ビオリズムと便秘

ビオリズムの便秘への効果と副作用、飲み方について!

ビオリズムの便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

ビオリズムはロート製薬が製造している便秘薬の一種です。中身は緑色の錠剤となっています。

 

 

そしてこのビオリズムは便秘だけでなく、消化不良や肌荒れなど様々な効果があるためとても人気です。

 

 

ということでビオリズムの便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

 

 

ビオリズムの便秘への効果について

 

 

ビオリズムにはビオヂアスターゼ2000、銅クロロフィリンナトリウム、ラクトミン、ジメチルポリシロキサン、パントテン酸カルシウムの5種類が配合されております。それぞれがどのように効くのか簡単に解説します。

 

 

①ビオヂアスターゼ2000

 

 

ビオヂアスターゼ2000は消化酵素の一種であり、タンパク質やでんぷんを消化させやすくします。これによって消化不良を改善することができます。

 

 

消化不良は固い便を形成する原因になるため、ビオヂアスターゼ2000は便秘解消にもつながります。他の整腸剤にはほとんど含まれない成分です。

 

 

②銅クロロフィリンナトリウム

 

 

銅クロロフィリンナトリウムは胃の粘膜を修復することができます。これによって胃痛や胃炎を回復させることができます。

 

 

③ラクトミン

 

 

ラクトミンは乳酸菌の一種であり、大腸に運ばれることによって善玉菌のエサとなります。

 

 

これにより腸内環境を整えることができます。すると便が柔らかく、黄色くなるため排便されやすくなっていきます。

 

 

またラクトミンによって善玉菌が増える際には乳酸や酢酸が分泌されていきます。するとこれらが大腸をポコポコと刺激して排便を促すことができます。

 

 

④ジメチルポリシロキサン

 

 

ジメチルポリシロキサンは消泡剤のことでありガスピタンなどの薬にも配合されております。このジメチルポリシロキサンは腸内のガス溜まりを吸収する効果を持っています。

 

 

これによっておならを出すことなく、お腹の張りを解消することができます。特に便秘が続いている人ほど、便が腐敗してインドールやスカトールなどの腐敗ガスが発生しているので効果的となります。

 

 

⑤パントテン酸カルシウム

 

 

パントテン酸カルシウムはビタミン5の一種で、摂取することによって新陳代謝を促してニキビや肌荒れに対して効果的となります。

 

 

またこのパントテン酸カルシウムは大腸内で乳酸菌を増やす働きもあるため、整腸作用もあり便秘に効いていきます。

 

 

以上のようにビオリズムは様々な効果を持っており、便秘に対して効果があるとされます。

 

 

ビオリズムの便秘への効き目

 

 

ビオリズムを服用することでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

・腸内環境はおよそ3日間服用することでほとんど整ていきます。

 

・胃痛や胃炎、消化不良に対しては1~2日服用することによって改善されていきます。

 

・ガス溜まりによるお腹の張りに対しては6時間ほどで改善されていきます。

 

・パントテン酸によって肌荒れやニキビはおよそ1週間ほどで改善されていきます。

 

以上のように便秘に対して効いていきます。ただ1週間服用しても効果がない場合には、効かないと言えます。

 

 

ビオリズムの副作用について

 

 

ビオリズムには薬用成分も含まれているため副作用が生じる可能性があります。

 

 

特に軟便、下痢、軽い腹痛などの症状が挙げられます。これらの症状が出たら服用は控えましょう。

 

 

ただ用法用量を守れば安全に服用することができるので安心してください。ただ妊婦さんは医師や薬剤師に確認しましょう。

 

 

ビオリズムの便秘への飲み方

 

 

ビオリズムで便秘を解消する場合の飲み方について解説したいと思います。

 

 

①基本的に1日3回(1回2錠)朝、昼、晩の食後に服用するようにしていきます。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水(200ml)と一緒に飲むようにしていきましょう。水はしっかりと飲み切りましょう。

 

 

③排便することができれば、その時点で服用は控えましょう。効果がなければ1週間は飲み続け、それでも効かない場合には服用は控えましょう。

 

以上のようにビオリズムの飲み方となります。またビオリズムだけに頼らずに、食事や運動などでの解消も同時に行うようにしましょう。

 

 

ビオリズムは便秘だけでなく、あらゆる効果があるため試してみる価値があります。

 

 

ということでビオリズムの便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ