赤ちゃんが排便時に泣くのは便秘かも

赤ちゃんが排便時に泣くのは便秘の危険度MAX

赤ちゃんが排便時に泣くのは便秘の危険度MAX

 

 

赤ちゃんはうんちをする時というのは、肛門が刺激されて
大人と同じく気持ちいい感覚を覚えます。

 

 

しかし便秘によって、うんちが固いと痛みや不快感などから
とにかく泣きます。生後4か月の息子も泣いてしまいました。

 

 

もし排便時に赤ちゃんが泣く素振りを見せたら
便秘の危険度が非常に高いので注意が必要です。

 

 

 

泣く以外の赤ちゃんの便秘かもしれない症状!

 

 

泣くことは赤ちゃんの便秘の症状の代表ですが
泣く以外にも便秘のサインがあるので紹介します。

 

 

1 赤く顔がいきむ

 

 

泣くのではなく、赤ちゃんが排便時に顔を赤くするのは
便が固く、踏ん張っている証拠です。

 

 

ですからうんちをする時に赤い顔は便秘の
合図かもしれませんので、うんちの状態に注意しましょう!

 

 

2 不機嫌

 

 

泣くまではいかないけど、どこか不快な様子。

 

 

初めに言った通り、うんちをするときは赤ちゃんは気持ちいいはずです。
泣いたり、機嫌が悪い場合は、排便が不快な証拠なためきをつけなくてはいけません。

 

 

 

 

ということで以上が赤ちゃんが泣くのは便秘の
危険が高く、泣く以外でも不快な素ぶりをみせたら、しっかりと確認しましょう!

 

 

赤ちゃんにも安全で効果のある便秘解消法

 

友人の赤ちゃん便秘を解消した方法

 

友人の赤ちゃん(生後4か月)が離乳食を食べ始めてから6日間も出なくなってしまった…

 

そんな相談を受け私はカイテキオリゴというオリゴ糖を
離乳食に加えてみては?と提案してみました。

 

はたして赤ちゃんは解消できるのでしょうか? 

 

⇒体験談のつづきはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ