便秘が原因で女性が死亡

便秘で女性が死亡!?【知らないと怖い女性の便秘】

便秘が原因で女性が死亡!?

 

 

便秘で女性が死亡してしまったニュースをご存知ですか?
1998年に会社員の女性が便秘で死亡してしまいました。

 

 

ここでは便秘で死亡してしまった女性の原因と症状についてと死亡の可能性がある便秘について解消法についてお伝えします。

 

 

※女性の解剖画像が一部出るサイトがあるようですが、当サイトには一切掲載しておりませんので、ご了承ください。

 

 

21歳の会社員の女性が便秘で死亡

 

 

その女性は1年間ほど慢性的に便秘に悩まされており、時々腹痛に襲われていたりしたそうです。

 

 

しかし便秘に診察には1度も行かずに自分で市販の便秘薬で解消していました。

 

 

死亡から2日前までは仕事があったそうなので、普通に仕事をしていたそうです。

 

 

そして女性は死亡の前日と当日は仕事が休みで自宅で療養していたということでした。

 

 

女性は死亡当日、朝食を食べずに朝から自分の部屋で休んでいたのですが、不幸にもトイレで亡くなっているところを学校から帰ってきた女性の弟により発見されました。

 

 

その後、女性の死亡原因を調べるために女性の体を解剖してみると、腸内に6.7kgもの便が溜まっていたそうです。

 

 

女性の死亡理由は便秘で便が腸に詰まったことによる腸閉塞でした。女性の体は妊娠したように膨れ上がっていたそうです。

 

 

便秘は女性の3人に2人という圧倒的な症状数ですので決して他人ごとではありません。

 

 

次に便秘で死亡してしまった女性の原因や症状を詳しく紹介しますので、もし現在便秘に悩んでいる方は自分の便秘と似ていないか見てください。

 

 

便秘で死亡した女性の症状

 

 

・長期的便秘によりコンクリートのような便が腸内にたまり便やおならが全く出なかったようです。

 

 

・お腹もガスで相当膨らんでいました。

 

 

・また死亡した前日は風邪と腹痛を訴えていたそうです。

 

 

便が固くなって溜まってしまう直腸性便秘を引き起こしていたと推察されます。

 

 

死亡した女性の便秘の原因

 

 

便秘によって便が溜まり死亡してしまったとされますが、元々はどうして便秘になってしまったのかというと

 

 

肉や乳製品の食べ過ぎによるものだったそうです。

 

 

肉を食べると大腸の癒着という、腸の壁に炎症が起こることによって腸管がくっついてしまい、便が詰まって腸閉塞によって死亡しました。

 

 

お肉はタンパク質を含んでいますが、実はタンパク質は腸内で悪玉菌に変わるため、腸内環境を悪化させてしまいます。

 

 

便秘は日々の食生活が非常に重要だということです。

 

 

腸閉塞になる前の対策法について

 

 

長い時間便秘でいると、便が溜まって腸閉塞が起こる可能性があります。腸閉塞が起きた瞬間、人は激痛で立っていられないほどになります。

 

 

そして救急車で運ばれて、腸から便を摘出する手術が施されます。

 

 

運が悪いと死亡してしまうケースになるので、腸閉塞を起こさないで、日々便秘を解消するか、その前に病院で診てもらう必要があります。

 

 

腸閉塞が起こる場合は直腸に便が溜まる直腸性便秘をほとんどの場合引き起こしているのでそれを解消することが必要ですのでその解消法をお伝えします。

 

 

①マグネシウム系の下剤

 

 

便が固くなって溜まっている直腸性便秘はマグネシウム系の下剤を服用すれば、腸に水分が浸透して、便を柔らかくして自然な排便を促すことができます。

 

 

依存症や副作用が怖いかと思いますが、腸を刺激するわけではないですし、安全性が高く妊婦さんでも安心して服用できます。

 

 

病院ではマグミット錠、市販では3aマグネシアというものがあります。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

効果:服用から1~2日

 

値段:360錠4000円

 

副作用:上限を超えて服用すると下痢になることも

 

 

②水分摂取

 

 

腸に溜まった便を出すためにはとにかく水分摂取です。1日で最低でも1.5リットルは飲むようにしましょう。

 

 

特に朝起きて5分以内にコップ1杯の水を一気に飲むということを試してください。朝、水を飲むことで腸を活発にすることができます。

 

 

またおすすめの飲み物としてはココアが挙げられます。

 

 

 

 

ココアにはリグニンという成分が含まれており、腸内の善玉菌を増やすことができますので、腸内環境を整えることができます。

 

 

1日最低1杯でもココアは飲むようにしましょう。

 

 

ダメそうならば病院へ

 

 

飲み物や下剤、そして適度な運動などをしっかりと行っても症状が進行している便秘はなかなか解消することができません。

 

 

その場合にはすぐに近くの便秘外来か胃腸科を受診しましょう。病院では浣腸や滴便をしてくれます。

 

 

腸閉塞はいつ起こるか分からないので、早めに病院に行きましょう。

 

 

ということで便秘が原因で死亡した女性についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ