ビオフェルミン下痢止めと下痢

ビオフェルミン下痢止めの効果と副作用、飲み方について!

ビオフェルミン下痢止めの効果と副作用、飲み方について!

 

ビオフェルミン下痢止めはビオフェルミン製薬が製造している下痢止め用の飲み薬です。

 

 

薬局やドラッグストアでも売られており、値段は30錠(3日分)で660円となっています。中身は黄色い錠剤となっています。

 

 

ちなみにビオフェルミン止瀉薬がありますが、止瀉薬は飲みすぎや食べ過ぎによる下痢に効きます。対してビオフェルミン下痢止めは腹痛を伴う下痢によく効きます。

 

 

ここではビオフェルミン下痢止めの効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

ビオフェルミン下痢止めの効果について

 

 

ビオフェルミン下痢止めには有効成分としてタンニン酸ベルベリン、ゲンノショウコ乾燥エキス、ロートエキス、シャクヤクエキス、ビフィズス菌が配合されています。

 

 

それぞれがどのように下痢に対して効くのか解説したいと思います。

 

 

①タンニン酸ベルベリン

 

 

タンニン酸ベルベリンは便を押し出すぜんどう運動を抑制する働きを持っており、これによって下痢を抑えることができます。

 

 

また腸内の腐敗や異常発酵を抑える働きがあり、腹部膨張や腹痛を抑える働きもあります。

 

 

②ゲンノショウコ乾燥エキス

 

 

ゲンノショウコ乾燥エキスはショウガを乾燥させたもので、胃腸の粘膜を保護する働きを持っています。

 

 

そのためビオフェルミン下痢止めは胃もたれや胃炎などに対しても効果があるとされます。

 

 

③ロートエキス

 

 

ロートエキスは生薬の一種で、腸の痙攣を抑えて下痢や急激な腹痛を抑える働きを持っています。

 

 

④シャクヤクエキス

 

 

シャクヤクエキスは血流の流れを向上させて、頭痛やめまい、むくみ、冷え性など全般的な症状に効いていきます。

 

 

また内臓機能を向上させる働きを持っており、食欲不振を解消して食欲を増進させます。

 

 

⑤ビフィズス菌

 

 

ビフィズス菌は代表的な乳酸菌で下痢止めに配合されているのは珍しいと言えます。※整腸剤の新ビオフェルミンS錠にも配合されています。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2~4日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

ビフィズス菌は大腸の善玉菌のエサとなる働きがあり、善玉菌の量を増やして腸内環境を整っていきます。※特に下痢と一緒に善玉菌も排出して、腸内の善玉菌が減るので、しっかりと増やす必要があります。

 

 

腸内環境が整うことによって、柔らかくて大きい便を形成することができて下痢や便秘の両方に効くとされます。

 

 

以上のようにビオフェルミン下痢止めは下痢や便秘にも効いていきます。

 

 

ビオフェルミン下痢止めの効き目について

 

 

ビオフェルミン下痢止めを服用することでどれくらいで効くのかというと、

 

・下痢や腹痛に対しては服用からおよそ3~4時間ほどで落ち着いていきます。

 

・腸内環境はおよそ3日間ほどで整っていきます。1週間後から快便になるとされます。

 

以上のようにビオフェルミン下痢止めは効いていきます。

 

 

ビオフェルミン下痢止めの副作用について

 

 

ビオフェルミン下痢止めには刺激となる成分は含まれていないため副作用が起こることはほとんどありません。

 

 

ただし稀にですが、皮膚の発疹、かゆみ、発赤、頭痛などの症状が出る場合があります。その場合には服用は控えるようにしましょう。

 

 

基本的に安全性は高いので安心してください。ただし妊婦さんの場合には薬剤師や医師に尋ねるようにしましょう。

 

 

ビオフェルミン下痢止めの便秘への飲み方について

 

 

ビオフェルミン下痢止めで下痢を止める場合の飲み方についてですが、

 

①基本的にビオフェルミン下痢止めは1日3回(1回3錠)毎回の食事の後に服用します。

 

 

②服用する際にはコップ1杯の水と一緒に飲むようにしてください。

 

 

③服用後は体をあまり動かさないようにして、安静にしましょう。

 

 

④3日間服用しても効果がない場合にはビオフェルミン下痢止めは効かないと言えます。

 

以上のようにビオフェルミン下痢止めは飲むようにしていきます。下痢がおさまったら、ビオフェルミン下痢止めは中止してください。代わりに新ビオフェルミンS錠を替えて服用しても構いません。

 

 

ビオフェルミン下痢止めには下痢止めの効果だけでなく、整腸作用もあるのでお勧めと言えます。

 

 

ということでビオフェルミン下痢止めの効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ