イストロン整腸錠プラスと便秘

イストロン整腸錠プラスの便秘への効果と副作用、飲み方!

イストロン整腸錠プラスの便秘への効果と副作用、飲み方!

 

 

イストロン整腸錠プラスは京都薬品ヘルスケアが販売している整腸剤の一種となります。中身は白い錠剤となっています。

 

 

薬局やドラッグストアでも売られており、イストロン整腸錠プラスの値段は360錠(40日分)で2850円となっています。

 

 

ここではイストロン整腸錠プラスの便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

イストロン整腸錠プラスの便秘への効果

 

 

イストロン整腸錠プラスには有効成分としてフェカリス菌、アシドフィルス菌、ビフィズス菌、ビオナットミン、消化酵素ビオヂアスターゼ2000が配合されています。

 

 

それぞれがどのように便秘に対して効くのかというと解説したいと思います。

 

 

①フェカリス菌

 

 

フェカリス菌は別名『コンクビオゼニン』と呼ばれています。そして乳酸菌というのはほとんどが大腸にすみつきますが、フェカリス菌は小腸にすみつきます。

 

 

フェカリス菌の129BIO3Bは小腸の腸内細菌叢(腸内フローラ)の増殖性に優れており、食べ物を消化しやすい小腸へと導きます。

 

 

フェカリス菌は今話題の腸内フローラを増やすのに欠かせない乳酸菌となっているというわけです。

 

 

②アシドフィルス菌

 

 

アシドフィルス菌KS-13というアシドフィルス菌は小腸で悪玉菌の増殖を抑える働きをします。

 

 

③ビフィズス菌

 

 

ビフィズス菌はあらゆる乳酸菌の中でも大腸内の定着率がとても高いG9-1と呼ばれるもので大腸に定着することでし、善玉菌を増やす効果があります。

 

 

イストロン整腸錠プラスに関わらずほとんどの整腸剤にはこのビフィズス菌が配合されています。

 

 

④ビオナットミン

 

 

ビオナットミンは納豆菌のことを指します。ビオナットミンは上の3つの乳酸菌を増やす効果があるとされます。これによりより腸内の善玉菌を増やすことができます。

 

 

⑤消化酵素ビオヂアスターゼ2000

 

 

消化酵素ビオヂアスターゼ2000は炭水化物を消化を促す働きを持っています。これによって消化不良を改善する効果があるとされます。

 

 

消化不良を起こしていると便がしっかりと形成されずに排便がしづらくなってしまうので、注意してください。

 

 

以上のようにイストロン整腸錠プラスは便秘に対して効いていきます。

 

 

またフェカリス菌、アシドフィルス菌、ビフィズス菌を配合した整腸剤には新ビオフェルミンS錠が挙げられます。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2~4日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

 

しかしイストロン整腸錠プラスには納豆菌と消化酵素ビオヂアスターゼ2000が含まれているので、成分上では優っていると言えます。

 

 

イストロン整腸錠プラスの便秘への効き目

 

 

イストロン整腸錠プラスを服用することでどれくらいで便秘に効くのかについてですが

 

・消化酵素ビオヂアスターゼ2000によって炭水化物の消化不良はおよそ2~3日で改善されていきます。

 

・乳酸菌によって3日以内には腸内環境が整っていきます。

 

・そしてほとんどの方は1週間ほどで排便があるとされます。それでも解消されない場合には控えた方がいいでしょう。

 

以上のようにイストロン整腸錠プラスは便秘に効いていきます。下剤のような即効性はありませんが、根本的に解消することが可能です。

 

 

イストロン整腸錠プラスの副作用について

 

 

イストロン整腸錠プラスには基本的に乳酸菌や酵素しか含まれないため安全性は高いです。

 

 

ただし稀にですが、皮膚のかゆみ、お腹の張り、軟便、下痢などが生じる可能性があります。その場合には服用は控えるようにしてください。

 

 

基本的には妊婦さんでも服用可能なほど安全性は高いので安心してください。

 

 

イストロン整腸錠プラスの便秘への飲み方について

 

 

イストロン整腸錠プラスで便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

 

①基本的にイストロン整腸錠プラスは1日3回(1回3錠)食後に服用します。食前だと胃酸の影響を受けやすいので注意してください。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水と一緒に飲むようにしましょう。水は飲み切りましょう。

 

 

③イストロン整腸錠プラスだけに頼らず、運動や食事も行うようにしていきましょう。

 

 

④基本的に便秘に対しては1週間は服用するようにしていきます。それでもダメなら控えましょう。

 

以上のようにイストロン整腸錠プラスは飲むようにしていきます。便秘が解消された後も飲み続けることができます。

 

 

イストロン整腸錠プラスには乳酸菌だけでなく、酵素も含まれているので試してみる価値は大いにあるでしょう。

 

 

ということでイストロン整腸錠プラスの便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ