アロエ便秘薬

アロエ便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方について!

アロエ便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

アロエは昔から緩下作用があることから便秘に効くとして便秘薬にも配合されています。アロエ便秘薬は錠剤タイプが多く緑色をしています。

 

 

市販ではヤクルトやDHC、小林製薬などのアロエ便秘薬があります。値段は60錠(20日分)で980円となっています。

 

 

ここではアロエ便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。※ここでは一番メジャーなヤクルトのアロエ便秘薬について紹介します。

 

 

アロエ便秘薬の効果について

 

 

アロエ便秘薬には有効成分としてアロエ末というアロエを粉末にしたものが配合されています。アロエには大きく分けて、3つの作用があり便秘に対して効いていきます。

 

 

①刺激作用

 

 

アロエ便秘薬を服用してアロエ末が腸内に運ばれることによって、腸壁を刺激していきます。そして便が押し出すぜんどう運動を促されていきます。

 

 

ぜんどう運動が促されることで、便意が生じるようになり便秘が解消されます。ビサコジルを含んだコーラックなどのように刺激の強いわけではなく生薬の力によって出すので、自然な排便を促されていきます。

 

 

②水分を集める働き

 

 

またアロエにはアロインという成分が含まれており、このアロインは大腸内に運ばれると水分を集める働きが促されます。

 

 

すると固くなった便が水分を吸収することになり柔らかくすることができ、排便されやすくなります。

 

 

③制酸剤としての効果

 

 

さらにアロインは制酸剤としての効果もあり、胃痛や胃炎などの症状も軽減されていきます。

 

 

消化不良も改善されるため、便もしっかりと形成されるため排便されやすくなります。

 

 

以上のようにアロエ便秘薬は便秘に対して効いていきます。特に腸の運動が鈍くなってしまった弛緩性便秘や直腸内に溜まった直腸性便秘に対して効いていきます。

 

 

ただし便秘と下痢を繰り返してしまう痙攣性便秘に対しては服用しないようにしないようにしましょう。

 

 

アロエ便秘薬の効き目について

 

 

アロエ便秘薬を服用することでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

・服用から2~3時間ほどで胃痛や胃炎などが改善されていきます。

 

・服用から6時間ほどで水分が集まっていき、便が柔らかくなっていきます。

 

・そして服用から6~8時間後には腸が刺激されて便意が生じていきます。

 

・ほとんどの方が3日服用すれば解消することができます。ただし1週間服用しても効果がない場合には期待できないでしょう。

 

以上のようにアロエ便秘薬は便秘に対して効いていきます。

 

 

就寝前に服用すると朝起きたときにちょうど便意が生じていきます。そして便秘が解消された後は自然な排便が促されていきます。

 

 

ちなみにアロエヨーグルトに含まれるアロエを食べてもこれらの作用は得られないので注意してください。

 

 

アロエ便秘薬の副作用について

 

 

アロエ便秘薬は生薬といっても刺激によって排便を促すので、副作用が生じてしまうことがあります。

 

 

特に起こる可能性のある副作用としては腹痛、下痢、軟便などが生じてしまいます。また生薬が体に合わなければ皮膚のかゆみ、発疹、かぶれ、炎症などが生じてしまいます。もし副作用が起きてしまった場合には服用は控えるようにしてください。

 

 

またアロエ便秘薬を何度も常用すると腸の運動が停滞してしまうので注意してください。服用するときはどうしても出ないときにしましょう。

 

 

基本的に用法用量を守れば副作用の心配はありません。ただし妊婦さんと授乳中の方は服用するのは控えるべきとされます。

 

 

アロエ便秘薬の飲み方について

 

 

アロエ便秘薬で便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

①基本的に1日3回(1回1~2錠)食間に服用するようにしていきます。最初は1錠から飲み始めるようにしましょう。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水(200ml)と一緒に飲むようにしていきましょう。水はしっかりと飲み切りましょう。

 

 

③排便することができれば、その時点で服用は控えましょう。もし排便できなければ1回2錠に増やしてみましょう。

 

 

④1週間服用しても効果がない場合にはアロエ便秘薬での解消は諦めましょう。

 

以上のようにアロエ便秘薬は飲むようにしていきます。しかしアロエ便秘薬を服用するのは生活習慣を改善しても、解消されないどうしてもの時にしましょう。

 

 

アロエ便秘薬に含まれるアロエは腸を活発にしますし、便を柔らかくする働きも持っているので試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでアロエ便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ