桂枝加芍薬湯と便秘

桂枝加芍薬湯の便秘への効果と副作用、飲み方について!

桂枝加芍薬湯の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

桂枝加芍薬湯は胃腸科などで処方される生薬で、下痢、お腹の張り、腹痛などに処方されます。病院を受診せずとも市販のものを購入することができます。値段は8日分で1800円となります。

 

 

そして桂枝加芍薬湯は便秘に対しても効果があります。特に生理前の便秘などにはとても有効とされています。

 

 

ここでは桂枝加芍薬湯の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

桂枝加芍薬湯の便秘への効果

 

 

桂枝加芍薬湯には桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、生姜(ショウキョウ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)の5つの生薬が配合されています。

 

 

それぞれどのような効果があるのか解説したいと思います。

 

 

①桂皮(ケイヒ)

 

 

ケイヒは胃の中で働き、胃炎や胃痛を抑える働きを持っています。また消化不良を解消して食欲を増進させる効果があります。

 

 

未消化の食べ物が運ばれることによって、便がしっかりと形成されないため胃の働きを向上させるのは便秘解消にとっても必要不可欠です。

 

 

②芍薬(シャクヤク)

 

 

シャクヤクはホルモンバランスを安定させる働きを持っています。特に生理前は黄体ホルモンが多く分泌され、これによって子宮収縮も抑えられますが、腸の運動も抑えられてしまいます。

 

 

しかし桂枝加芍薬湯を服用することで、ホルモンバランスが安定して、正常な腸の運動が保たれます。そのため生理前の便秘などにとても有効とされます。

 

 

また血行を改善することによって、デトックス作用も促されていきますし、肌荒れの改善にもつながっていきます。

 

 

③生姜(ショウキョウ)

 

 

生姜はその名のとおりショウガのことです。特に体を温める作用があり、冷え性の改善に効果的なのは有名ですね。

 

 

そしてこの生姜は内臓機能を向上させることによって、本来の腸の運動を取り戻して、根本的に解消させることにもつながります。

 

 

③大棗(タイソウ)

 

 

タイソウが配合されている漢方便秘薬はかなり珍しいとされています。このタイソウにはカリウムと食物繊維が豊富に含まれます。

 

 

カリウムは体内の水分の巡りを良くする働きを持っており、むくみを解消する効果があります。

 

 

また食物繊維は便を構成する成分で、便を大きくしっかりと形成して排便しやすくさせることができます。

 

 

④甘草(カンゾウ)

 

 

カンゾウは腸の過剰な運動を抑える作用があり、下痢や腹痛の予防効果があるとされます。

 

 

さらに抗炎症作用があることで、肌荒れなども落ち着かせる効果も持っています。

 

 

以上のように桂枝加芍薬湯は便秘やそのほかの症状に対して有効とされます。

 

 

桂枝加芍薬湯の便秘への効き目について

 

 

桂枝加芍薬湯を服用することで、どれくらいで便秘に効くのかというと

 

 

・腸の運動はおよそ7~10時間後ほどで活発になっていき、便意が生じます。

 

・胃痛や消化不良に対してはおよそ2~3時間後には効き始めるとされます。

 

・むくみや冷え性に対してはおよそ1週間ほどで改善されていきます。

 

・1週間服用してもみても効果がなければ、便秘解消には控えるようにしましょう。

 

以上のように桂枝加芍薬湯は便秘に対して効いていきます。

 

 

桂枝加芍薬湯の副作用について

 

 

桂枝加芍薬湯には刺激性となる生薬は含まれていないため、安全性は極めて高いです。

 

 

ただし稀にですが、胃の不快感、腹痛、下痢、軟便、皮膚のかゆみなどが生じます。その場合には服用は控えるようにしましょう。

 

 

基本的には問題ありません。ただし妊婦さんや授乳中の方は控えるようにしましょう。

 

 

桂枝加芍薬湯の便秘への飲み方について

 

 

桂枝加芍薬湯で便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

 

①桂枝加芍薬湯は基本的に1日3回(1回1包)朝と夕の食前に服用するようにしていきます。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水と一緒に飲むようにしていきます。また食べ物や運動などもしっかりととりましょう。

 

 

③便秘が解消されれば、その時点で服用はやめるようにしてください。

 

 

④便秘に対しては最低でも1週間服用して、効果がなければ控えるようにしてください。

 

 

以上のように桂枝加芍薬湯を飲むようにしてください。ただ桂枝加芍薬湯はどうしても出ないときにのみ服用するようにしましょう。

 

 

食物繊維を摂取できる漢方薬は非常に珍しいので、桂枝加芍薬湯は試してみる価値は大いにあるでしょう。

 

 

ということで桂枝加芍薬湯の便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ