ご老人のための便秘解消法

高齢者に多い便秘!弛緩性便秘と直腸性便秘とは!?

高齢者に多い便秘!弛緩性便秘と直腸性便秘とは!?

 

 

歳をとるにつれて便秘になりやすいのですが、ではご老人のかたに
多くみられる便秘はどのような便秘なのでしょうか?

 

 

高齢者の便秘は弛緩性便秘直腸性便秘です。

 

 

弛緩性便秘と直腸性便秘とはどのような便秘なのでしょうか?
それらの特徴を見ていきます。

 

 

ご老人の便秘に多い弛緩性便秘とは?

 

 

弛緩性便秘のというのは便を押し出す力(ぜんぞう運動)が弱まってしまうことで
便が腸内に溜まってしまうことで発生する便秘です。

 

 

また弛緩性便秘はご老人もそうですが、女性の便秘にも
よく見られる便秘の種類です。

 

 

弛緩性便秘の原因としては筋力の低下によるものが大きいです。

 

 

年齢を重ねるごとに体の筋力は低下してしまうのでやはり便秘に
弛緩性便秘になりやすいのですね。

 

 

また高齢者の場合は筋力の低下に加えて、内臓の機能も低下してしまいます。
特に消化器官の機能の低下は直接的な便秘の原因となってしまいます。

 

 

歳をとることで体が弱まってしまうことは当然であり、ご老人の方が
便秘になることは仕方のないことです。

 

しかし普段の食生活や運動不足を解消することによって改善することは可能ですので、
弛緩性便秘に悩んでいる方はそれを見直すことからはじめてみましょう。

 

 

 

直腸性便秘とは何か?

 

 

 

ご老人の方に多い便秘は弛緩性便秘の他に直腸性便秘が存在します。

 

直腸性便秘というのは便意を感じににくくなることから
トイレにあまり行かなくなってしまい便秘になってしまいます。

 

特に高齢者やご老人の方は神経系統の感覚が鈍くなってくる
ので直腸性便秘になりやすいとされています。

 

直腸性便秘の場合には浣腸や下剤の使用には注意が必要です。
下剤などの使用が習慣化してしまうと余計に直腸の感覚が鈍くなってしまうからです。

 

また直腸性便秘は自分が便秘であることが気づきにくいため
放っておいてしまいがちです。もし便秘をそのままにしておくとポリープや最悪の場合
大腸がんにもなりかねませんので注意が必要です。

 

 

直腸性便秘と弛緩性便秘を治すためには?

 

これらふたつの便秘の症状を解消するために効果的なのが水分を多くとることです。

 

直腸性便秘と弛緩性便秘に共通として言えるのが
便が腸内に溜まることによって便が水分を吸収されてしまうことです。
すると便が硬くなってしまうのでよけい便秘になってしまいます。

 

ですから水分を補給することによって便に水分を含ませ
柔らかくしていくことが便秘解消のポイントです。

 

また便秘かも知れないと思った場合はすぐに医師に相談するのがよいでしょう。
病院では普段の生活の改善法や症状に合わせた便秘薬を処方してもらえます。
ご老人の方は便秘をそのままにしておくことは危険ですので、しっかりと病院で診てもらいましょう。

 

以上、高齢者に多い便秘!弛緩性便秘と直腸性便秘とは!?でした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ