市販の便秘薬

市販の便秘薬の種類について!症状に合わせて使い分けよう!

市販の便秘薬の種類について!症状に合わせて使い分けよう!

 

 

市販の便秘薬にはたくさんの商品があり、現在発売されているものでも100種類以上はあります。

 

 

はじめて便秘薬を購入する場合には迷ってしまわれるでしょう。便秘の症状によっては便秘薬を選び間違えると効果が得られないこともあります。

 

 

そこで、ここでは市販の便秘薬の種類、そして有名でみんなが使っている便秘薬も合わせてお伝えします。

 

 

市販の便秘薬の種類について

 

 

実は大別すると市販の便秘は4種類に分けられます。特に刺激性便秘薬、浸透性便秘薬、膨張性便秘薬、整腸系便秘の4種類です。

 

 

①刺激性便秘薬

 

 

便秘薬の中で一番オーソドックスな種類が刺激性便秘薬です。腸を直接刺激することで、腸を活発にして便意を起こします。

 

 

また刺激性便秘薬の中でも成分によって種類が分けられます。特に市販ではビサコジルを配合したコーラック、センノシドを配合したスルーラックS、大黄を配合したタケダ漢方便秘薬の3つが有名です。

 

 

・コーラック

 

 

会社:大正製薬

 

成分:ビサコジル

 

値段:350錠入2500円

 

服用法:1日1錠空腹時に服用する

 

 

コーラックは市販の便秘薬の中でも最も効き目が強いとされます。有効成分のビサコジルが大腸の粘膜を直接刺激して便秘を解消します。

 

 

服用から早いと2時間後には効くほど即効性が高いです。ただしその分、腹痛なども起きやすいので注意して下さい。

 

 

・スルーラックS

 

 

会社:ゼリア新薬

 

有効成分:センノシド

 

値段:40錠入り661円

 

服用法:1日1回(1~3錠)を就寝前に服用していきます。

 

スルーラックは病院でもよく処方される有効成分のセンノシドを配合した便秘薬です。※病院で処方される便秘薬はプルゼニド、アローゼン顆粒があります。

 

 

センノシドは大腸の粘膜を分泌を促進させることで便意を引き起こします。また便の水分が大腸によって吸収されるのを防ぎ、柔らかい状態を維持します。

 

 

コーラックよりも刺激は少ないので、副作用が心配であればスルーラックSを服用しましょう。

 

 

・タケダ漢方便秘薬

 

 

会社:タケダ薬品工業株式会社

 

値段:180錠で約2500円

 

成分:大黄、甘草

 

服用法:1日1回(1回1~2錠)空腹時に服用する

 

 

タケダ漢方便秘薬は大黄という生薬が大腸を刺激して便秘を解消します。しかし甘草という生薬が過剰な腸の運動を抑制することで、下痢や腹痛を予防します。

 

 

刺激性便秘薬は特に以上の3つが有名とされます。便意が全く起きない方はこれらの便秘薬を服用するようにしましょう。

 

 

②浸透性便秘薬

 

 

浸透性便秘薬は腸を刺激するのではなく、水分によって便を柔らかくして排便しやすくする便秘薬です。特に直腸内で固い便が溜まった直腸性便秘に対して有効とされます。

 

 

特に市販の便秘薬であれば酸化マグネシウムを配合した3aマグネシア、そして麻子仁、杏仁などの生薬を配合した麻子仁丸などが挙げられます。

 

 

・3aマグネシア

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

効果:服用から1~2日

 

値段:360錠4000円

 

副作用:上限を超えて服用すると下痢になることも

 

酸化マグネシウムは浸透圧を変化させて大腸内に水分を集めて、便を柔らかくします。服用からおよそ8~12時間後には便意を感じて排便に至ります。

 

 

・麻子仁丸

 

 

会社:阪本漢法

 

生薬:麻子仁、杏仁

 

値段:600錠(1か月分)で2940円

 

用法用量:1日3回(1回20錠)食前に服用していきます。

 

麻子仁は脂肪酸が配合されており、腸内で溶け出すことによって腸壁と便を滑らかにします。※オリーブオイルなどの油と同じ働きをします。

 

 

また杏仁は大腸内に水分を集める働きを持っていることで、腸内に溜まった便を柔らかくします。

 

 

便が固くて出ない方はこちらの浸透性便秘薬を選びましょう。他の種類の便秘を服用しても効果がないので注意してください。

 

 

膨張性便秘薬

 

 

膨張性便秘薬というのは食物繊維を配合した便秘薬のことです。お腹の中で膨れ上がって便を押し出したり、滑らかな柔らかい便を形成できます。

 

 

特に市販の便秘薬ではイージーファイバー、新ウィズワンが挙げられます。

 

 

・イージーファイバー

 

 

製薬会社:小林製薬

 

成分:難消化性デキストリン

 

値段:8日分で500円

 

用法用量:1日1回1包を水と一緒に服用していきます。

 

イージーファイバーは難消化性デキストリンという水溶性食物繊維が腸内で膨らみ、柔らかく大きな便を形成して便秘を解消します。

 

 

ただしイージーファイバーは食べ物と同じく胃で消化され、大腸で便となることによってはじめて効果があらわれます。時間としては48~72時間後に効いていきます。

 

 

・新ウィズワン

 

 

製薬会社:ゼリア製薬

 

成分:プランタゴオバタ、センノシド

 

効果:服用から24時間~48時間

 

値段:90包3000円

 

副作用:腹痛

 

 

新ウィズワンはプランタゴオバタという水溶性食物繊維が配合され、便秘に効いていきます。ただし刺激性の生薬であるセンノシドも配合されて大腸を刺激する作用もあります。

 

 

新ウィズワンは刺激作用もあるため8時間前後で効きますが、食物繊維も摂取できるというわけです。

 

 

便秘の方で便が小さい、野菜を食べていない方は食物繊維が不足気味の可能性があるので、膨張性便秘薬の種類を服用しましょう。

 

 

④整腸性便秘薬

 

 

そして最後が整腸性便秘薬で、腸内環境を整えることで便秘を解消します。最も有名なのがやはり新ビオフェルミンS錠でしょう。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2日~3日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

 

新ビオフェルミンS錠は3つの乳酸菌が配合されており、腸内環境を整えます。すると便が柔らかく、しっかりとした便を形成します。

 

 

効き目としては3日間~1週間と時間がかかりますが、根本的に便秘を解消します。その他にも成長性便秘薬にば強力わかもと、ミヤリサンなどがあります。

 

 

市販の便秘薬としては大きく分けて以上の4種類に分けられます。自分の便秘の症状に合わせて選んでみて下さい!

 

 

・まとめ

 

・便意が起きない場合⇒刺激性便秘薬(コーラック、スルーラックS、タケダ漢方便秘薬)

 

・便が固くて出ない⇒浸透性便秘薬(3aマグネシア、麻子仁丸)

 

・野菜、食物繊維が足りてない⇒膨張性便秘薬(新ウィズワン、イージーファイバー)

 

・腸内環境が整っていない⇒整腸性下剤(新ビオフェルミンS錠、ヤクルトBL整腸剤、ミヤリサン)

 

 

ということで市販の便秘薬の種類についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ