マルツエキスと赤ちゃんの便秘

マルツエキスの便秘への効果と副作用、飲ませ方について!

マルツエキスの便秘への効果と副作用、飲ませ方について!

 

 

 

マルツエキスは明治39年に和光堂株式会社によって作られた歴史のある赤ちゃん用の便秘薬です。ただし大人が服用しても便秘に対して効果があるとされます。

 

 

マルツエキスの中身は水あめのようになっており、ザラメの薄い感じの味になっていますので赤ちゃんでも飲み物に混ぜればしっかりと飲んでくれます。薬局やドラッグストアでも売られております。値段は260g(40日分)で1650円となっています。

 

 

ここではマルツエキスの便秘への効果と副作用、飲ませ方についてお伝えしたいと思います。

 

 

マルツエキスの便秘への効果について

 

 

マルツエキスの有効成分として麦芽糖が配合されています。この麦芽糖はさつまいもにも含まれるでんぷんの一種とされます。

 

 

この麦芽糖が腸内に運ばれることによって、腸内の善玉菌のエサとなっていきます。すると善玉菌が増えることによって腸内環境が整っていくとされます。腸内環境が整うと便も柔らかくなって排便されやすくなります。

 

 

また麦芽糖が善玉菌のエサとなる際には乳酸や酢酸といった成分が分泌されます。するとこの乳酸と酢酸がポコポコと腸壁を刺激することによって、腸を活発にして便意を引き起こすことができます。

 

 

さつまいもを食べたときにもおならがしたくなるのは乳酸や酢酸が腸を活発にしているからとされています。またビオフェルミンなどの整腸剤も同じ作用があります。

 

 

以上のようにマルツエキスは便秘に対して効いていきます。

 

 

マルツエキスの便秘への効き目

 

 

マルツエキスを服用してどれくらいで便秘に効くのかというと、

 

 

・麦芽糖によって乳酸や酢酸が発生して、腸が活発になるのはおよそ6時間後とされます。※大人も同じくらいで効いていきます。

 

・また腸内環境自体にはおよそ2~3日後には改善されていきます。

 

以上のようにマルツエキスを服用することで便秘に対して効いていきます。ただし1週間服用しても効果がない場合には服用は控えた方がよいでしょう。

 

 

マルツエキスの副作用について

 

 

マルツエキスは麦芽糖を配合して、薬用成分は配合されているので安全性が高いとされます。ただし副作用が全く起きないわけではないとされます。

 

 

特に軽い腹痛や嘔吐を引き起こしてしまう可能性もあります。もし服用中にそのような症状がみられたらマルツエキスの服用は控えるようにしましょう。

 

 

また糖分やカロリーなどの過剰摂取の心配はほとんどないとされています。しかし虫歯になるリスクがあるので、マルツエキスの服用後は歯磨きはしっかりと行うようにしてください。

 

 

マルツエキスの便秘への飲み方、飲ませ方

 

 

ではマルツエキスによって便秘を解消する場合の大人の飲み方と赤ちゃんへの飲ませ方について解説します。

 

 

大人の便秘の場合

 

①大人の場合には1日3回(1回15g)食後に服用するようにしていきます。

 

②服用する際にはそのまま食べてもいいですし、飲み物に混ぜても構いません。

 

③3日間服用しても改善されなければ服用は控えましょう。

 

生後1ヵ月~3ヶ月未満の場合

 

①生後1ヵ月~3ヶ月未満の場合には1日1~3回(1回3g)食事中に飲ませるようにしていきます。

 

②飲ませる際には母乳や人肌のミルクに混ぜて、哺乳瓶で飲ませてあげましょう。

 

③3日間服用しても改善されなければ服用は控えましょう。

 

生後3ヶ月~6ヶ月未満の場合

 

①生後3ヶ月~6ヶ月未満の場合には1日1~3回(1回3g)食事中に飲ませるようにしていきます。

 

②飲ませる際には母乳や人肌のミルクに混ぜて、哺乳瓶で飲ませてあげましょう。

 

③3日間服用しても改善されなければ服用は控えましょう。

 

生後6ヶ月~1歳未満の場合

 

①生後6ヶ月~1歳未満の場合には1日1~3回(1回6g)食事中に飲ませるようにしていきます。

 

②飲ませる際には飲み物や離乳食に混ぜて、飲ませてあげましょう。

 

③3日間服用しても改善されなければ服用は控えましょう。

 

1歳~3歳未満の場合

 

①1歳~3歳未満の場合には1日1~3回(1回9g)食事中に飲ませるようにしていきます。

 

②飲ませる際には飲み物や離乳食に混ぜた飲ませたり、そのまま飲ませることができます。

 

③3日間服用しても改善されなければ服用は控えましょう。

 

 

以上のように飲むようにしていきましょう。またマルツエキスで便秘が解消された後も予防のために飲み続けることができます。

 

 

マルツエキスは腸内環境を整えて根本的に解消できるため試してみる価値はありますね。また現在はオリゴ糖などの新しい赤ちゃんの便秘に効くものも登場しているので、そちらもおすすめです

 

 

マルツエキスが効かなかった場合の便秘薬

 

 

基本的にマルツエキスの麦芽糖は食べ物にも含まれる栄養ですので、安全な分、効き目が上がらない場合があります。

 

 

その場合には産婦人科や便秘外来を受診しましょう。0歳児でも服用可能なラキソベロン液が処方されることが多いです。

 

 

会社:帝人ファーマ

 

値段:10gで約600円

 

成分:ピコスルファートナトリウム

 

用法用量:1日1回就寝前に水やミルクと一緒に混ぜて服用する。1回あたりの量は0~1歳は3滴、1~3歳は6滴、4~6歳は7滴、7~15歳は10滴

 

 

ラキソベロン液のピコスルファートナトリウムは緩やかに腸を刺激して便秘を解消します。刺激が抑えられているため、腸の成長が未完全な赤ちゃんでも服用が可能となっています。

 

マルツエキスで便秘が解消できなかった場合には、病院を受診してラキソベロン液を処方してもらいましょう。

 

 

ということでマルツエキスの便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

 

 

赤ちゃんにも安全で効果のある便秘解消法

 

友人の赤ちゃん便秘を解消した方法

 

友人の赤ちゃん(生後4か月)が離乳食を食べ始めてから6日間も出なくなってしまった…

 

そんな相談を受け私はカイテキオリゴというオリゴ糖を
離乳食に加えてみては?と提案してみました。

 

はたして赤ちゃんは解消できるのでしょうか? 

 

⇒体験談のつづきはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ