ファースルーと便秘

ファースルー錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

ファースルー錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

ファースルー錠は伏見製薬所が製造販売している腸内の便を出す下剤です。中身は白い錠剤タイプとなっています。

 

 

薬局やドラッグストアでは売られておらず、便秘外来や胃腸科などで処方される薬です。ファースルー錠の薬価は1錠あたり5.8円となっています。

 

 

特に病院ではバリウムを出すためや手術後に内容物を排出させるためにファースルー錠が処方される場合がありますしかし普通の便秘に対してもファースルー錠は処方されます。

 

 

ここではファースルー錠の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。またファースルー錠と同じ効き目のある市販薬もありますので最後に紹介させていただきます。

 

 

ファースルー錠の便秘への効果

 

 

ファースルー錠が便秘に効果的とされるのはピコスルファートナトリウム水和物という有効成分が配合されているからです。このピコスルファートナトリウム水和物には2つの働きを持っています。

 

 

①大腸の活性化

 

 

このピコスルファートナトリウム水和物を摂取すると、大腸まで運ばれた際に、大腸内の細菌が持つ酵素によって分解されます。分解されたピコスルファートナトリウムは腸壁を刺激していきます。

 

 

刺激するといってもコーラックのように激しく刺激するわけではなく、緩やかに自然近い便意を促すことができます。

 

 

②水分保持作用

 

 

また大腸というのは便の水分を吸収してしまう働きがあります。長時間大腸に停滞しつづけると便が固くなってしまいます。

 

 

しかしピコスルファートナトリウムはこの大腸の水分吸収を阻害する働きがあります。これによって腸内の便を柔らかい状態を維持できます。

 

 

以上のようにファースルー錠は便秘に対して効果があります。特に腸の動きが鈍くなった弛緩性便秘、直腸内に固い便が溜まってしまった直腸性便秘に効いていきます。

 

 

ただし便秘と下痢が繰り返してしまう逆流性食道炎には逆効果となりますので処方はされません。

 

 

ファースルー錠の便秘への効き目

 

 

ファースルー錠がどれくらいで便秘に効くのかというとおよそ8~10時間後には便意を発生させていきます。

 

 

就寝前に服用することでちょうど朝起きた時に排便できるように設定されています。これにより朝の排便リズムを作り出すことができます。

 

 

基本的に半分以上の方がファースルー錠で便秘解消に成功されますが、1週間服用しても解消できなければ諦めましょう。

 

 

ファースルー錠の便秘への副作用について

 

 

ファースルー錠に含まれるピコスルファートナトリウムは安全性が高い便秘薬です。

 

 

しかし服用量が多いなどで軽い腹痛、軟便、下痢などの症状が起こる場合があります。用法用量にはしっかりと注意してください。

 

 

また本当に稀ですが、皮膚のかゆみ、発疹、発赤などの皮膚の副作用が生じることがあります。もしこれらの症状が起きたら使用を控えるようにしましょう。

 

 

ただし妊婦さんや子供の便秘にも処方されるほど安全性が高いので、そこまで心配いらないとされます。

 

 

ファースルー錠の飲み方について

 

 

ファースルー錠で便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

 

①1日1回(2~3錠)就寝前に服用するようにします。最初は2錠からのみ始めましょう。

 

 

②服用する際にはコップ1杯(200ml)の水と一緒に飲むようにしましょう。水が少ないと効果が下がるのでしっかりと飲み切るようにしてください。

 

 

③もし排便できた場合には服用を中止して、効果がなければ1錠増やしてまた服用します。

 

 

④もし1週間服用しても効果がない場合には服用を控えるようにしましょう。

 

以上がファースルー錠の便秘への飲み方です。またファースルー錠はむやみに服用せず、どうしても出ないときに限り服用しましょう。

 

 

ファースルー錠は刺激作用もありますが、自然な排便作用を促すため非常におすすめです。使用する場合には胃腸科や便秘外来を受診して処方してもらうようにしましょう。

 

 

しかしこのファースルー錠はラキソベロン液というジェネリック(後発品)とされます。そのため病院では先発品であるラキベロン液の方がよく処方されます。

 

 

会社:帝人ファーマ

 

値段:10g600円

 

成分:ピコスルファートナトリウム

 

飲み方:就寝前に10滴、コップ1杯の水といっしょに飲みます。

 

 

ただしラキソベロン液もファースルー錠も配合されている成分は同じであり効果は同じですので安心してください。

 

 

ファースルー錠と同じ効き目の市販薬

 

 

またファースルー錠の有効成分であるピコスルファートナトリウム水和物を配合した市販薬にはピコラックスというものがあります。

 

 

会社:佐藤製薬

 

値段:50錠777円

 

成分:ピコスルファートナトリウム

 

飲み方:1日1回(2錠~3錠)就寝前に水と一緒に飲んでいきます。

 

 

病院に行かずともファースルー錠と同じ効き目を手軽に得たいのであれば、ピコラックスを購入するようにしましょう。ただしまずは専門の医師に診てもらうことをおすすめします。

 

 

ということでファースルー錠と便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ