赤ちゃんの便秘解消法

赤ちゃんの痔の原因と病気の危険性

赤ちゃんの痔の原因と病気の危険性

 

赤ちゃんの肛門は非常に繊細であるため、
出血しやすく、痔になってしまいます。

 

 

この痔の原因のほとんどが便が固くなっていることで
排便時に傷つけてしまうからなんです。

 

 

特に離乳食期はまだ体が消化になれていないため、
うんちが固くなってしまい、痔になりやすいです。

 

 

また赤ちゃんは痔になると、痔による痛みを嫌がるため
今度は排便をしなくなってしまいます。

 

 

すると今度はそれが便秘を引き起こしてしまい
⇒また便が固くなることでさらにひどい痔をつくる

 

という悪循環に陥ってしまいます。

 

 

赤ちゃんの痔の病気

 

 

赤ちゃんの痔が深刻になると肛門付近に膿がたまり
肛門周囲膿瘍という病気になってしまいます。

 

 

肛門周囲膿瘍の症状として、
肛門の一部分が盛り上がってしまい、その下に切れ痔になることが多いです。

 

 

 

 

軽度の出血ならほとんどの赤ちゃんは経験することなので、
あまり心配する必要はありませんが、赤ちゃんの痔は放っておくと、

 

病気になってしまいますので、出血がひどい場合
いつまでも痔に悩まされているならば医師に相談しましょう。

 

 

以上、赤ちゃんの痔の原因と病気の危険性でした。

 

 

赤ちゃんにも安全で効果のある便秘解消法

 

友人の赤ちゃん便秘を解消した方法

 

友人の赤ちゃん(生後4か月)が離乳食を食べ始めてから6日間も出なくなってしまった…

 

そんな相談を受け私はカイテキオリゴというオリゴ糖を
離乳食に加えてみては?と提案してみました。

 

はたして赤ちゃんは解消できるのでしょうか? 

 

⇒体験談のつづきはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ