トルクミンと便秘

トルクミンの便秘への効果と副作用、飲み方について!

トルクミンの便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

 

トルクミンは日水製薬が製造している整腸剤です。薬局やドラッグストアでも売られており、値段は800錠(2か月分)で3300円となっています。

 

 

トルクミンの中身は白い錠剤になっております。このトルクミンは便秘に対しても効きますし、アトピーや肌荒れなどの症状にも有効とされます。

 

 

ここではトルクミンの便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

トルクミンの便秘への効果

 

 

トルクミンにはビオナットミン、ラクトミン、ビオヂアスターゼ2000、ニコチン酸アミド、ビオチンの5つが有効成分として配合されています。

 

 

それぞれがどのように便秘に効くのか解説したいと思います。

 

 

①ビオナットミン、ラクトミン

 

 

ビオナットミンは納豆菌という消化酵素のことで、ラクトミンも乳酸菌の一種となります。これらは腸内の善玉菌のエサとなることによって善玉菌を増やしてくれます。

 

 

さらにラクトミンは乳酸を分泌することによって、悪玉菌を減らすことができます。善玉菌が増え、悪玉菌が減ることで腸内環境を整えることができます。

 

 

腸内環境が整うことによって、便が柔らかくなり排便されやすくなり、便秘が解消されやすくなります。※ビオナットミンはビオナット整腸薬にも配合されていますね。

 

 

②ビオヂアスターゼ2000

 

 

ビオヂアスターゼ2000は主にでんぷんと蛋白質の消化を助けます。これによって消化不良を防いで、便を作りやすくすることができます。

 

 

その他食欲不振や腹部膨張などに対しても効果があるとされます。このビオヂアスターゼ2000は他の整腸剤には配合されていない珍しい成分と言えます。

 

 

③ニコチン酸アミド、ビオチン

 

 

ニコチン酸アミドはビタミンB3の一種で、ビオチンはビタミンB7のことです。ニコチン酸アミド、ビオチンが摂取されると善玉菌のエサになり整腸作用があります。

 

 

またそれぞれのビタミンBは肌荒れや口周りのニキビに対しても効果があるとされます。ビオチンはアトピー治療に対して皮膚科で処方されたりします。

 

 

以上のようにトルクミンは便秘に対して効いていきます。整腸剤としては様々な効果が得られるとされます。

 

 

特に腸の動きが鈍くなっている弛緩性便秘と直腸内に固い便が溜まっている直腸性便秘に対して効いていきます。

 

 

トルクミンの便秘への効き目

 

トルクミンを服用することでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

・善玉菌は服用から、およそ6時間後には増え始めていきます。そして3日後には腸内環境が整っていきます。

 

・ビオヂアスターゼ2000は消化不良は服用から3時間後には改善されていきます。

 

・ニコチン酸アミド、ビオチンによって肌荒れやニキビは1週間後には改善されていきます。

 

以上のようにトルクミンは便秘に対して効いていきます。ただしトルクミンには下剤のような即効性はないとされます。

 

 

トルクミンの副作用について

 

 

トルクミンには刺激性成分は配合されていないため、ほとんど心配はないとされます。

 

 

ただし稀にですが、腹痛、下痢、軟便などの症状が起こる場合があります。その場合にはトルクミンの服用は控えましょう。

 

 

基本的にトルクミンは整腸剤ですので用法用量を守れば安全性は高いとされます。ただし3歳未満の方はトルクミンを服用することはできません。

 

 

トルクミンの便秘への飲み方について

 

 

トルクミンで便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

 

①基本的にトルクミンは1日3回(1回8~14錠)食後に服用するようにします。最初は8錠から飲み始めるようにしましょう。※食前に服用すると胃酸の影響を受けて、効果が下がってしまいます。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水(200ml)と一緒に飲むようにしてください。水はしっかりと飲み切りようにしましょう。

 

 

③排便することができなければ、1日に1錠ずつ増やすようにしましょう。ただし1度に15錠は服用しないようにしましょう。

 

 

④1週間服用しても効果がなければ、トルクミンでの便秘解消は諦めるようにしましょう。

 

以上のようにトルクミンは便秘に対して服用にするようにします。ただし最低でも1日24錠服用しなければいけないため、服用量が多いのがデメリットと言えるでしょう。

 

 

便秘が解消された後もトルクミンを予防のために飲み続けて構いません。トルクミンは乳酸菌に加え、ビタミンBも配合されており、様々な症状に効くためおすすめです。

 

 

ということでトルクミンの便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ