マリンマグと便秘

マリンマグエースの便秘への効果と副作用、飲み方について!

マリンマグエースの便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

マリンマグエースは三保製薬研究所が製造している粉末タイプの下剤です。薬局やドラッグストアでも売られており、値段は20日分1200円で売られています。

 

 

前までは『マリンマグ』という名称でしたが、2015年にマリンマグエースという名前に変わりました。このマリンマグエースは宿便も解消できるとして非常に人気です。

 

 

ここではマリンマグエースの便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

マリンマグエースの便秘への効果について

 

 

マリンマグエースには有効成分として水酸化マグネシウムが配合されています。この水酸化マグネシウムは2つの作用があります。

 

 

①水分を集める働き

 

 

マリンマグエースを服用して水酸化マグネシウが大腸に運ばれることで、大腸の浸透圧を変化させて水分を集めることができます。

 

 

そして大腸に水分が集まると便が柔らかくなり、便が腸管を通りやすくなるのです。便が腸管を通ることで腸の運動も活性化され、便意が生じていきます。

 

 

また腸壁にこびりついた便(宿便)も水分が通ることで落とすことができます。※マリンマグエースは公式から宿便に効果があると明言されています。

 

 

②制酸剤としての作用

 

 

そして水酸化マグネシウムを摂取することによって、胃酸を中和する作用があります。

 

 

そのためミルマグエースを服用することによって胃痛や胃酸過多を抑えることができます。

 

 

以上のようにマリンマグエースは便秘に対して効いていきます。特に腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘、直腸内に固い便が溜まった直腸性便秘を解消することができます。

 

 

ただし便秘と下痢を繰り返してしまう痙攣性便秘には逆効果となるので注意してください。

 

 

マリンマグエースの便秘への効き目

 

 

マリンマグエースを服用することでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

・服用から6時間後には水分が集まり、その2時間後には便意が生じていくとされます。

 

・胃酸過多に対しては服用から2時間後には改善されていきます。

 

・基本的にはミルマグエースを服用すれば3日以内にはほとんどの方が解消できます。

 

以上のようにマリンマグエースは便秘に対して効いていきます。ただし1週間服用しても効果がなければマリンマグエースでの便秘解消は期待できないでしょう。

 

 

また酸化マグネシウムも水酸化マグネシウムと同じ作用がありますが、水酸化マグネシウムの方が水分をたくさん集めることができるので効き目は上です。

 

 

マリンマグエースの副作用について

 

 

マリンマグエースには刺激性となる成分は含まれないので、あまり副作用は起きません。

 

 

ただし用量を多く服用してしまうことで下痢や軟便、軽い腹痛などが生じてしまいます。

 

 

また水酸化マグネシウムを過剰に摂取すると高マグネシウム血症という症状が起きて、口の渇き、低血圧、嘔吐などの症状を引き起こしてしまいます。

 

 

基本的に用法用量を守れば妊婦さんや3歳以上からでも服用可能なので安心してください。また長期的に服用し続けても、腸の運動は弱まることはなく、依存症になりにくいとされます。

 

 

マリンマグエースの飲み方について

 

 

マリンマグエースで便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

 

①基本的に1日1回(1回1包)就寝前に服用していきます。就寝前に服用すると朝起きて、ちょうど便意が生じるように設定されています。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水(200ml)に混ぜて一緒に飲むようにしていきます。水はしっかりと飲み切るようにします。

 

ただし牛乳と服用すると高マグネシウム血症を起こすので、牛乳と一緒に飲まないようにしましょう。

 

 

③もし排便することができた場合には、マリンマグエースの服用は控えるようにしましょう。

 

 

④1週間服用し続けても効果がなければ服用は控えるようにしましょう。

 

以上がマリンマグエースの飲み方となります。マリンマグエースを服用する際にはどうしても出ないときに服用しましょう。

 

 

ちなみにマリンマグエースと同じ会社が発売している下剤にスイマグエースがあります。

 

 

会社:三保製薬研究所

 

成分:水酸化マグネシウム

 

価格:120錠入りで1200円

 

副作用:吐き気、腹痛、下痢、口の渇き

 

用法用量:1日1回就寝前か空腹時に16ml~26ml飲みます。

 

ちなみにスイマグエースは液体に対して、ミルマグエースは粉末タイプとなっています。どちらも同じ有効成分なので効き目は同じとされます。

 

 

ただしスイマグエースはにがりの味がするので、飲みやすさで言えばミルマグエースの方が上でしょう。

 

 

宿便に効果があると明言されているのはスイマグエースとマリンマグエースのみなので試してみる価値は大いにありますね!

 

 

ということでマリンマグエースの便秘への効果と副作用、飲み方についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ