高齢者の便秘の看護

高齢者の便秘を看護する場合!

高齢者の便秘を看護する場合!

 

 

高齢者の方で看護が必要な場合には
便秘にも気を付けなくてはいけません。

 

 

特に寝たきりの高齢者様のほとんどが
便秘である可能性が高いのです。

 

 

ここでは便秘予防のための看護について紹介します。

 

 

体を起こすことが重要

 

 

寝たきりの高齢者様は体を起こす必要がありますね。

 

 

というのは寝たままで排便することの行為自体が
腸の正常な運動を乱している原因であり、

 

 

寝たままのおむつで排便することは
便秘を悪化させることにつながってしまいます。

 

 

そのため、寝たきりの高齢者様には
朝起きた時や食事後などは体を起こすように看護を心がけましょう!

 

 

下剤などの使用は極力避ける

 

 

看護が必要な高齢者の方の便秘を解消するために
下剤を使用する場合がございます。

 

 

下剤は即効性があり、便秘気味で何日も排便できていない
場合に使用するのが効果的ですね。

 

 

しかし下剤は根本的な便秘を解消には至りませんので
極力避けることが望ましいです。

 

 

食べ物や運動などの看護で解消する!

 

 

やはり看護必要な高齢者の方は
運動不足などにも陥っているため、便秘になりやすいです。

 

 

そのためお腹のマッサージや食物繊維、乳酸菌
取り入れた食事を取り入れるなど

 

 

日々の生活習慣で便秘を解消させることが根本的な解決のひとつです。

 

 

献身的な看護をすることで、腸のぜんぞう運動を
取り戻すことが可能となります!

 

 

以上、高齢者の便秘を看護する場合!でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ