宿便と市販薬

宿便を出すことができるおすすめの市販の便秘薬!

宿便を出すことができるおすすめの市販薬!

 

宿便は腸壁にこびりついた便ですので、刺激性の便秘薬を服用して、腸の運動を活発にしても出すことは難しいとされます。

 

 

腸にこびりついた宿便を出すためには、刺激性の下剤ではない便秘薬を服用する必要があります。

 

 

ここでは宿便を出すことができるおすすめの市販薬についてお伝えします。

 

 

宿便を出すことができる市販の薬

 

 

宿便を出すためには大きく分けて、酸化マグネシウムを配合した下剤と水溶性食物繊維を配合した便秘薬の2つが挙げられます。

 

 

特に酸化マグネシウムであればスイマグエース、水溶性食物繊維を配合した便秘薬であればイージーファイバーが挙げられます。

 

 

①スイマグエース

 

 

会社:三保製薬研究所

 

成分:水酸化マグネシウム

 

価格:120錠入りで1200円

 

副作用:吐き気、腹痛、下痢、口の渇き

 

用法用量:1日1回就寝前か空腹時に16ml~26ml飲みます。

 

スイマグエースには実際の効果の欄に『宿便』と記載してある唯一の下剤ではないでしょうか。

 

 

スイマグエースの水酸化マグネシウムは酸化マグネシウムよりも、多くの水分を集めることができます。すると大腸に水分が満たされることによって、腸壁にこびりついた宿便を落とすことができます。

 

 

他にも酸化マグネシウムを配合した3aマグネシアという下剤もあります。スイマグエースと同じ作用を得られるので、宿便にも効くはずですが、こちらは宿便に効くという記載はありません。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分;酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

効果:服用から8~12時間

 

副作用:軟便、下痢

 

水酸化マグネシウムよりは水分を集めることができませんが、こちらも腸管を水分で満たすことができます。ただしドラッグストアや薬局では3aマグネシアの方がよく置いてありますね。

 

 

スイマグエースも3aマグネシアも服用から6時間後には水分が集まり、8時間後には便意が生じて、宿便を一緒に排出してくれます。ただし服用量が多いと下痢や軟便、軽い腹痛になる可能性があるので注意しましょう。

 

 

②イージーファイバー

 

 

製薬会社:小林製薬

 

成分:難消化性デキストリン

 

値段:8日分で500円

 

用法用量:1日1回1包を水と一緒に服用していきます。

 

イージーファイバーに含まれる難消化性デキストリンというのは水溶性食物繊維の一種です。

 

 

この難消化性デキストリンは腸内の水分を吸収することによって、他の食物繊維よりも大きく膨れ上がる特徴があります。すると腸管を通る際に腸壁にこびりついた便をからめとる働きを持っています。

 

 

その他にも腸管内のブドウ糖もからめとり、便として排出することができます。そのため高血圧予防やダイエットにもつながるとされます。

 

 

また難消化性デキストリンではなくプランタゴオバタを配合した新ウィズワンでも同じような効果が得られます。

 

 

会社:大正製薬

 

成分:プランタゴオバタとセンノシド

 

効果:便秘には服用から4時間ほどで効く

 

値段:48日分で2480円

 

副作用:軽い腹痛 軽い下痢

 

プランタゴオバタは水溶性食物繊維の一種で、こちらも同様に腸内で膨れ上がり、腸壁にこびりついた宿便をからめとることができます。

 

 

また水溶性食物繊維に加えて、新ウィズワンはセンノシドという刺激性の生薬が配合されており、腸を活発にさせることができます。

 

 

イージーファイバーや新ウィズワンによって、服用から24~48時間後には宿便を排出することができます。またイージーファイバーは薬用成分が配合されていないので、便秘予防のために飲み続けることができます。

 

 

食べ物でも代用可能

 

 

また水溶性食物繊維の中でも、こんにゃく、わかめ、寒天、チアシードなども腸内で膨れ上がり、宿便を取り除くことができるとされます。

 

 

その中でも特に蒟蒻畑の水溶性食物繊維は腸内で大きく膨らみ、イージーファイバー同様に宿便を出すことができるのでおすすめです。

 

 

宿便を出すためにはチューブ型の蒟蒻畑を1日1個食べるようにしていきましょう。およそ3日後には宿便が出るとされます。

 

 

以上が宿便を出すことができるおすすめ市販の便秘薬となっています。

 

 

宿便が出たかどうか見分ける方法

 

 

ちなみに宿便が排便されたかどうかを見分けるポイントとしては4つが挙げられます。

 

 

・便が黒い

 

・形状は薄くひらひらして長い(腸壁の形)

 

・便が臭い

 

・普段出る便の量よりもあきらかに多い

 

 

これらが挙げられますので、便秘薬を服用して排便した後はよく観察してみてください。結構わかりやすいと思います。

 

 

定期的に宿便をとることで、便秘の予防や肌荒れの改善になるので、月に1度は服用するのが良いとされています!ただし連用するのは控えるようにしましょう。

 

 

また病院を受診するとコーヒー浣腸を行い宿便を出すことができます。自分でコーヒー浣腸のキットを購入して行うことができますが、それによる事故も起きているので、自分ではできればやらないようにしましょう。

 

 

ということで宿便を出すことができるおすすめの市販の便秘薬についてお伝えします。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ