サトラックスエースと便秘

サトラックスエースの便秘への効果と副作用、飲み方!

サトラックスエースの便秘への効果と副作用、飲み方!

 

佐藤製薬のサトラックスエースは市販の便秘薬で、中身は白い錠剤になっております。※値段は72錠(1~2か月分)で1200円となっております。

 

 

そしてサトラックスエースは便秘だけでなく肌荒れやニキビに対しても有効とされています。

 

 

ここではサトラックスエースの便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

サトラックスエースの便秘への効果

 

 

サトラックスエースには有効成分としてビサコジル、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ピリドキシン塩酸塩が配合されています。

 

 

それぞれがどのように作用するのか簡単に解説したいと思います。

 

 

①ビサコジル

 

 

ビサコジルはコーラックなどにも含まれる刺激作用のある成分です。市販の成分の中では最も強力とされます。

 

 

ビサコジルが腸内に運ばれることによって、大腸の運動が促されていき、便を押し出すぜんどう運動を促していきます。

 

 

②ジオクチルソジウムスルホサクシネート

 

 

ジオクチルソジウムスルホサクシネートは通称DSSのことです。

 

 

DDSが腸内に運ばれることによって界面活性作用を持っており、大腸に水分を浸透させることができます。

 

 

これによって腸内の固くなった便を柔らかくして、排便をしやすくすることが可能となっております。

 

 

③ピリドキシン塩酸塩

 

 

ピリドキシン塩酸塩はビタミンB6のことです。刺激性の便秘薬にビタミンB6が配合されているのは珍しいと言えます。

 

 

ピリドキシン塩酸塩には抗酸化作用と肌のターンオーバーを促す作用を持っています。

 

 

抗酸化作用によっ、口周りや顎周りのニキビ、肌荒れを改善することができ、さらに新陳代謝を促すことでニキビ跡を普通肌へと改善してくれます。

 

 

またピリドキシン塩酸塩はわずかにですが、腸内で善玉菌のエサとなるため腸内環境を整える役割も持っています。

 

 

以上のようにサトラックスエースは便秘に対して効いていきます。特に腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘、直腸内に固い便が溜まった直腸性便秘に対して有効とされます。

 

しかし便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘に対してはサトラックスエースは逆効果になる恐れがあるので控えましょう。

 

 

サトラックスエースの便秘への効き目

 

 

サトラックスエースを服用することによって、どれくらいで効くのかというと

 

・腸の運動は服用からおよそ7時間後には活発になって排便することができるでしょう。

 

・DDSが効くことによって、腸内の便はおよそ5~6時間後には柔らかくなっていくとされます。

 

・肌荒れやニキビなどの場合にはおよそ1~2週間後には改善されていきます。

 

以上のようにサトラックスエースは便秘やそのほかの症状に対して効いていきます。効き目が強いため、ほとんどの方が3日以内に排便できるとされます。

 

 

サトラックスエースの副作用について

 

 

サトラックスエースにはビサコジルなどの強い成分も含まれるため、副作用が生じてしまいます。

 

 

特に起こる可能性のある症状としては軟便、腹痛、下痢、胃の不快感などが挙げられます。その場合にはサトラックスエースの服用は控えましょう。

 

 

ただ用法用量を守ればサトラックスエースは市販薬なので安全性が高いです。※妊婦さんは必ず薬剤師さんや医師に相談しましょう。

 

 

サトラックスエースの便秘への飲み方について

 

 

サトラックスエースで便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

 

①基本的に1日1回(1回1~3錠)就寝前に服用するようにしていきます。最初は1錠から飲み始めましょう。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水と一緒に飲むようにします。水はしっかりと飲み切りようにしてください。

 

 

③もし排便することができれば、その時点で服用することができます。排便がなければ、1錠増やしてまた就寝前に服用します。

 

 

④サトラックスエースは1週間服用してみて、それでも効果がなければ控えるようにしてください。

 

以上のようにサトラックスエースを服用するようにします。ただしサトラックスエースはどうしても排便できないときに服用しましょう。

 

 

サトラックスエースにはビタミンやDSSなど珍しい成分が含まれているので試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでサトラックスエースの便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ