セレキノン錠と便秘

セレキノン錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

セレキノン錠の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

セレキノン錠は田辺三菱製薬株式会社が製造している胃腸薬です。胃もたれや食欲不振だけでなく便秘に対しても効果があるとされます。

 

 

市販はされておらず、胃腸科や内科で処方してもらう必要があります。薬価は1錠あたり15円となっています。

 

 

ここではセレキノン錠の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

セレキノン錠の便秘への効果について

 

 

セレキノン錠には有効成分としてトリメブチンマレイン酸塩が配合されています。※他の薬には含まれていないオリジナル成分と言えます。

 

 

このトリメブチンマレイン酸塩には2つの働きがあります。

 

 

①胃の働きを向上させる

 

 

トリメブチンマレイン酸塩はまず食べ物を胃から腸へと送る働きを高めることが可能となります。これによよって消化不良を改善して食欲を増進させることができます。

 

 

また消化吸収もスムーズになって、柔らかくて大きな便を形成させることができます。他の薬ではガスモチン錠などが同じ効果があるとされますね。

 

 

 

②腸の運動の正常化

 

 

通常の便秘薬であれば、鈍くなった腸を活発にさせるだけですが、セレキノン錠は腸の運動の正常化をはかります。

 

 

具体的には腸が活発になりすぎて痙攣している場合には腸の運動を抑えて、停滞している場合には活発にさせる働きを促します。

 

 

これによって便秘と下痢を繰り返してしまう痙攣性便秘に対してもセレキノン錠は効くとされています。

 

 

以上のようにセレキノン錠は便秘に対して効果があるとされます。

 

 

セレキノン錠の便秘への効き目

 

 

セレキノン錠を服用することによって、どれくらいで便秘に効くのかというと、

 

・胃の食べ物は服用から2~3時間ほどで腸へと運ばれていき、胃もたれなどが改善されていきます。

 

・腸の正常化はおよそ2~3日ほどで安定していき、1週間もすれば自然な排便が取り戻すことができるとされます。

 

以上のようにセレキノン錠は便秘に対して効いていきます。ただし刺激性の下剤のように即効性はありません。

 

 

もし7時間後などすぐに出したい場合にはコーラックなどの刺激性の便秘薬を服用しましょう。

 

 

会社:ゼリア新薬工業株式会社

 

成分:ビサコジル

 

効果:便秘には服用から30~2時間

 

値段:350錠入2500円

 

副作用:腹痛 吐き気

 

賛否両論ですが、個人的にとりあえず出したい時にはお勧めと言えます。

 

 

セレキノン錠の副作用について

 

 

セレキノン錠に含まれる成分は刺激成分ではないため、副作用が起こることは少ないです。

 

 

ただし稀にですが、副作用として腹痛や胃の不快感、皮膚のかゆみなどが生じる可能性があります。

 

 

基本的に大きな刺激となる成分ではないため、セレキノン錠はそこまで心配しなくとも大丈夫です。

 

 

セレキノン錠の飲み方について

 

 

セレキノン錠で便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

①基本的にセレキノン錠は1日3回毎回の食事の後に服用するようにしていきます。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水と一緒に飲むようにしていきます。水はしっかりと飲みきりましょう。

 

 

③どれくらい飲み続けるかは医師が判断しますので、しっかりと聞くようにしてください。

 

以上のようにセレキノン錠は服用するようにしていきます。

 

 

セレキノン錠には独自のトリメブチンマレイン酸塩が配合されているので試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでセレキノン錠の便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ