生理前の便秘薬

生理前の便秘に効くおすすめの便秘薬について!

生理前の便秘に効くおすすめの便秘薬について!

 

生理前というのは黄体ホルモンの分泌によって引き起こされることが原因とされています。

 

 

黄体ホルモンは子宮の収縮を抑制する働きを持っており、同時に大腸の運動も抑制されてしまうからです。

 

 

また便が大腸にとどまることによって、便も固くなり、黄体期(生理前)が終わっても便秘が続いてしまう場合があります。

 

 

そのため生理前の便秘というのはなかなか日々の生活習慣で解消するのは難しいと言えます。ですので生理前は便秘薬に頼るのも有効な手段と言えます。

 

 

ここでは生理前の便秘に効くおすすめの便秘薬、そして服用は控えた方がよい便秘薬についてお伝えしたいと思います。

 

 

生理前には控えた方がよい便秘薬

 

 

まず生理前の便秘には控えた方がよい便秘薬についてお伝えします。一言でいえば、刺激性のある便秘薬が挙げられます。

 

 

生理前は子宮の収縮が抑えられていますが、刺激性の便秘薬を服用することで大腸が動くのですが、同時に子宮にも刺激を与えてしまいます。

 

 

もし妊娠初期の状態であれば胎児にも影響を与える可能性もあるので刺激性の便秘薬は控えましょう。

 

 

市販の便秘薬であれば、ビサコジル系のコーラック、スルーラックは一番刺激が強いので控えましょう。

 

 

会社:ゼリア新薬工業株式会社

 

成分:ビサコジル

 

効果:便秘には服用から30分~6時間

 

値段:350錠入2500円

 

副作用:腹痛 吐き気

 

 

その他にもセンナ系の新ウィズワン、ダイオウ系の武田漢方便秘薬なども刺激を与えるので生理前は控えるようにしましょう。

 

 

会社:大正製薬

 

成分:プランタゴオバタとセンノシド

 

効果:便秘には服用から4時間ほどで効く

 

値段:48日分で2480円

 

副作用:軽い腹痛 軽い下痢

 

 

会社:タケダ薬品工業株式会社

 

値段:180錠で約2500円

 

成分:大黄、甘草

 

服用法:子供の場合には1日半錠~1錠を水と一緒に服用する

 

 

これらの便秘薬は生理前の便秘や妊娠中の便秘には控えるようにしてください。

 

 

生理前におすすめの便秘薬

 

 

生理前の便秘に効くおすすめの便秘薬は酸化マグネシウム系が挙げられます。

 

 

酸化マグネシウムが大腸に送られると、浸透圧を変化させて水分を集める働きを持っています。これによって便に水分を含ませて柔らかくして便秘を解消させます。

 

 

服用からおよそ8時間後には効いていきます。また胃酸を分解する働きもあるため、生理前の胃痛や吐き気などに対しても効果があるとされます。

 

 

市販の便秘薬であれば3aマグネシアが挙げられますね。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

効果:服用から8~12時間

 

副作用:軟便、下痢

 

 

市販ではこの3aマグネシアを服用するようにしましょう。3aマグネシアはほとんどの薬局やドラッグストアには置いてあります。

 

 

また生理前の便秘に対して病院では酸化マグネシウム系のマグミット錠などが処方されます。

 

 

製薬会社:健栄製薬株式会社

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:1錠あたり5.6円

 

用法用量:食前か食後に1日3回1回あたり1錠服用

 

 

もし生理前に便秘が起こる場合には酸化マグネシウム系の便秘薬を服用しましょう。酸化マグネシウム系の便秘薬は癖になることはないので、定期的に服用することが可能なのもメリットです。

 

 

ただし1週間服用しても解消できない場合には病院を受診しましょう。

 

 

②できれば整腸剤も服用する

 

 

また余裕があれば整腸剤も服用するようにしましょう。生理前の便秘により、慢性的に腸内環境の乱れを起こしている可能性が高いです。

 

 

市販の整腸剤であれば新ビオフェルミンS錠がおすすめと言えます。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2~4日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

新ビオフェルミンS錠は3つの乳酸菌が善玉菌のエサとなって腸内環境を整えてくれます。新ビオフェルミンS錠を7日間服用することで腸内環境が整っていきます。

 

 

以上が生理前の便秘に効くおすすめの便秘薬となります。

 

 

便秘薬だけでなく、生理前の便秘は便が固くなる傾向にあるので、しっかりと1日1.5リットルほどの水分を摂取するようにしていきましょう。

 

 

ということで生理前の便秘に効くおすすめの便秘薬についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ