ワカ末漢方便秘薬と便秘

ワカ末漢方便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方!

ワカ末漢方便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方!



クラシエのワカ末漢方便秘薬は生薬を配合した便秘に効く緑色の錠剤です。


薬局やドラッグストアでも売られており、72錠(12日分)で1200円となっております。またワカ末漢方便秘薬は肌荒れに対しても有効とされます。


ここではワカ末漢方便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。


ワカ末漢方便秘薬の効果について



ワカ末漢方便秘薬には有効成分としてダイオウ、カンゾウの2つの成分が配合されています。それぞれどのように便秘に対して効くのか解説します。


①ダイオウ


ダイオウというのは代表的な刺激性のある生薬です。大腸に届けられることによって、便を押し出すぜんどう運動を促して便意を引き起こします。


コーラックの有効成分であるビサコジルのように強い刺激はなく、緩やかに刺激します。


そのため自然に近い排便を促すことができます。またダイオウは腸本来の運動も取り戻すことができて、排便後はワカ末漢方便秘薬なしで排便することができます。


②カンゾウ


カンゾウ(甘草)というのは過剰なお腹の動きを抑える働きを持っています。※ダイオウとカンゾウは基本的にワンセットとなります。


カンゾウを摂取することによって、ダイオウが効きすぎてしまうことによる下痢や腹痛を抑えることができます。


またカンゾウには抗炎症作用があります。そのためワカ末漢方便秘薬を摂取することで肌荒れなどを抑えることができます。


以上のようにワカ末漢方便秘薬は便秘に対して効いていきます。


ちなみにダイオウとカンゾウの2つを配合した市販の便秘薬は他にタケダ漢方便秘薬が挙げられます。


会社:タケダ薬品工業株式会社

値段:180錠で約2500円

成分:大黄、甘草

服用法:子供の場合には1日半錠~1錠を水と一緒に服用する


タケダ漢方便秘薬もワカ末漢方便秘薬も特に腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘や直腸に便が溜まった直腸性便秘に有効とされます。


逆に便秘と下痢を繰り返してしまう痙攣性便秘には逆効果と言えますので、ワカ末漢方便秘薬は控えましょう。


ワカ末漢方便秘薬はどれくらいで効いてくる


ワカ末漢方便秘薬を摂取することでどれくらいで効くのかというと

・ダイオウによって便意が生じるのはおよそ7時間後となります。

・またカンゾウの抗炎症作用によって肌荒れなどはおよそ1~2週間ほどで症状が軽くなります。

・・ほとんどの方が3日以内には排便に成功します。しかし1週間服用しても効果がない場合には効かないと言えます。

以上のようにワカ末漢方便秘薬は便秘に対して効いていきます。就寝前に服用することによって朝排便することができます。


そのためワカ末漢方便秘薬を服用することで朝の自然な排便を取り戻すことが可能となります。


ワカ末漢方便秘薬の副作用について



ワカ末漢方便秘薬には基本的に生薬しか含まれないため、安全性は高いです。ただし刺激性のダイオウによって副作用が生じることがあります。


特に起こる症状としては腹痛、軟便、下痢などが起こりえます。また生薬が体に合わないと皮膚のかぶれ、かゆみなどが稀に起こります。その場合には服用は控えましょう。


ただしそこまで心配する必要はありません。しかし妊婦さんや授乳中の方はワカ末漢方便秘薬の服用を控えましょう。


ワカ末漢方便秘薬の飲み方について



ワカ末漢方便秘薬で便秘を解消する際の飲み方についてですが、

①基本的にワカ末漢方便秘薬は1日2回(1回3錠)空腹時に服用していきます。副作用が心配なら1錠から飲み始めても構いません。


②服用する際にはコップ1杯の水と一緒に飲むようにしていきます。水はしっかりと飲み切りましょう。


③排便することができればその時点で服用は控えます。効果がなければ継続的に服用します。


④最低でも1週間は服用するようにしていきます。それでも効果がなければ控えましょう。

以上のようにワカ末漢方便秘薬は便秘に対して効いていきます。ただしワカ末漢方便秘薬を服用するのはどうしても出ないときにしましょう。


ワカ末漢方便秘薬は生薬によって自然な排便を促すことができるので試してみる価値は大いにあります。


ということでワカ末漢方便秘薬の便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ