十方便秘薬と便秘

十方便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方について!

十方便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

十方便秘薬は摩耶堂製薬株式会社が製造している生薬を配合した錠剤タイプの便秘薬です。

 

 

薬局やドラッグストアでも売られており、値段は100錠(2週間分)で1000円となっています。配合生薬も豊富で非常に人気とされます。

 

 

ここでは十方便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

十方便秘薬の便秘への効果

 

 

十方便秘薬にはダイオウ、センナ、アロエ、シャクヤク、カンゾウ、ケイヒ、ショウキョウ、ガジュツの7種類の生薬が配合されています。それぞれはどのように便秘に対して効くのか解説したいと思います。

 

 

①ダイオウ、センナ、アロエ

 

 

ダイオウ(大黄)、センナ、アロエの3種類は刺激性のある生薬で、大腸の腸壁を刺激することで排便を促していきます。※通常はひとつの便秘薬にひとつの刺激性の生薬ですが、3つも配合されているのは珍しいです。

 

 

すると便を押し出すぜんどう運動が活発になり、便意が生じて排便に至ります。またセンナは大腸が水分を吸収しようとする働きを抑制することで、便が固くなってしまうのを防いでくれます。

 

 

②カンゾウ

 

 

カンゾウ(甘草)はよくダイオウとセットになっている生薬で、腸の過剰な運動を抑制していきます。

 

 

これによりダイオウ、センナ、アロエによって過剰な腸の運動が抑えられ、腹痛や下痢などが起こるのを予防してくれます。

 

 

③シャクヤク、ケイヒ、ショウキョウ

 

 

シャクヤクとケイヒはホルモンバランスを整える働きがあり、生理中の便秘に対しても効きます。※命の母ホワイトなど生理前症候群を改善する薬にも配合されていますね。

 

 

さらに毛細血管の働きを向上させて、新陳代謝を促していきます。これにより老廃物を排出しようと、腸の運動機能も高まっていきます。

 

 

そしてショウキョウは生姜のことで、血の巡りを改善して冷え性などを改善します。

 

 

④ガジュツ

 

 

ガジュツは紫ウコンと呼ばれており、精油としての機能があり腸管を滑りやすくすることもできます。※便秘薬に配合されているのは非常に珍しい成分です。

 

 

またコレステロールを吸収して排出する機能があるため、血糖値や高血圧に対しても効いていきます。

 

 

以上のように十方便秘薬は様々な作用が得られるとされます。特に腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘、直腸内に固い便が溜まった直腸性便秘に対して効いていきます。

 

 

ただし便秘と下痢を繰り返してしまう痙攣性便秘には十方便秘薬を服用すると逆効果になる恐れがあります。

 

 

十方便秘薬の便秘への効き目

 

 

十方便秘薬を服用することでどれくらいで、便秘に効くのかというと

 

・服用から6時間後にはガジュツによって腸管が滑りやすくなっていきます。

 

・そして服用から6~8時間後には腸の運動が活発になっていき、

 

・服用から1~2週間後にはシャクヤク、ケイヒ、ショウキョウによって新陳代謝が活性化されていきます。

 

以上のように十方便秘薬は便秘に対して効いていきます。就寝前に服用するのですが、朝起きてちょうど便意が起こるように設定されています。

 

 

十方便秘薬の副作用について

 

 

十方便秘薬には生薬しか配合されていないので、副作用が生じることはほとんどありません。

 

 

ただし稀にですが、下痢や軟便、軽い腹痛などが生じることがあります。特に用法用量には注意してください。

 

 

また生薬が体に合わないと皮膚のかぶれ、かゆみ、発疹などが生じることがあります。この場合には十方便秘薬の服用は控えましょう。

 

 

基本的に安全性は高いので心配しないでください。ただし妊婦さんや授乳中の方は服用は控えるようにしましょう。

 

 

十方便秘薬の便秘への飲み方について

 

 

十方便秘薬で便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

 

①基本的に1日1回(1回6~8錠)就寝前に服用するようにします。最初は6錠から飲みはじめましょう。

 

 

②服用する際にはコップ1杯(水かお茶)と一緒に飲みます。水は飲み切るようにしましょう。

 

 

③もし排便することができればその時点で服用は控えましょう。排便できなければまた就寝前に服用します。1錠量を増やしても構いません。

 

 

④最低でも1週間は服用するようにして、それでも効果がなければ控えるようにしましょう。

 

以上のように十方便秘薬は服用するようにします。ただし生活習慣などを改善してみても便秘が解消されない時に服用するようにしましょう。

 

 

十方便秘薬には様々な生薬が配合されているので、試してみる価値は大いにあるでしょう。

 

 

ということで十方便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ