能性があります。

 

 

症状が軽度であれば飲み続けるようにしますが、症状が続く場合や症状が重い場合には服用を控えて、処方した医師に相談するようにしましょう。

 

 

ただし基本的に安全性の高い薬なので安全性は高いとされますのでそこまで心配しなくても大丈夫です。妊婦さんには処方されないことがあります。

 

 

モサプリドの便秘への飲み方について

 

 

モサプリドを配合したガスモチン錠を便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

 

①1日3回(1回1錠モサプリド15mg)を毎食の後か前に飲むようにします。

 

 

②飲む場合には水かお湯と一緒に飲んでいきます。水と一緒にしっかりと飲まないと胃が荒れるのでしっかりと飲みましょう。

 

 

③早いと1~2日で便秘が解消されますが、便秘が解消できても胃もたれや吐き気がある場合には飲み続けるようにしていきましょう。

 

 

④1週間継続しても効果がなければガスモチン錠の服用を控えましょう。

 

 

以上のようにモサプリドを便秘に対して服用していきます。

 

 

またモサプリドによって便秘が解消されたとしても、腸内細菌も一緒に出てしまうというデメリットがあります。※下痢も腸内細菌が出やすく、下痢の後は便秘になりやすいとされます。

 

 

それを補うために整腸剤も併用することをおすすめします。市販の整腸剤であれば新ビオフェルミンS錠が効果的となります。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

有効成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

値段:540錠3150円

 

用法用量:1日に3回食後に1回あたり9錠飲む

 

 

上記の飲み方を守れば基本的に高い確率で便秘や胃の症状も改善されます。

 

 

このモサプリドは『消化管運動機能改善薬』という分類されるのですが、これに該当する市販薬や他の医薬品というのはありません。

 

 

ですのでモサプリドでしか得られない効果なので他の薬で便秘を解消できなかった方は試してみる価値はあるでしょう。

 

 

胃もたれや吐き気がする際の便秘に効く方法

 

 

また便秘で且つ、吐き気や胃もたれを起こしている場合にはモサプリドを摂取するだけでなく、食事などでの解消も必要となります。

 

 

特に胃もたれや吐き気がある場合には飲み物では牛乳やココアを飲むようにしましょう。

 

 

牛乳には胃の粘膜を保護する働きがあるため、胃炎や逆流性食道炎に対して効いていきます。またココアにはリグニンという善玉菌のエサとなる特殊な栄養を含んでいるため腸内環境を整えます。

 

 

1日1~3杯飲むようにしていきましょう。また朝起きてすぐに飲むようにすると効果的とされます。

 

 

また食べ物であればクエン酸を含んだりんごや梅干しなどを食べるのが効果的とされます。

 

 

 

クエン酸は胃酸の分泌を調節して、胃の運動を活発にさせることができますので積極的に食べていきましょう。

 

 

以上のようにモサプリドだけでなく、食べ物での解消もしっかりと行っていきましょう。またモサプリドを処方してもらうために胃腸科や内科を受診して、医師にモサプリドを処方してもらえないか相談するようにしてください。

 

 

ということでモサプリドと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ