下痢と便秘薬

便秘薬で下痢が止まらない時の対処法について!

便秘薬で下痢が止まらない時の対処法について!

 

 

便秘薬を服用すると副作用のひとつとして、下痢が生じてしまうことが挙げられます。

 

 

なぜ下痢になるのかというと、便秘薬によって腸が過剰に刺激されて、痙攣している状態だからです。※腸が過剰に動くので下痢と一緒に腹痛も起きます。

 

 

便が出ないよりも下痢が出た方がvいいのですが、しかし理想は大きくて柔らかいバナナのような便が出ることです。

 

 

下痢として出ると一緒に善玉菌も排出されてしまい、腸内環境が乱れてしまうからです。そのためまた便秘を起こしてループしてしまいます。

 

 

そのためここでは便秘薬で下痢が止まらない時の対処法と下痢になりにくい便秘薬をお伝えします。

 

 

便秘薬によって下痢になった時の対処法

 

 

まず便秘薬で下痢になった場合には、服用した便秘薬は一旦控えましょう。そして下痢を止めるために以下の方法を試してください。

 

 

①下痢を抑えるツボを刺激する

 

 

まず下痢を止めるためのツボをご紹介します。そのツボは下痢点と呼ばれるツボのことです。

 

 

右手の薬指から伸びた、手の甲の部分にあるツボです。このツボを反対の手の親指で2~3分ほど刺激するようにしていきます。手軽に止めることができる方法なのでぜひ試してみてください。

 

 

②腹痛や下痢を抑える体勢

 

 

腹痛や下痢が起きたときには左半身を下にして横向きで寝る姿勢をとるようにしていきましょう。

 

 

この姿勢はシムス位という姿勢です。画像よりも体を丸め込む方が良いでしょう。

 

 

右半身を下にして寝ると臓器に負担がかかりやすいので、左半身を下にして体を丸めこみましょう。

 

 

下痢が止まらないときにこの姿勢でやり過ごすようにしていきましょう。およそ5分ほど耐えることによって、楽になっていきます。

 

 

③お湯を飲むようにする

 

 

ツボで姿勢で下痢がある程度治まった後は温かいお湯を飲むようにしていきます。45度ほどのお茶などがベストですね。

 

 

温かいお茶を飲むことによって、腸の運動が和らいで、下痢やお腹の痛みがさらに落ち着いてきます。

 

 

下痢だから水分補給をしないのは間違っています。水分によって下痢になっているわけではなく、腸が痙攣しているためです。

 

 

下痢の後には水分量が低下しているので、しっかりと補給するようにしていきましょう。また朝起きてすぐに1杯飲むことによって、自然な腸の運動を促すことができますので、便秘の時も飲むようにしてみてください。

 

 

④整腸剤を服用する

 

 

下痢が出ると一緒に善玉菌が排出されてしまうので、整腸剤などを服用して善玉菌を補うことが重要です。

 

 

これによって次なる便秘を予防することにもつながります。市販の整腸剤であれば新ビオフェルミンS錠などが効果的と言えます。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2~4日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

新ビオフェルミンS錠には3つの乳酸菌が配合されており、これらが善玉菌のエサとなり腸内環境を整えます。

 

 

およそ3日間服用するだけで、整腸作用が促されていきます。大きく柔らかい理想的な便が出ますので、便秘がちな人は継続的に飲むことをおすすめします。

 

 

他にもヨーグルトやキムチ、納豆などを食べるようにしましょう。

 

 

ということで便秘薬で下痢になった場合には以上の4つを実践するようにしてみてください。

 

 

下痢になりにくい便秘薬を服用しよう

 

 

下痢になるのが嫌な場合には下痢になりにくい便秘薬を服用していきましょう。具体的には酸化マグネシウム系のものを服用しましょう。

 

 

酸化マグネシウムは腸内に水分を集めて自然な便意を生じていきます。刺激性ではないので、コーラック(ビサコジル)、タケダ漢方便秘薬(ダイオウ)、スルーラック(センナ)などの便秘薬よりも下痢になりにくいとされます。

 

 

市販の酸化マグネシウムを配合した便秘薬であれば3aマグネシアが挙げられます。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

効果:服用から8~12時間

 

副作用:軟便、下痢

 

酸化マグネシウムは腸内に水分を集めて、便意を生じていきます。1日1回就寝前に3~6錠服用していくことで翌日には排便できます。

 

 

※この時も最低量の3錠から飲み始めましょう。本当に副作用が心配なら1錠から服用しても大丈夫です。

 

 

ただしどうしても便が出ないときには、コーラックなどの刺激性の便秘薬で、下痢になってもいいから出すようにしましょう。

 

 

ということで便秘薬で下痢になった時の対処法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ