クリア便秘薬

クリア便秘薬の効果と副作用、飲み方について!

クリア便秘薬の効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

クリア便秘薬はタケダ薬品が製造しており、漢方を配合した便秘薬です。クリア便秘薬の中身は淡いピンク色の錠剤となっています。

 

 

薬局やドラッグストアでも売られており、値段は36錠(2週間分)で1100円となっています。

 

 

タケダ薬品には市販の便秘薬で有名なタケダ漢方便秘薬があります。

 

 

会社:タケダ薬品工業株式会社

 

値段:180錠で約2500円

 

成分:大黄、甘草

 

服用法:子供の場合には1日半錠~1錠を水と一緒に服用する

 

しかしこのクリア便秘薬はそのタケダ漢方便秘薬にさらに効果を加えた便秘薬なんです!

 

 

ここではクリア便秘薬の効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

クリア便秘薬の効果について

 

 

クリア便秘薬にはダイオウ、カンゾウ、ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)の3つの有効成分が配合されており、便秘に効果的です。それぞれがどのように作用するのか解説したいと思います。

 

 

①ダイオウ

 

 

ダイオウ(大黄)は便秘を解消する漢方薬には、よく配合されている成分です。このダイオウが大腸に運ばれることによって、大腸の腸壁を刺激していきます。

 

 

すると便を押し出すぜんどう運動が活性化されて便秘が解消されていきます。ただしコーラックのビサコジルのような強い効き目ではなく、緩やかに腸を刺激していきます。

 

 

②カンゾウ

 

 

カンゾウ(甘草)はよくダイオウとセットになっている生薬です。カンゾウを摂取することによって腸の過剰な運動を抑制していきます。

 

 

するとダイオウによって起こる可能性のある腹痛、下痢などを予防してくれます。

 

 

③ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)

 

 

上記のダイオウとカンゾウはタケダ漢方便秘薬にも配合されている成分ですね。ただしクリア便秘薬にはジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)という成分がさらに加えられています。

 

 

このDSSが大腸に運ばれることによって、浸透圧を変化させて、水分を呼び込みます。すると固くなった便を柔らかくして排便されやすいようにしていきます。

 

 

また腸管に水分が浸透することによって、腸壁にこびりついてしまった便(宿便)を落とすことができます。

 

 

以上のようにクリア便秘薬は便秘に効いていきます。特に腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘、直腸内に固い便が溜まった直腸性便秘に対して効いていきます。

 

 

ただし便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘と呼ばれる便秘に対してはクリア便秘薬ですと逆効果になる恐れがあるので、服用はしないでください。

 

 

クリア便秘薬の便秘への効き目

 

 

クリア便秘薬を服用することでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

・DSSによって服用から4~6時間後には水分が集まっていきます。

 

・腸の運動は服用から6~8時間後には活発になり便意が生じていきます。

 

・ほとんどの方は3日間服用すれば解消することができます。ただし1週間服用しても効果がない場合には期待できないでしょう。

 

以上のようにクリア便秘薬は便秘に対して効いていきます。就寝前に服用することで朝起きたときに排便できるように設定されています。

 

 

これによりクリア便秘薬の服用後は朝の排便リズムを取り戻すことができます。

 

 

クリア便秘薬の副作用について

 

 

クリア便秘薬には刺激性となる生薬も含まれているので副作用が起こることもありえます。

 

 

特に起こる可能性のある副作用としてはお腹の張り、腹痛、下痢、軟便などが挙げられます。また生薬が体に合わない場合には皮膚のかぶれ、発疹、炎症などが起こることが挙げられます。

 

 

基本的に用法用量を守れば起こることはほとんどありません。ただし妊婦さんや授乳中の方、11歳未満の方は服用できないので注意してください。

 

 

クリア便秘薬の便秘への飲み方について

 

 

クリア便秘薬で便秘を解消する際の飲み方についてですが、

 

 

①基本的にクリア便秘薬は1日1回(1回2~4錠)就寝前に服用するようにします。最初は2錠から飲み始めるようにしましょう。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水(200ml)と一緒に飲みましょう。水はしっかりと飲みきるようにしてください。

 

 

③もし排便することができればクリア便秘薬の服用は控えましょう。排便されなければまた就寝前に服用しましょう。※1錠増やして服用しても構いません。

 

 

④1週間服用しても効果がない場合にはクリア便秘薬での解消は諦めるようにしましょう。

 

以上のようにクリア便秘薬は服用するようにしていきます。クリア便秘薬を服用するときは生活習慣を改善しても、どうしても解消できないときにしましょう。

 

 

クリア便秘薬にはタケダ漢方便秘薬にはない水分を集める働きがあるので試してみる価値は大いにありますね。

 

 

ということでクリア便秘薬の効果と副作用、飲み方についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ