便秘薬とマグラックス細粒

マグラックス細粒の便秘への効果と副作用、飲み方について!

マグラックス細粒の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

マグラックス細粒は吉田製薬株式会社が製造販売している粉末状の便秘薬です。

 

 

マグラックス細粒はドラッグストアや薬局などでは売られておりません。病院で処方してもらう必要があります。マグラックス細粒の値段は1gあたり12.60円となっています。

 

 

マグラックス細粒には錠剤タイプがありますが、粉末タイプの方が服用しやすいです。※効果はほとんど変わりません。特にマグラックス細粒は妊婦さんの便秘や子供の便秘に対してよく処方されていきます。

 

 

ここではマグラックス細粒の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。またマグラックス細粒と同じ効果のある市販薬についてもご紹介したいと思います。

 

 

マグラックス細粒の便秘への効果について

 

 

マグラックス細粒が便秘に対して効果的とされるのは有効成分に酸化マグネシウムという成分が配合されています。この酸化マグネシウムは大きく分けて3つの働きを促していきます。

 

 

①腸内に水分を集める

 

 

この酸化マグネシウムが腸内に溶け出すことによって大腸内の浸透圧を変化させます。これによって大腸内に水分を集めることができるとされます。

 

 

すると腸内で固まって出にくくなった便を柔らかくすることができるため、便を排出させやすして便秘を解消します。便が腸管を通りやすくなることで自然な腸の運動も促されます。

 

 

②宿便を落とす

 

 

また水分が腸管に浸透することによって腸壁にこびりついた便(宿便)を落とす働きを持っています。

 

 

これによって腸をきれいにさせることで、肌荒れが改善されたり、デトックス作用が促されることで新陳代謝を活性化することができます。

 

 

③制酸作用

 

 

また酸化マグネシウムは胃酸を分解するという制酸作用も持っています。これによって胸やけや胃酸過多に対しても効果があるとされます。

 

 

以上のようにマグラックス細粒は便秘に対して効果があると言えます。特に腸の運動が鈍くなっている弛緩性便秘や直腸内に便が溜まっている直腸性便秘に対して効いていきます。

 

 

しかし便秘と下痢が繰り返させる痙攣性便秘は逆効果と言えます。

 

 

マグラックス細粒の便秘への効き目

 

 

マグラックス細粒を服用することでどれくらいで便秘に対して効いてくるのかというと

 

 

・便が柔らかくなるのはおよそ6時間後となっていきます。そしてその2時間後に便意が起きるとされますね。

 

 

・また制酸剤としての働きは服用からおよそ2時間後には効いていき、胃酸過多や胸やけも改善されます。

 

以上のようにマグラックス細粒は便秘に対して効いていきます。ほとんどの方は3日間服用することによって便秘が解消されます。しかし1週間服用しても改善されない場合には効果がないと言えます。

 

 

特に服用から8時間後に排便できるように設定されているのは、就寝前に服用することで朝起きたときに便意を起こすことができます。

 

 

これによって朝のは排便リズムを作り出すことができるようになります。

 

 

マグラックス細粒の副作用について

 

 

マグラックス細粒は基本的に腸を刺激するわけではないので、お腹にやさしい便秘薬とされます。しかし稀にですが副作用が生じる可能性があります。

 

 

特に起こる可能性のある副作用としては下痢、軟便、軽い腹痛などが挙げられます。服用量が多いと発生しますので注意してください。

 

 

ただし妊婦さんも子供でも服用することができるので、基本的に安全性が高いと言えますので、そこまで心配はいらないでしょう。

 

 

マグラックス細粒の便秘への飲み方について

 

 

マグラックス細津で便秘を解消する場合の飲み方についてなのですが、

 

①マグラックス細粒は基本的に1日1回(1回1包)就寝前に服用していきます。

 

 

②服用する場合にはコップ1杯分の水(200ml))に溶かして飲むようにします。そしてこの時に飲む水が大腸へと運ばれるので水はしっかりと飲み切るようにしましょう。

 

 

③そして朝起きたら排便することができます。排便できた場合にはその時点でマグラックス細粒の服用は控えます。効果がなければまた就寝前に服用するようにします。

 

 

④1週間服用しても効果がなければ、マグラックス細粒は控えるようにしましょう。

 

以上のようにマグラックス細粒は服用するようにしましょう。

 

 

マグラックス細粒は便秘に対して安全に解消できますし、宿便も落とすことができるため非常に安全性が高いと言えます。

 

 

マグラックス細粒と同じ効き目の市販薬

 

 

またマグラックス細粒と同じ酸化マグネシウムを配合した3aマグネシアという市販の便秘薬があります。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分;酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

効果:服用から8~12時間

 

副作用:軟便、下痢

 

もし病院を受診せずにマグラックス細粒と同じ効果を得たのであれば3aマグネシアを服用するようにしましょう。

 

 

ただし妊婦さんの場合は市販で選ぶよりも産婦人科や便秘外来を受診するようにしましょう。

 

 

ということでマグラックス細粒の便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ